日持ちする野菜15選!常温・冷蔵・冷凍の保存期間を比較して一覧で紹介!

【野菜ソムリエ監修】日持ちする野菜を知っていますか?日持ちする野菜は、常備しておくと便利です。今回は、日持ちする野菜TOP15と逆に日持ちしない野菜5選を合わせて紹介します。野菜別の適切な保存方法や、正しく日持ちさせる保存方法も紹介するので参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |野菜ソムリエ 福光佳奈子
HP Instagram Twitter Facebook
野菜ソムリエプロ・睡眠コンサルタント・お酒&家飲みグッズの店『イエノミライフ』主宰/札幌市生まれ。食から睡眠まで、...
HP Instagram Twitter Facebook
野菜ソムリエプロ・睡眠コンサルタント・お酒&家飲みグッズの店『イエノミライフ』主宰/札幌市生まれ。食から睡眠まで、おうち時間を充実させるメソッドを様々なカタチで提案している。著書『体にうれしい果実酒・野菜酒・薬用酒200』(秀和システム)は、台湾など世界5か国で翻訳版も出版している。

目次

  1. 日持ちする野菜はどれ?
  2. 日持ちする野菜TOP15!
  3. 15位:ナス(10日間)
  4. 14位:トマト(2週間)
  5. 13位:大根(2週間)
  6. 12位:ピーマン(3週間)
  7. 11位:キャベツ(3週間)
  8. 10位:かぼちゃ(1週間)
  9. 9位:長芋(1週間)
  10. 8位:にんにく(1か月)
  11. 7位:にんじん(3週間)
  12. 6位:白菜(3週間)
  13. 5位:里芋(1週間)
  14. 4位:さつまいも(2か月)
  15. 3位:ゴボウ(2か月)
  16. 2位:玉ねぎ(2か月)
  17. 1位:じゃがいも(3か月)
  18. 日持ちしない野菜TOP5は?
  19. 5位:カブ(1週間)
  20. 4位:キュウリ(1週間)
  21. 3位:ニラ(5日間)
  22. 2位:オクラ(5日間)
  23. 1位:もやし(3日間)
  24. 日持ちする野菜を正しく保存しよう
里芋を冷凍保存する方法・期間は?生・茹での長持ちのコツや解凍の仕方まで解説!

4位:さつまいも(2か月)

さつまいもの温度帯別の保存期間は、下記の通りです。

常温保存:1か月
冷蔵保存:2か月
冷凍保存:1か月

さつまいもは比較的長期間日持ちする野菜ですが、適切な方法で管理できないとすぐに鮮度が落ちカビなどの原因となります。さつまいもの最適な温度は10~13℃のため、常温での保存がおすすめです。さつまいもを新聞紙で包み、直射日光のあたらない風通しのいい場所で保管すると日持ちさせることができます。

さつまいもは低温に弱いため、できる限り冷蔵庫での保管は避けてください。冷蔵庫で保存する場合は、さつまいもを新聞紙で包みポリ袋に入れて野菜室で保存しましょう。また、さつまいもは土を洗い落とすと鮮度が落ちやすくなるため、できる限り収穫された状態で保存するのがおすすめです。

(*さつまいもの保存方法・賞味期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

さつまいもの保存方法・期間は?常温・冷蔵・冷凍で長持ちのコツを紹介
さつまいもの賞味期限の目安は?切れた時の見分け方や正しい保存方法を紹介!

3位:ゴボウ(2か月)

ゴボウの温度帯別の保存期間は、下記の通りです。

常温保存:1か月
冷蔵保存:2か月
冷凍保存:1か月

ゴボウも土がついてる状態であれば、1~2か月間程度が日持ちする野菜になります。一般的に市販されているゴボウは、土付きのものか皮が剥かれて下処理が済んでいるものです。下処理済のゴボウは料理をする際にはとても便利ですが、長期間の保存には向いていません。

一方で、土付きであれば常温でも冷蔵でも新聞紙で包むだけで長く保存可能なため、常備するにはおすすめです。冷凍保存する場合は一度火を通して保存することで、1か月程度は品質を下げずに保管でき、使う際にも短時間の加熱で済むので便利でしょう。

(*ゴボウの保存方法・賞味期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ごぼうの保存方法と賞味期限の目安は?冷凍・冷蔵・常温で長持ちのコツを解説!
ごぼうは冷凍保存できる!正しい方法・期間や解凍のコツは?レシピのおすすめも紹介!

2位:玉ねぎ(2か月)

玉ねぎの温度帯別の保存期間は、下記の通りです。

常温保存:2か月
冷蔵保存:1か月
冷凍保存:1か月

玉ねぎも適切な方法で保存することで、日持ちする野菜です。最大の特徴としては、常温で長期間保存が可能というところです。多くの野菜は乾燥に弱いため、ある程度の湿度を保って保存することが一般的ですが、玉ねぎの場合は腐る原因となるため風通しのよい場所で保存してください。

玉ねぎの保存は、常温が適しているため適正な保管場所がある方はできる限り常温で保存するのがいいでしょう。そのままの状態で冷暗所で保管するだけのため、とても手軽に管理できます。

(*玉ねぎの保存方法・賞味期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

玉ねぎの保存方法・期間は?常温・冷蔵・冷凍で日持ちするコツやレシピのおすすめを紹介!
玉ねぎの消費期限の目安は?腐った時の見分け方や長持ちさせる保存術を紹介!

1位:じゃがいも(3か月)

じゃがいもの温度帯別の保存期間は、下記の通りです。

常温保存:5か月
冷蔵保存:3か月
冷凍保存:1か月

じゃがいもは、非常に長く日持ちする野菜として知られています。通常の野菜は、冷蔵や冷凍で保存した方が賞味期限が長くなりますが、じゃがいもは常温保存の方が長く日持ちさせることができる野菜です。冷蔵などの低い温度で保存すると低温障害を引き起こしたり、風味が変化したりするのでおすすめではありません。

常温保存は、じゃがいもを新聞紙で包み段ボール箱などに入れたら、風通しいい場所で保管するだけで日持ちさせられるので管理も手軽です。

(*じゃがいもの保存方法・賞味期限について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

じゃがいもの保存方法・期間は?常温・冷蔵庫・冷凍で日持ちするコツを紹介!

関連する記事

×