あんこは太る?毎日はNG?1日の摂取量や太らない食べ方を紹介!

あんこを食べると太る・太らないどっちか知っていますか?毎日食べるのはNGでしょうか?今回は、あんこで太る原因や〈夜に食べない〉など太らないダイエット向きな食べ方を紹介します。一日の摂取量の目安やダイエット効果も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. あんこは太る?太らない?
  2. あんこのカロリー・糖質を他のお菓子と比較
  3. あんこで太る場合の理由は?
  4. ①あんこそのものを食べ過ぎている
  5. ②餅・トーストなどカロリーの高いものと組み合わせて食べている
  6. ③夜遅くに食べている
  7. あんこで太らない食べ方は?毎日でもOK?
  8. ①一日の摂取量は100gまで
  9. ②食べるタイミングは朝や3時のおやつが最適
  10. ③つぶあんよりもこしあんを食べる
  11. ④空腹時にドカ食いしない
  12. あんこはダイエット効果もある?
  13. 手作り発酵あんこのレシピも紹介!
  14. ①炊飯器で作る発酵あんこ
  15. あんこで太る原因を押さえよう

あんこは太る?太らない?

あんこは素朴な甘味が美味しく、おはぎや大福などの和菓子にもよく使われている食品です。あんこを食べると太るか太らないか、どちらなのでしょうか。まずは、あんこのカロリーや糖質を、他のお菓子と比較しながら紹介します。

あんこのカロリー・糖質を他のお菓子と比較

100gあたり カロリー 糖質
あんこ 239kcal 48.3g
いちごショートケーキ 314kcal 41.8g
どら焼き 292kcal 56g
大福 223kcal 50.1g
シュークリーム 211kcal 25.2g
カスタードプリン 116kcal 14g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

上記の表は、あんこと他の和菓子や洋菓子のカロリー・糖質を一覧にしたものです。なお、あんこと大福、どら焼きはつぶあんを使ったものの数値を記載しています。あんこのカロリーはショートケーキやどらやきよりは低く、大福やシュークリームと同じくらいの数値です。糖質は大福と同程度含まれており、どら焼き以外の他のお菓子よりも高いことが分かります。

あんこはこしあんとつぶあんの2種類に大別されますが、両者はカロリーや糖質の面において大きな差があります。つぶあんは小豆に砂糖を加えて練って作られることからカロリーや糖質が高い一方で、こしあんには砂糖が添加されていないため、つぶあんよりもカロリー・糖質ともに低いのが特徴です。

あんこで太る場合の理由は?

あんこを食べて太るのは、カロリーや糖質のほかにどのような理由があるのでしょうか。ここでは、あんこを食べて太る原因について解説します。

①あんこそのものを食べ過ぎている

あんこを食べて太るのは、あんこそのものを食べ過ぎていることが考えられます。あんこはカロリーや糖質が高い食品のため、たくさん食べるとカロリーや糖質の摂り過ぎによって肥満の原因に繋がります。あんこが好きな人も、ダイエット中はあんこを食べる量を控えめにするとよいでしょう。

②餅・トーストなどカロリーの高いものと組み合わせて食べている

100gあたり カロリー 糖質
223kcal 50.3g
トースト 269kcal 46g

あんこを餅やトーストなどのカロリーが高いものと組み合わせて食べると、太りやすくなります。あんこは甘味が強いため、そのままよりも餅やトーストに乗せて食べることが多いです。しかし餅はもち米を、トーストは小麦を主原料として作られているため、カロリー・糖質ともに高い食品です。ダイエット中は、あんこの食べ合わせに注意してください。

③夜遅くに食べている

あんこを夜遅い時間帯に食べることも、太るリスクを高めると言われています。人の体は夜に代謝が落ちるため、夜にあんこを食べるとカロリーが消費し切れず、体に脂肪が付いて太りやすくなります。このような食事を続けていると、内臓脂肪が肥大して脂肪肝の原因にも繋がるため、注意が必要です。

あんこで太らない食べ方は?毎日でもOK?

ダイエット中にあんこを食べる際には、どのような点に注意すれば太りにくくなるのでしょうか。また、毎日食べてもよいかどうかも気になるところです。ここでは、あんこの太りにくい食べ方や1日の適量を紹介します。

①一日の摂取量は100gまで

関連する記事

×