豆乳で太る原因は?カロリーが高い?ダイエット向きの飲み方を量・時間などの面で解説!

【管理栄養士監修】豆乳を飲むと太るのかどうか知っていますか?今回は、豆乳を飲んで太る原因や飲むことで太りにくくなる理由を紹介します。豆乳が太るとされる理由だけでなく、ダイエット向きの飲み方やレシピ・商品のおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 石川桃子
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。...
Twitter HP
神奈川県川崎市内の歯科医院で管理栄養士として勤務。歯科栄養という新たな分野を様々な方に知っていただくために活動しております。歯スティバルという歯科イベントにて講師を務めさせていただきました。分子整合栄養学を学び、予防歯科には欠かせない食事をお子様やご高齢の方と様々な方への食事・栄養指導を行なっております。

目次

  1. 豆乳を飲むと太る?痩せる?
  2. 太るかは飲み方次第
  3. 豆乳で太る部位
  4. 豆乳で太る原因は?
  5. ①飲み過ぎている
  6. ②塩分・砂糖が多く含まれた調整豆乳を飲んでいる
  7. ③寝る直前に飲んでいる
  8. 豆乳は本来痩せる飲み物?ダイエット効果は?
  9. ①基礎代謝を向上する
  10. ②脂肪を燃焼する
  11. ③ホルモンバランスを改善し痩せやすい体質にする
  12. ④脂質・糖質の代謝を促進する
  13. ⑤整腸効果・便秘解消
  14. 豆乳のダイエット向きな飲み方は?飲むタイミングはいつ?
  15. ①1日に1~2杯を目安にする
  16. ②食事の前に飲む
  17. ③寝る前の30分までに飲む
  18. ④無調整豆乳を飲む
  19. ⑤豆乳を温めるのもおすすめ
  20. 豆乳のレシピのおすすめは?
  21. ①ダルゴナコーヒー
  22. ②豆乳の紅茶ゼリー
  23. ③豆乳グラノーラ
  24. ④豆乳のバナナスムージー
  25. ⑤豆乳プロテイン
  26. 豆乳のダイエット向きの商品のおすすめ
  27. ①キッコーマン 特濃調製豆乳(108kcal)
  28. ②キッコーマン おいしい無調整豆乳(116kcal)
  29. ③マルサン ソイプレミアムひとつ上の豆乳 成分無調整(122kcal)
  30. ④マルサン 有機豆乳無調整(103kcal)
  31. ⑤ふくれん 九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳(99kcal)
  32. 豆乳の飲み方・選び方には気を付けよう

豆乳を飲むと太る?痩せる?

豆乳は健康に良いイメージが強く、美容やダイエット目的で飲む方も多いですが、中には豆乳を飲んで太った方もいるようです。ここでは、豆乳を飲むと太るのか、それとも痩せるのかといった疑問について解説します。

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

太るかは飲み方次第

豆乳は痩せる効果を持つ飲み物である一方で、飲むと太る場合もあります。豆乳自体には痩せる効果を持つ栄養素が含まれていますが、飲み方を間違えると栄養素が脂肪として蓄積させてしまう場合もあります。飲み方次第ではダイエットに逆効果になってしまうので、正しい飲み方を理解しておくことが大切です。

豆乳で太る部位

食べ物は、その種類によって太る場所が異なると言われています。豆乳の場合は、飲み過ぎたり間違った飲み方をすると、特に腰回りに肉がつきやすいと言われています。なお、豆乳に含まれるイソフラボンはバストアップに効果があると言われていますが、飲み過ぎると女性ホルモンのバランスが崩れる場合もあるので注意しましょう。

豆乳で太る原因は?

豆乳で太ってしまうのには理由がありますが、どの理由も気をつけていれば簡単に避けることができます。豆乳を飲んで太りたくない方は、この後に説明する3つのことを守って飲んでみてください。

①飲み過ぎている

カロリー
豆乳 46kcal
牛乳 67kcal

上記は、牛乳と豆乳の100gあたりのカロリーを示した表です。ヘルシーなイメージのある豆乳ですが、カロリーの面では牛乳よりも若干低いものの、大きな差はありません。また、牛乳より低カロリーだからと言ってたくさんの豆乳を飲めば、簡単にカロリーオーバーになるので飲み過ぎないようにしましょう。

②塩分・砂糖が多く含まれた調整豆乳を飲んでいる

豆乳には大豆のみから作られる無調整豆乳と、塩分や砂糖を加えて作る調整豆乳、砂糖と塩分以外に果汁なども加えた豆乳飲料があります。調整豆乳と豆乳飲料は無調整豆乳に比べるとカロリーが高く、塩分や糖質の量も多いため太りやすくなります。ダイエット目的の場合は、大豆本来の味を楽しめる無調整豆乳がおすすめです。

③寝る直前に飲んでいる

豆乳を寝る前に飲むことも、豆乳で太る原因の一つです。夜寝ている間は身体の活動がほとんどなく、カロリーをあまり消費できないため、寝る前に豆乳を飲むと消費しきれなかったカロリーが脂肪として蓄積されます。寝る直前のタイミングでの豆乳を飲むことは避け、カロリーの低いお茶や水などで我慢しましょう。

豆乳は本来痩せる飲み物?ダイエット効果は?

豆乳は、適切に飲めばダイエットや美容効果が期待できる飲み物です。ここでは、豆乳に含まれるダイエット効果のある成分やその効果を解説します。

関連する記事