富士そばメニューのカロリー一覧表【低い順】ダイエット向きの食べ方も伝授!

富士そばのメニュー別のカロリーを知っていますか?ダイエット中でも食べられるメニューはあるのでしょうか?今回は、富士そばのカロリーを〈うどん・そば・ご飯もの〉でメニュー別に低い順のランキング形式で紹介します。富士そばのダイエット向きの太りにくい食べ方も紹介するので、参考にしてくださいね。

目次

  1. 富士そばメニューのカロリーを一覧で紹介!
  2. 富士そば【そば・うどん(温)】のカロリーランキング
  3. わかめそば(379kcal/390円)
  4. 海老天そば(507kcal/ー円)
  5. コロッケそば(578kcal/430円)
  6. 富士そば【そば・うどん(冷)】のカロリーランキング
  7. 冷やしなめこおろしそば(372kcal/ー円)
  8. ざるそば(413kcal/360円)
  9. 冷やしかき揚げ(625kcal/ー円)
  10. 富士そば【ご飯もの&セット】のカロリーランキング
  11. 紅生姜天丼(ーkcal/ー円)
  12. カレーカツ丼(734kcal/ー円)
  13. カツ丼(752kcal/500円)
  14. 富士そばでダイエット向きの食べ方は?
  15. ①トッピングに天ぷらなど揚げ物系は避ける
  16. ②うどんより蕎麦を選ぶ
  17. ③セットメニューにしない
  18. 富士そばのカロリーに注意しよう

富士そばメニューのカロリーを一覧で紹介!

出典:https://fujisoba.co.jp/menu/

富士そばのメニューをカロリーが低い順にランキングしました。定番の温かいうどん・そばだけでなく、夏に人気の冷たい麺、ご飯ものやセットのカロリーも紹介します。それぞれ、おすすめメニューの詳しいカロリーや栄養価も紹介するので富士そばへ行く時に参考にしてください。

※今回参考にした富士そばのHPはこちらです。(※1)

富士そば【そば・うどん(温)】のカロリーランキング

商品名(値段) カロリー(うどん) カロリー(そば)
かけ(310円) 268kcal(うどん) 369kcal(そば)
わかめ(390円) 278kcal(うどん) 379kcal(そば)
なめこおろし(ー円) 281kcal(うどん) 372kcal(そば)
きつね(410円) 346kcal(うどん) 397kcal(そば)
月見(ー円) 347kcal(うどん) 448kcal(そば)
ぴり辛ねぎ(ー円) 354kcal(うどん) 455kcal(そば)
たぬき(360円) 398kcal(うどん) 499kcal(そば)
海老天(ー円) 406kcal(うどん) 507kcal(そば)
竹輪天(370円) 410kcal(うどん) 511kcal(そば)
カレー(420円) 441kcal(うどん) 542kcal(そば)
コロッケ(430円) 475kcal(うどん) 578kcal(そば)
特撰富士(470円) 540kcal(うどん) 588kcal(そば)
肉富士(530円) 670kcal(うどん) 680kcal(そば)

※自社データです

富士そばの温かいうどん・そばのカロリーを比較しました。一番シンプルな、かけはとても低カロリーですが、トッピングが増えればカロリーは高くなります。きつねなどは低カロリーなイメージですが、甘辛く煮付けるときに砂糖やみりんを使用するので意外とカロリーが高いです。天ぷらなどの揚げ物は高カロリーなのでダイエット中は控えましょう。

温かいうどん・そばの中からおすすめのメニューのカロリーや栄養価について詳しく説明します。うどんと蕎麦が選べる富士そばで、うどんとそばのカロリーの差についても、また後程紹介します。

わかめそば(379kcal/390円)

値段 カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
390円 379kcal 17%

わかめには豊富な水溶性食物繊維が含まれており、血糖値の上昇を緩やかにしたり、小腸での吸収を抑える働きがあるためダイエット向きのメニューです。また、水溶性食物繊維は便を柔らかくする効果もあるので便秘解消にもなります。富士そばの中でも低カロリーなおすすめメニューです。

※1日の摂取量は成人男性の目安です

海老天そば(507kcal/ー円)

値段 カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
ー円 507kcal 23%

天ぷらをトッピングすることでカロリーは高くなりますが、何も具材のないかけそばだけでは、そばの糖質しか栄養素が摂れません。海老やイカなどタンパク質を含む天ぷらをプラスすることで栄養価がアップします。タンパク質は骨や筋肉などを作るために欠かせない栄養素なので、ダイエット中の人はしっかり食べるようにしましょう。

コロッケそば(578kcal/430円)

値段 カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
430円 578kcal 26%

富士そばで人気のコロッケは、じゃがいも・玉ねぎがメインでタンパク質であるひき肉は少量です。じゃがいもには多くの糖質が含まれているため、そばと合わせると糖質の摂り過ぎになります。カロリーだけでなく、ひき肉と揚げ油で脂質も多くなるため太りやすいメニューです。

富士そば【そば・うどん(冷)】のカロリーランキング

商品名(値段) カロリー(うどん) カロリー(そば)
もり(310円) 258kcal(うどん) 364kcal(そば)
冷やしわかめ(ー円) 268kcal(うどん) 369kcal(そば)
冷やしなめこおろし(ー円) 271kcal(うどん) 372kcal(そば)
冷やしきつね(410円) 304kcal(うどん) 405kcal(そば)
ざる(360円) 312kcal(うどん) 413kcal(そば)
冷やしぴり辛ねぎ(440円) 365kcal(うどん) 466kcal(そば)
大盛り(ー円) 383kcal(うどん) 508kcal(そば)
冷やしたぬき(410円) 388kcal(うどん) 489kcal(そば)
海老天セイロ(ー円) 470kcal(うどん) 571kcal(そば)
冷やしかき揚げ(ー円) 625kcal(そば)
富士山もり(麺3玉630円) 1002kcal(うどん) 1065kcal(そば)

富士そばの冷たいうどん・そばメニューのカロリー比較でも、シンプルなもりそばが一番カロリーが低くなっています。トッピングがあればそれだけ高カロリーになりますが、栄養価が上がるため、一概に低カロリーなものがおすすめとも言い切れません。おすすめメニューの詳しいカロリーと栄養価、ダイエット向きの効果などについて紹介します。

冷やしなめこおろしそば(372kcal/ー円)

値段 カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
ー円 372kcal 17%

なめこには食物繊維が豊富なので、わかめと同じように血糖値の上昇を緩やかにし、太りにくくする働きがあります。なめこに含まれるコンドロイチンには、血中コレステロールを下げる効果もあります。それにプラスして、大根おろしには糖質の消化を助けるジアスターゼ(アミラーゼ)という成分が含まれているため、ダイエットにおすすめです。

ざるそば(413kcal/360円)

値段 カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
360円 413kcal 18%

シンプルなざるそばは、同じくシンプルなもりそばやトッピングのある冷やしわかめそば・冷やしなめこおろしそばよりもカロリーが高いです。甘辛くコクのあるつけつゆがカロリー・糖質をあげています。そばのみを食べるざるそばは、タンパク質やビタミンなどの栄養価も低く糖質も高く、ダイエット向きではありません。

冷やしかき揚げ(625kcal/ー円)

出典:https://fujisoba.co.jp/menu/

値段 カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
ー円 625kcal 28%

かき揚げは揚げ物なのでカロリーは高く、衣の糖質もプラスされますが、野菜や海老などいろいろな具材を合わせていることで栄養面ではおすすめです。かき揚げによく使われるにんじんは、油で調理することでビタミンやミネラルの吸収率がアップするため、効率よく栄養を摂ることができます。

富士そば【ご飯もの&セット】のカロリーランキング

商品名(値段) カロリー(単品) カロリー(セット)
ミニ高菜明太子丼(ー円) 277kcal 655kcal(セット)
ミニえびマヨ明太子丼(ー円) 322kcal 700kcal(セット)
ミニから味噌豚丼(ー円) 234kcal 702kcal(セット)
ミニカレー(ー円) 335kcal 713kcal(セット)
ミニおろし豚丼(ー円) 337kcal 715kcal(セット)
ミニうま肉味噌丼(ー円) 340kcal 718kcal(セット)
ミニ塩たれ豚丼(ー円) 349kcal 727kcal(セット)
ミニしらす玉子丼(ー円) 354kcal 732kcal(セット)
ミニそぼろ葉大根丼(ー円) 354kcal 732kcal(セット)
ミニ牛丼(ー円) 400kcal 778kcal(セット)
ミニ桜小えび天丼(ー円) 485kcal 863kcal(セット)
ミニ小柱かき揚げ丼(ー円) 517kcal 895kcal(セット)
ミニこうや豆腐かつ丼(ー円) 568kcal 946kcal(セット)
ミニ海老天丼(ー円) 570kcal 948kcal(セット)
ミニ海老かつとじ丼(ー円) 570kcal 948kcal(セット)
ミニ豚バラキムチ(ー円) 574kcal 952kcal(セット)
カレーライス(450円) 676kcal 1054kcal(セット)
ミニひれかつ丼(ー円) 677kcal 1055kcal(セット)
ミニマヨ豚玉天丼(ー円) 722kcal 1100kcal(セット)
カレーカツ丼(ー円) 734kcal 1165kcal(セット)
カツ丼(500円) 752kcal 1183kcal(セット)
ミニ桜小えび和風かつ丼(ー円) 808kcal 1186kcal(セット)

※金額は地域・店舗によって差があるため表記していません。

セットは富士そば定番のシンプルなかけそばにした場合のカロリーです。ご飯と麺をセットで食べることでカロリーが高く、1食の摂取カロリー目安である750kcalを超えるメニューも富士そばには多くあります。そばとご飯を一緒に食べることで、糖質量もかなり増えるため、ダイエット向きではありません。

紅生姜天丼(ーkcal/ー円)

出典:https://tabelog.com/imgview/original?id=r0336860764933

紅生姜には、免疫力アップ・冷え性改善・血行促進などダイエットだけでなく健康にも良い成分が豊富に含まれているため、おすすめの食材です。しかし、紅生姜は生姜の甘酢漬けよりも2倍以上の塩分が含まれており、塩分の高そうな明太子よりも塩分量が多いほどなので、食べ過ぎると高血圧やむくみの原因になるため注意が必要です。

カレーカツ丼(734kcal/ー円)

値段 カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
ー円 734kcal 33%

トンカツに使われる豚肉には、ビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は糖質がエネルギーに代わる時に必要な栄養素なので、そばやご飯など糖質を摂る時に一緒に食べるのはおすすめの食べ方で、選べる場合はロースよりヒレにすることでカロリーオフできます。

カレーに含まれるスパイスにも、代謝アップ効果があるため、食べ過ぎないように注意すればダイエット中でもおすすめのメニューです。

カツ丼(752kcal/500円)

出典:https://fujisoba.co.jp/menu/

値段 カロリー 1日のカロリー摂取量に占める割合
500円 752kcal 34%

タンパク質の少ないそばと一緒に、豚肉と卵を使用したカツ丼はおすすめです。セットにするとカロリーは高くなりますが、栄養価も一気に上がるため、他の揚げ物を使用した丼よりはカツ丼を選ぶのが良いでしょう。

富士そばでダイエット向きの食べ方は?

出典:https://fujisoba.co.jp/menu/

メニュー豊富な富士そばで、ダイエット向きに食べるためのメニュー選びのポイントを紹介します。富士そばに行く時の参考にしてください。

①トッピングに天ぷらなど揚げ物系は避ける

カロリー 糖質
わかめ 5kcal 1g
とろろ 75kcal 19.5g
コロッケ 98kcal 15.1g
かき揚げ 100kcal 6.7g
きつね 123kcal 11g

富士そばではいろいろなトッピングがありますが、選ぶものによってカロリーは大きく左右されます。とろろは糖質は高いですが、脂質が少なく食物繊維も豊富なのでダイエット向きです。ダイエットに影響のなさそうなトッピングのきつねは、油揚げが高カロリーで砂糖やみりんなどで甘辛く味付けされているので要注意です。

②うどんより蕎麦を選ぶ

カロリー 糖質 GI値
うどん 105kcal 20.8g 80
そば 114kcal 20.6g 54

富士そばでは、同じ料金でうどんかそばを選ぶことができますが、ダイエット中にはそばがおすすめです。カロリーはそばの方が高く、糖質量もほとんど差がありませんが、血糖値の上昇を数値化したGI値はそばがダントツで低くなっています。

GI値が低いほど、血糖値が上がりにくく、脂肪を蓄積しやすくするインスリンの分泌が抑えられるため、ダイエット中はうどんよりそばを選びましょう。(※2、3)

③セットメニューにしない

富士そばはセットメニューが豊富ですが、糖質メインのそば・うどんにご飯ものをプラスすると、カロリー・糖質量が一気に上がります。カツ丼など、豚肉のタンパク質・ビタミンB1などの栄養価が取れるメリットもありますが、ダイエット中は摂取カロリーを減らさないといけないため、カロリーが増えるセットメニューは控えましょう。

富士そばのカロリーに注意しよう

富士そばにはたくさんのメニューがあり、ダイエット向きのものだけでなくハイカロリーなメニューまであるため、注文するときには気を付ける必要があります。シンプルなかけそばだけでは栄養が不足しやすいので、自分に必要な栄養素を含むトッピングを選ぶようにしましょう。

関連する記事