朝りんごはダイエット・美肌に効果あり?太る心配は?レシピのおすすめも紹介!

朝りんごを食べるメリットを知っていますか?定番の果物であるりんごですが、今回は、朝にりんごを食べて得られる効果や、摂取量の目安などの食べ方のコツも紹介します。朝りんごを食べる際の注意点や、レシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 朝りんごを食べるメリットは?
  2. 朝りんごで得られる効果は?
  3. ①ダイエット効果
  4. ②美肌効果
  5. ③便秘解消
  6. ④虫歯・口臭を予防する
  7. 朝りんごの食べ方のコツは?摂取量の目安は?
  8. 朝りんごの摂取量の目安は半分
  9. りんごは皮ごと食べる
  10. 朝りんごの食べる際の注意点は?太る?
  11. りんごを食べ過ぎると胃痛や下痢になることがある
  12. りんごの食べ過ぎで太ることはない
  13. 朝りんごにおすすめのレシピ
  14. ①りんごヨーグルト
  15. ②手作りりんごジュース
  16. 朝りんごを食べてみよう

朝りんごを食べるメリットは?

朝食に果物を食べると体に良いと言われていますが、朝に果物の定番の一つでもあるりんごを食べることにもメリットがあると言われています。ここからは、朝りんごを食べる効果や食べ方のコツなどを紹介するので、参考にしながら朝にりんごを食べてみてください。

朝りんごで得られる効果は?

ここでは、朝りんごを実践することで得られる効果について説明します。ダイエット中の方や健康を意識している方に役立つ効果も多いので、効果をしっかり理解しておきましょう。

①ダイエット効果

食事から糖質を摂ることで血糖値が上がると、インスリンというホルモンの分泌が増える影響で、糖分が脂肪に変わりやすくなります。特に血糖値が急激に上昇するとインスリンの働きが強まってしまいますが、りんごに含まれる糖質の多くは果糖のため、食べた後の血糖値の上昇は緩やかです。

そういった理由から、パンやご飯などを朝食に食べるよりも太りにくいため、朝りんごはダイエット中の方におすすめできる朝食と言えるでしょう。

(*りんごのダイエット効果について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

りんごダイエットに効果ある?正しいやり方は?痩せた口コミやレシピのおすすめなど紹介!

②美肌効果

りんごに含まれるりんごポリフェノールという成分には、抗酸化作用があります。ストレスや紫外線などは肌の酸化の原因と言われ、酸化が進むとシミやシワと言った肌のトラブルが増えていきます。そこでりんごを取り入れると、抗酸化作用によって肌の酸化が抑えられるため、美肌効果を得られるのがメリットです。

③便秘解消

りんごには多くの食物繊維が含まれており、便を柔らかくしたり腸を刺激したりすることで、便秘解消につながります。特にダイエット中は食事制限をする影響で便秘になりやすいですが、便秘が続くと太りやすくなってしまうので、便秘が気になる方は朝りんごを実践して腸内環境を整えましょう。

④虫歯・口臭を予防する

前述のりんごポリフェノールには、抗酸化作用だけでなく虫歯菌の働きを弱める効果もあり、歯垢が付きにくい口腔環境になるため虫歯予防につながります。ただし、りんごを食べただけではりんごに含まれる糖分により虫歯を引き起こすおそれがあるので、食べた後にはしっかりと歯磨きをしてください。

また、りんごポリフェノールには口臭の原因物質であるメチルメルカプタンの発生を抑える効果もあります。そのほかにも、りんごにはにんにくを食べた後の口臭を防ぐ効果があることも知られています。口臭が気になる方は、朝りんごを実践することで、1日を快適に過ごしやすくなるでしょう。

(*りんごの栄養素と効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

りんごの栄養素と効能は?皮付き・なしで比較!成分を増幅させる方法も紹介!

朝りんごの食べ方のコツは?摂取量の目安は?

関連する記事

×