デカビタCの効果は?カフェインで疲労回復?でも妊娠中・子供は要注意?

デカビタCの効果やカフェインなど含まれる成分を知っていますか?今回は、デカビタCのカフェイン量など成分を、〈疲労回復〉など期待できる効果や効果的な飲み方とともに紹介します。妊娠・授乳中にデカビタCを飲むデメリットも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. デカビタCの成分は?カフェイン量は多い?少ない?
  2. デカビタCの栄養成分
  3. デカビタCのカフェイン量を他のエナジードリンクと比較
  4. 過剰摂取しなければ妊娠中や授乳中に飲んでもOK
  5. デカビタCに期待できる効果は?元気になる?
  6. 【前提】デカビタCは『炭酸飲料』のため特別な効果・効能は明記されていない
  7. 期待できる効果①疲労回復
  8. 期待できる効果②眠気解消
  9. 期待できる効果③血流・血圧改善
  10. 期待できる効果④骨粗しょう症の予防
  11. デカビタCは体に悪い効果も?飲み過ぎNG?
  12. デカビタCを飲み過ぎる弊害・悪影響
  13. デカビタを飲む量は1日1本まで
  14. デカビタCのより効果的な飲み方は?
  15. タイミング①食後30分以内に飲む
  16. タイミング②運動10分前に飲む
  17. タイミング③眠気を覚ましたい20分前に飲む
  18. デカビタの効果やカフェインなど成分を抑えよう

デカビタCの成分は?カフェイン量は多い?少ない?

出典:https://twitter.com/cotora2003/status/1310866166890467328?s=20

エナジードリンクと呼ばれる炭酸飲料の中でも、デカビタCは人気商品の1つです。エナジードリンクにはカフェインの含有量が多いものも多く、デカビタCもそうなのかが気になるところです。ここではデカビタCに含まれる栄養成分と、カフェイン含有量について説明します。

デカビタCの栄養成分

デカビタCに含まれている栄養成分は、以下の通りです。

・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンC
・ナイアシン
・ビタミンP
・カフェイン
・カリウム
・リン


上記のようにデカビタCには、9種類もの栄養成分が含まれています。サントリーの公式サイトによると、自動販売機で販売されているデカビタCの240ml入りのものを1本飲むだけで1日分のビタミンを摂取でき、ローヤルゼリーエキスも配合されているのです。

また上記以外にも糖や脂肪酸の代謝に関わるパントテン酸や、体内でビタミンAに変換され抗酸化作用をもつβカロテンなどの栄養成分も含まれています。

デカビタCのカフェイン量を他のエナジードリンクと比較

100gあたり カフェイン
デカビタ 5mg
ドデカミン 10mg未満
オロナミンC 15mg
モンスター(緑) 40mg
レッドブル 32mg
リアルゴールド 0mg

上記は普通のドデカミンを想定し、他のエナジードリンクとともにデカビタCのカフェイン量をあらわしています。デカビタCはエナジードリンクに分類される炭酸飲料の中でも、カフェイン含有量が少ないです。カフェインの摂取量を少なめしたい時にはまったくカフェインが含まれていないリアルゴールドか、デカビタCを選ぶとよいでしょう。

過剰摂取しなければ妊娠中や授乳中に飲んでもOK

デカビタCは過剰摂取しなければ、妊娠中や授乳中に飲んでも問題ありません。しかし妊娠中に他の飲み物や食べ物と一緒に摂取してカフェイン中毒になると、以下のようなリスクがあるので注意が必要です。

・めまい
・心拍数の増加
・興奮
・不安
・ふるえ
・不眠量
・下痢
・吐き気
・出生児が低体重になる


カフェインを過剰摂取することで様々な健康被害が起こるリスクがあるだけでなく、赤ちゃんが低体重で生まれてしまうと成長の過程で問題が起こる可能性が高まります。そのため厚生労働省でも、以下のように妊娠中の女性に対し注意喚起を行っているのです。

例えば、世界保健機関(WHO)は、2001年にカフェインの胎児への影響はまだ確定はしていないとしつつも、お茶、ココア、コーラタイプの飲料はほぼ同程度のカフェインを含んでおり、またコーヒーはその約2倍のカフェインを含んでいることから、妊婦に対し、コーヒーを1日3から4杯までにすることを呼びかけています。 また、英国食品基準庁(FSA)では、2008年に妊婦がカフェインを取り過ぎることにより、出生時が低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性があるとして、妊娠した女性に対して、1日当たりのカフェイン摂取量を、WHOよりも厳しい200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するよう求めています。

カフェインはデカビタCをはじめとするエナジードリンクだけでなく、清涼飲料水と呼ばれる炭酸飲料やチョコレートなどにも含まれています。1日に口にするすべてのものから摂取するカフェイン量がどのくらいになるかが、重要なのです。また成長期にある子供もカフェインの過剰摂取による健康被害を避けた方がよいので、デカビタCを飲ませる量に配慮しましょう。

デカビタCに期待できる効果は?元気になる?

出典:https://twitter.com/seira9731/status/856737557639446528?s=20

カフェインの過剰摂取にさえ配慮すれば、様々な栄養成分が含まれているデカビタCはエナジードリンクとして健康によい影響を与えてくれそうです。ここでは炭酸飲料として手軽に飲める、デカビタCから得られる効果について説明します。

【前提】デカビタCは『炭酸飲料』のため特別な効果・効能は明記されていない

エナジードリンクとして人気を博しているデカビタCですが、あくまでも炭酸飲料として販売されているので効果や効能については記載されていないことが前提です。しかしデカビタCに含まれている栄養成分から、期待できる効果や効能があると予想できます。

期待できる効果①疲労回復

デカビタCの中には、複数のビタミンやローヤルゼリーエキスが含まれています。食事だけでは不足しがちな栄養成分を、デカビタCが補ってくれることもありそうです。デカビタCを1本を飲むだけで元気になるために必要な栄養成分の健康効果を得ることができ、疲労回復につながるのはメリットといえるでしょう。

またデカビタCに含まれているカフェインには興奮作用があり、疲労感の軽減したり抑制したりする効果が期待できます。複数のサプリメントを服用するより、炭酸飲料であるデカビタCを1本飲む方が手軽で続けやすくもあるのです。仕事や勉強に疲れた時にコンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストアなどで簡単に購入できるのもメリットといえます。

期待できる効果②眠気解消

デカビタCを飲むと眠気解消効果を得られることも、人気の理由の1つです。これはデカビタCに含まれているカフェインの働きによるもので、眠気を覚ますだけでなく集中力も高めてくれます。仕事や勉強の際に眠気を感じた時にデカビタCを飲むと、疲労回復もできるのでより効果的かもしれません。

期待できる効果③血流・血圧改善

デカビタCに含まれているビタミンCには、血液をサラサラにする働きがあります。またカフェインにも血管を拡張する作用があるので、この相乗効果によって血流を促進してくれるのです。

またデカビタCに含有されるカリウムは体内にある余分なナトリウムを体外に排出させる働きがあるほか、カフェインも利尿作用をもっています。さらにローヤルゼリーに含まれているタンパク質の働きも加わるので、デカビタCを飲むことで血圧を下げる効果が期待できるのです。

期待できる効果④骨粗しょう症の予防

ビタミンCには軟骨や歯を正常に保つ作用があるほか、ローヤルゼリーに含まれている脂肪酸が骨破壊を押させる働きをもっているので、骨粗しょう症予防にも効果的とされています。日頃の食事に気をつけつつ、デカビタCを飲む習慣を加えると骨粗しょう症の予防に対して相乗効果を発揮してくれるかもしれません。

デカビタCは体に悪い効果も?飲み過ぎNG?

出典:https://twitter.com/shima_naka_s/status/1478712600884293634?s=20

デカビタCを飲むことで様々な効果が期待される反面、飲み過ぎるとカフェインの過剰摂取につながる可能性があります。デカビタCを飲み過ぎることで、他の悪影響がないのかも気になるところです。ここでは、デカビタCの飲み過ぎによる悪い効果を説明します。

デカビタCを飲み過ぎる弊害・悪影響

デカビタCを飲み過ぎることで起こる悪影響として、以下のものが考えられます。

・カフェイン中毒になる
・肌が荒れる
・糖質過多になる


デカビタの飲み過ぎによりカフェインを過剰摂取することでの弊害は、すでに説明した通りです。そしてカフェインの過剰摂取により胃腸の調子が悪くなったり不眠になったりすると、肌が荒れてニキビができやすくなってしまいます。さらにデカビタCには多くの糖質が含まれているので過剰摂取になりやすく、糖尿病の発症を誘因する可能性もあります。

デカビタを飲む量は1日1本まで

デカビタCを飲んで健康被害にあうことなく、よい効果だけを得たい場合には飲む量を1日1本にするのがおすすめです。妊娠中や授乳中の女性や子供が飲む場合には、他の飲み物や食べ物との兼ね合いを考えて量を考えることが大切です。1日1本飲む場合も、小さいサイズにすることでカフェインの摂取量は減らせるので試してみてください。

デカビタCのより効果的な飲み方は?

出典:https://twitter.com/ayyyym___m/status/1477867579998113792?s=20

エナジードリンクであるデカビタCを飲むからには、効果を最大限に得たいものです。実は、デカビタCには効果を引き出せる飲み方が複数あるので、目的に合わせて選ぶようにしましょう。ここでは、デカビタCの効果的な飲み方について説明します。

タイミング①食後30分以内に飲む

デカビタCを食後30分以内に飲むのがよい理由は、含まれている栄養成分を効率よく摂取できるからです。食事をして胃の中に別な食べ物が貯留されているタイミングが、一番栄養摂取しやすいとされています。食後にデカビタCを飲むだけで、他のタイミングより栄養成分が吸収されやすいので試してみてください。

タイミング②運動10分前に飲む

デカビタCを運動10分前に飲むと脂肪燃焼効果が高まるので、ダイエット中の人におすすめです。これはデカビタCに含まれるカフェインに脂肪燃焼を促す働きがあるからですが、摂取してから効果が出る前に10分ほど時間がかかるのです。カフェインの効果が期待できる状況になってから運動すると、脂肪が分解されやすくなります。

タイミング③眠気を覚ましたい20分前に飲む

仕事や勉強のために眠気を覚ましたい時には、20分前にデカビタCを飲むようにしましょう。デカビタCに含まれているカフェインの覚醒作用により眠気覚ましになることはわかっているものの、摂取してから効果があらわれるまでに20分以上の時間が必要です。意識を覚醒させたい時間の20分前には、デカビタCを飲み終わっておきましょう。

デカビタの効果やカフェインなど成分を抑えよう

デカビタCのカフェイン量など成分と期待できる効果、それを引き出すための飲み方を紹介しました。デカビタをエナジードリンクとして活用したいなら、飲む量やタイミングに配慮する方が効果を引き出せそうです。これまでの自分のデカビタの飲み方を振り返り、自分の目的に合わせた効果的な方法を取り入れてみてください。

関連する記事