米粉パンのカロリー・糖質は?小麦粉よりダイエット向きな理由を解説!

【管理栄養士監修】米粉パンのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、米粉パン(100g/1斤)のカロリー・糖質量を食パンと比較しながら紹介します。米粉パンのダイエット向きな理由や、太りにくい食べ方にくわえ、グルテンフリーに関する注意点も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 高岡由貴
Instagram Twitter
管理栄養士日本抗加齢医学会所属。糖尿病専門の医療法人(4年)・食品メーカーの食育講師(2年)を経て、独立し3年目。現在は企業でダイエットカウンセリング、...
Instagram Twitter
管理栄養士日本抗加齢医学会所属。糖尿病専門の医療法人(4年)・食品メーカーの食育講師(2年)を経て、独立し3年目。現在は企業でダイエットカウンセリング、コラム執筆&監修、レシピ提案、内科クリニックで栄養指導などをしています。プライベートは2歳男児の母です。

目次

  1. 米粉のカロリー・糖質は?
  2. 米粉(100g)のカロリー・糖質を小麦粉などと比較
  3. 米粉パンのカロリー・糖質量は?
  4. 米粉パン(100g/1斤)のカロリー・糖質
  5. 米粉パンのカロリー・糖質量を他のパン類と比較
  6. 米粉が小麦粉よりダイエット向きな理由は?
  7. ①アミノ酸スコアが高い
  8. ②食パン(小麦粉由来)よりもGI値が低い
  9. ③油を小麦粉に比べて吸収しない
  10. 米粉パンのダイエット向きな食べ方は?
  11. ①よく噛んでゆっくり食べる
  12. ②サラダ・野菜をサンドして食べる
  13. ③ビタミンB群を含む食材と組み合わせる
  14. ④バターや砂糖の量が少ないパンを食べる
  15. 米粉パンを買う際の注意点・デメリット
  16. 小麦粉入りでグルテンフリーではない場合がある
  17. 米粉パンのカロリーに注意して食べよう

④バターや砂糖の量が少ないパンを食べる

米粉パンの製造過程で、米粉以外にバターなどの油脂や砂糖を多く使用するとカロリーや糖質量も高くなります。また、食べるときにジャムやバターを使用すれば、その分カロリーや糖質量が上乗せされるので注意が必要です。

ダイエット中はバターや砂糖の量が少ないパンを選び、食べる時に使うバターやジャムも控えめにしましょう。

米粉パンを買う際の注意点・デメリット

米粉パンはダイエット向きのパンですが、買う際にはいくつか注意点があります。

小麦粉入りでグルテンフリーではない場合がある

米粉パンと表記されているパンは、すべてがグルテンフリーだとは限りません。パンの弾力性や粘り気を生み出すために、小麦粉やグルテンを使用している場合もあるのが実情です。グルテンフリーの米粉パンを手に入れたいのであれば、グルテンフリーの表示があるかどうか、原材料に小麦粉やグルテンが含まれていないかをチェックすると良いでしょう。

米粉パンのカロリーに注意して食べよう

米粉パンは食パンと比べて、アミノ酸スコアが高く食パンよりはGI値が低いことから、ダイエット向きといわれています。ただし、カロリーは他のパンとそれほど変わらないので食べ方に注意しましょう。

関連する記事

×