鏡月は体に悪い・やばいって本当?飲むと危険とされる理由は?

鏡月は体に悪い・やばいというのは本当でしょうか?飲むと危険なのでしょうか?今回は、〈原材料・工業用アルコール〉など、韓国の焼酎「鏡月」や「jinro」がやばい・体に悪いと言われる理由を、健康に配慮した飲み方とともに紹介します。鏡月の飲み過ぎにならない1日の摂取量目安も紹介するので参考にしてみてくださいね。

・【お酒、飲酒は20 歳を過ぎてから】
・【未成年者の飲酒は法律で禁じられています】

目次

  1. 鏡月は体に悪い・やばいって本当?飲むのは危険?
  2. 鏡月が体に悪い・やばいとされている理由は?
  3. ①原材料が明記されていない
  4. ②飲みやすさによるアルコールの過剰摂取・悪酔い
  5. ③工業用アルコール・石油が混じっているとの噂
  6. 鏡月の健康に配慮した飲み方は?1日の摂取量の目安は?
  7. ①鏡月(25度)は1日に100mlまでで飲み過ぎない
  8. ②チェイサーと一緒に飲む
  9. ③お茶割り・フルーツ割りなどカクテルで飲む
  10. ④健康効果が見込める生姜・はちみつなどを入れるのもおすすめ
  11. 鏡月が体に悪い・やばいかは飲み方次第

(*チェイサーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

チェイサーの意味とは?水ではない?飲酒時に飲む役割・効果も紹介!

③お茶割り・フルーツ割りなどカクテルで飲む

鏡月などの焼酎におすすめの割り材と期待できる効果は、以下の通りです。

・お茶割り:二日酔い予防効果
・リンゴ酢割り:ダイエット効果
・フルーツ割り:美容や美髪効果


お茶に豊富に含まれるビタミンCやカテキンには、アルコールの代謝を促し、体外に排出させる効果が期待できます。そのため、アルコールが体内に残りにくく、二日酔い予防に効果的です。他にも緑茶には、脂肪燃焼効果のあるカテキンが含まれているので、ダイエット効果も期待できます。

また、フルーツ割りやリンゴ酢割りなどの果物で焼酎を割って飲むと美容やダイエットに良い効果があります。フルーツには、女性に嬉しい豊富なビタミンやミネラルが含まれており、焼酎と合わせて、美味しく効率的に摂取できるのでおすすめです。さらに、発酵食品の酢は腸内環境を改善する効果があるので、便秘で悩んでいる人やダイエット中の人に最適でしょう。

(*鏡月の美味しい飲み方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

鏡月の美味しい飲み方は?ロック?種類別に割り方のおすすめを紹介!

④健康効果が見込める生姜・はちみつなどを入れるのもおすすめ

鏡月などの焼酎と一緒に飲むと健康効果が見込める食材は、以下の通りです。

・はちみつ:免疫力向上効果
・生姜:消化促進効果による吐き気予防効果


はちみつにはビタミンやミネラル、アミノ酸やポリフェノールなど健康に嬉しい栄養素が豊富に含まれています。これらの栄養素は、疲労回復や免疫力の向上、便秘改善など人間の体調を整えてくれると人気です。また解毒効果があるため、焼酎のアルコールを分解するサポートをしてくれるため、吐き気や翌日の体調不良を防ぐことができます。

また生姜の健康効果には抗炎症性や殺菌作用、消化促進や吐き気の緩和などがあります。中でも吐き気の緩和は、アルーコールによる症状にも効果が期待できるのでおすすめです。生姜と焼酎と合わせて飲むことで、酒のアルコールを分解し、未然に体調不良を防ぐことができます。

鏡月が体に悪い・やばいかは飲み方次第

韓国発祥の鏡月が健康を害したり、体に悪いと言われているのは飲み過ぎによる場合や飲み方による場合です。他の酒類と同様に飲み過ぎは避けるようにして、チェイサーと一緒に飲んだり、健康効果が期待できるものを同時に摂取するようにしましょう。

関連する記事

×