チーズトーストのカロリー・糖質は?ダイエット向きの食べ方や栄養素を紹介!

【管理栄養士監修】チーズトーストのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、チーズトーストのカロリー・糖質量を他のトーストやチーズの種類別で比較し、栄養素や効果も紹介します。チーズトーストのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きの太りにくい食べ方・カロリーオフする方法も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 石川元洋
Instagram
Twitter
HP
健康を広めたい管理栄養士
今現在は、老人ホームに勤務しながら、特定保健指導、専門学校非常勤講師として活動中。食事や栄養に興味がある方。自分の体や、...
Instagram
Twitter
HP
健康を広めたい管理栄養士
今現在は、老人ホームに勤務しながら、特定保健指導、専門学校非常勤講師として活動中。食事や栄養に興味がある方。自分の体や、周りの人の健康に悩んでる方の力になりたい。

目次

  1. チーズトーストのカロリー・糖質は?
  2. チーズトースト(1枚)のカロリー・糖質
  3. チーズトーストの「チーズ」のカロリー・糖質を種類別で比較
  4. チーズトーストのカロリー・糖質を他のトーストと比較
  5. チーズトースト(1枚)のカロリーを消費するのに必要な運動量
  6. チーズトーストの栄養素は?ダイエット効果ある?
  7. ①食パン:炭水化物
  8. ②チーズ:タンパク質
  9. ③チーズ:カルシウム
  10. ④カルシウム以外のミネラル
  11. チーズトーストをダイエット向けにカロリーオフする方法は?
  12. ①食パンを薄くする
  13. ②チーズの量を減らす
  14. チーズトーストの太りにくい食べ方は?
  15. ①夜に食べない
  16. ②サラダやスープで栄養バランスを整える
  17. チーズトーストのカロリーに注意して食べよう

チーズトーストのカロリー・糖質は?

チーズトーストは、一般的に広く好まれている料理ですが、あまりヘルシーな印象は抱かれていません。実際のカロリーや、他のトーストと比べるとどうなのかについて説明します。

チーズトースト(1枚)のカロリー・糖質

カロリー 糖質 1日のカロリー摂取量に占める割合
チーズトースト 217kcal 26.8g 10%
食パン(6枚切り1枚) 156kcal 26.6g 7%
スライスチーズ(1枚) 61kcal 0.2g 3%

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

チーズトーストは、ダイエットを阻害するほどにカロリーが高いわけではありません。しかし、パンに糖質が含まれていること、栄養バランスがやや偏っていることなどから、食べ過ぎには注意をするべきでしょう。

チーズトーストの「チーズ」のカロリー・糖質を種類別で比較

チーズ100gあたり カロリー 糖質
モッツァレラチーズ 276kcal 4g
カッテージチーズ 105kcal 1.9g
カマンベールチーズ 310kcal 0.9g
プロセスチーズ 339kcal 1.3g
エダムチーズ 356kcal 1.4g
ゴーダチーズ 380kcal 1.4g
チェダーチーズ 423kcal 1.4g
エメンタールチーズ 429kcal 1.6g

チーズトーストで、よく使われるチーズごとのカロリーや糖質は、上記の通りです。実際に使う分量は、多くても1枚20gほどでしょう。モッツァレラチーズのカロリーは低めですが、あっさりした味のため、シンプルな食パンのチーズトーストには不向きかもしれません。

(*チーズのカロリー・糖質について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

チーズのカロリー・糖質は高い?でも太りにくい?ダイエット効果やヘルシーな食べ方を紹介!

チーズトーストのカロリー・糖質を他のトーストと比較

トースト1枚あたり カロリー 糖質
チーズトースト 217kcal 26.8g
バタートースト 229kcal 26.2g
ピザトースト 300kcal 28.7g
卵トースト 307kcal 25.5g

他のトーストと比べると、チーズトーストのカロリーが、特別高いわけではないことがわかります。チーズには糖質がほとんど含まれておらず、カロリーもパンほど高くないことが理由として考えられます。

石川元洋

管理栄養士

惣菜パンは味が濃く、菓子パンはカロリーが高め。その点チーズトーストは余計な物が入ってないところが良いポイントです。

(*トーストのカロリー・糖質について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

トーストのカロリー・糖質は?ご飯より高い?ダイエット向きの食べ方も紹介!

チーズトースト(1枚)のカロリーを消費するのに必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 81分
ジョギング 49分
自転車 31分
ストレッチ 97分
階段登り 27分
掃除機かけ 70分

それぞれの運動方法で考えると、1時間以上かかるものが多いため、長く感じる方も多いでしょう。ダイエット中だからと我慢する必要はありませんが、あまり食べ過ぎず、無理のない範囲で体を動かすよう、心掛けておくと良いかもしれません。

チーズトーストの栄養素は?ダイエット効果ある?

ダイエットをするには、ある程度、栄養やその効能を知っておくことが大事です。チーズトーストでは、主にどのような栄養が摂れるのかを紹介します。

①食パン:炭水化物

炭水化物は、生きていくうえで必要な、エネルギー源となる栄養素です。成分表では、糖質と食物繊維に分けられることがあります。血液中にブドウ糖として吸収された後、神経や組織を動かし、脳を活動させます。

過剰に摂ると体内に蓄積され、肥満や糖尿病の原因になります。そのため、ダイエットしている人から、太る原因だと敬遠されがちです。しかし、逆に欠乏してしまうと、パワー不足からくる疲労感や、基礎代謝・集中力の低下を招きます。(※2)

②チーズ:タンパク質

タンパク質は、体の主成分となり、体を健康的に保つのに必要不可欠な栄養素です。あらゆるホルモンや酵素などにも成り、コラーゲンやアミノ酸もここに含まれます。一部は、炭水化物に代わるエネルギー源に使われることもあります。

わたしたちの体をつくる皮膚や血液は、生きている限り、古いものから新しいものへ常に入れ替わっています。ダイエット中でも美しい健康な体をつくるために、毎日の食事に摂るべき栄養といえるでしょう。(※3)

③チーズ:カルシウム

言わずと知れた、骨に欠かせないミネラルです。ミネラルとは、栄養素の中でも微量で構成されるものの総称です。しかしカルシウムは、怪我時の出血を抑えたり、体内の調子を整えたりと、幅広いサポートを行います。

筋肉や神経も安定させ、苛立ちを抑えてくれる効果もあり、ダイエットの役に立つといえるかもしれません。食事では過剰に摂取する可能性は低く、むしろ欠乏しやすい栄養素の1つなので、積極的に摂るようにしましょう。ただし、サプリメントによる過剰摂取には気をつけてください。(※4)

④カルシウム以外のミネラル

チーズトーストには、カルシウム以外にも、カリウムやリンなどのミネラルが含まれています。カリウムは細胞を正常に保ち、血圧を調整します。むくみを解消するので、美容効果にも期待がもてる栄養素です。リンは、カルシウムの吸収を助ける栄養素ですが、スナック菓子などでの過剰摂取には気をつけてください。

他にも、微量ですがセレンというミネラルもあり、甲状腺や血圧に関するホルモンや、ガン予防に期待される効能をもちます。(※5、6)

チーズトーストをダイエット向けにカロリーオフする方法は?

ダイエット中でも、どうしても食欲が抑えられないときはくるものです。チーズトーストを食べたいときに、摂取カロリーを低くしたい場合、どうすればよいのかの対策を提案します。

①食パンを薄くする

カロリー 糖質
食パン(5枚切り1枚あたり) 187kcal 30.4g
食パン(6枚切り1枚あたり) 156kcal 26.6g
食パン(8枚切り1枚あたり) 117kcal 19g

カロリーや糖質は、チーズよりもパンの方が比率が高いです。そのため、パンのサイズを小さくすることで、効率的にカロリーを抑えやすくなります。6枚切りと5枚切りのものを比べても、約30kcalの違いがあります。

②チーズの量を減らす

これ以上パンを小さくできないならば、チーズの量を減らしてみましょう。味が薄くなるかもしれませんが、ハーブソルトやふりかけでカバーをすることも可能です。ただし、塩分などの栄養バランスが変化するので、掛け過ぎなどには気をつけてください。

チーズトーストの太りにくい食べ方は?

忙しい生活の中で効率的に、あるいは徹底的にダイエットをしたい場合、少しでも太らずにチーズトーストを食べるには、どうすれば良いのでしょうか。

①夜に食べない

食生活のリズムを考えることは、ダイエットで重要な役割を果たします。細胞内に存在するBMAL-1というタンパク質には、体内時計の役割をもつのですが、脂肪を作り出す側面もあります。夜に特に活発化するため、夜に食事をするとBMAL-1によって体内に脂肪ができます。そのため、太らないためには、夜間になるべく食事をしない方がよいでしょう。(※7)

石川元洋

管理栄養士

夜は食べるのを控え、朝にチーズトーストと、その他の食事をしっかりと食べ、1日のリズムを整えましょう。

②サラダやスープで栄養バランスを整える

チーズトーストには、炭水化物やタンパク質などの栄養が含まれますが、栄養バランスにやや偏りがあります。ヘルシーな野菜などの入った食品と一緒に摂ることで偏食を防ぎ、健康的なダイエットに繋げることが可能です。ただし、トマトやパプリカなどの緑黄色野菜は、ビタミンが豊富ですが、糖質も含まれているので、栄養管理にはご注意ください。

他にも、できればゆっくり、よく噛むことで、消化を促し、満腹感に近づけることができます。食事中に限ったことではありませんが、水分をよく摂るのもダイエットには効果的です。(※8)

チーズトーストのカロリーに注意して食べよう

チーズトーストは、カロリーが高いわけではありませんが、運動で消化するには少し時間が掛かり、夜食には向かないことも紹介してきました。ダイエット中でも、うまく息抜きをして食事をすることを応援します。

関連する記事