ゆず茶の効果・効能は?ダイエット向き?飲み方や副作用・太るなど注意点も紹介!

ゆず茶の効果を知っていますか?今回は、ゆず茶の<便秘改善・ダイエット・妊活・美肌・美容>などへ効果・効能を、飲むタイミングや1日何杯が適量かとともに紹介します。〈太る〉など、ゆず茶の副作用や美味しい飲み方なども紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ゆず茶の効果は?ダイエットに有効?
  2. ゆず茶の効果・効能は?
  3. ①リモネンによるダイエットなどの効果
  4. ②ビタミンCによる風邪予防・美容などの効果
  5. ③シトラールによるストレス軽減・リラックスなど効果
  6. ④ペクチンによる便秘改善効果
  7. ⑤葉酸が妊活に効果的
  8. ゆず茶の効果的な飲むタイミングは?1日何杯まで?妊婦はNG?
  9. ゆず茶は好きなタイミングで飲んでOK
  10. ゆず茶は1日2〜3杯に抑えよう
  11. ゆず茶はノンカフェインなので妊婦でも安心して飲める
  12. ゆず茶に副作用はある?太ることも?
  13. ゆず茶の飲み過ぎはカロリー過多で太ることも
  14. ゆず茶は薬との飲み合わせにも注意
  15. ゆず茶の美味しい飲み方は?アレンジレシピで紹介!
  16. ①はちみつゆず茶
  17. ②ゆず茶入り紅茶
  18. ③ゆず茶カクテル
  19. ゆず茶の市販商品のおすすめ
  20. ①正栄 国産ゆず茶(646円)
  21. ②ユジャロン 食べるゆず茶 (1,650円)
  22. ③オットギ 蜂蜜ゆず茶 (1,129円)
  23. ゆず茶には様々な効果がある

ゆず茶の効果は?ダイエットに有効?

韓国のドラマや音楽、美容など日本で注目を浴びていますが、その中でも韓国料理を出すお店が急増するなど韓国グルメが人気を集めています。今回紹介するゆず茶は「ユジャチャ」と呼ばれ韓国で古くから親しまれ、お土産にも人気が高いです。効能や飲み方、カロリーなどおすすめの商品と共に紹介するので参考にしてください。

ゆず茶の効果・効能は?

ゆず茶はお茶ではなくビタミンCが豊富なゆずの皮や果肉を水あめや氷砂糖などと一緒に煮詰めた香り豊かなジャムのようなものです。ここからは、韓国で愛されるゆず茶にはどういった成分が含まれているのか、効果や効能はどういったものがあるのか解説していきます。

①リモネンによるダイエットなどの効果

リモネンによって期待されるダイエット効果や効能は以下の通りです。

・代謝促進
・健胃作用
・コレステロールを減らす
・食欲抑制
・内臓脂肪を減らす


リモネンは柑橘類の皮に含まれていて、その甘酸っぱい香りには食欲抑制の効果もあり、お腹がすいてしまった時にリモネンの香りを嗅ぐと交感神経が刺激され食欲をセーブしてくれます。さらにリモネンは代謝を促進させながら体内で脂肪を分解する「リパーゼ」という酵素の分泌を促し、内臓脂肪やコレステロールを減らす効果も同時に働きます。

リモネンの香りはダイエットに効果的ですが、リモネンを含むゆず茶はジャムのように甘く煮詰めてあるのでカロリーや糖質が高いです。リモネンの効果を最大限に生かすためにもダイエットをしている人はお菓子の代わりにヨーグルトに乗せて食べたり、ジュースの代わりにゆず茶を飲むなど置き換えが好ましいでしょう。

②ビタミンCによる風邪予防・美容などの効果

ビタミンCによる風邪予防・美容の効果や効能は以下の通りです。

・免疫力アップ
・のどの痛みに効く
・抗酸化作用
・美白効果
・エイジングケア

ビタミンCとは体内で作る事が出来ないので、食事から摂る必要のあるビタミンです。風邪を引いてから摂取するのではなく、普段から積極的にビタミンCを取り入れていると風邪を引きづらくなり喉にも良いとされています。また、コラーゲンの合成を助け、ハリのあるみずみずしい肌を保つためにビタミンCは必要不可欠な美容成分です。

ビタミンCにはシミやしわの原因となる物質を作る活性酸素を取り除く「抗酸化作用」があり、ニキビ跡にも効果があると言われています。また、その「抗酸化作用」は老け顔を促進させる「活性酸素」さえも除去する働きを持つためアンチエイジングに最適です。さらに日焼けの原因となるメラニン色素の生成を阻止し、日焼けを防いでくれるとも言われています。

③シトラールによるストレス軽減・リラックスなど効果

シトラールによるストレス軽減・リラックス効果や効能は以下の通りです。

・リフレッシュ効果
・集中力を高める

シトラールの香りには抗うつに対して効果があるという調査結果も報告されており、気分を落ち着かせてくれる作用があることが分かっています。さらに集中力を高める効果も期待できるため、受験シーズンにもおすすめです。また、気分をすっきりさせたい人やリラックスしたい人、夜ぐっすり眠りたい人にもシトラールの香りは効果を発揮します。

④ペクチンによる便秘改善効果

ペクチンとは柑橘類などに含まれる食物繊維の一種で、水溶性・不溶性それぞれ存在しどちらも便秘や下痢解消に効果がある成分と言われています。また、腸内の乳酸菌を増加させ腸の働きを整えてくれるほか、便の容積を増やし、腸のぜん動運動を促進することから腸内環境全般に効果的と言えます。

ゆず茶はお茶として飲むだけではなくお菓子や料理にも活用できるので日常的に取り入れると腸内環境が整い、便秘や下痢などトラブルも少なくなるでしょう。ジャムのようにトーストに塗ったり、ヨーグルトに混ぜたり、朝食時に摂取しやすく腸活に繋がります。ゆず茶はカロリーもしっかりあるので朝を抜きがちな人にもおすすめです。

⑤葉酸が妊活に効果的

葉酸とはビタミンの一種でビタミンC同様、女性に嬉しい栄養成分を多く含み胎児に必要な栄養素として有名ですが、貧血予防の効果もあるため妊活時期にも必要です。また、葉酸には神経管閉鎖障害の先天異常が起こるリスクを下げてくれる成分を含むので妊活時期からの摂取が推奨されています。

ゆず茶の効果的な飲むタイミングは?1日何杯まで?妊婦はNG?

美味しいゆず茶ですが、どういったタイミングでどのくらいの量を摂取するのが好ましいのでしょうか。また、妊婦は飲めるのかどうかを説明します。

ゆず茶は好きなタイミングで飲んでOK

関連する記事

×