朝りんごはダイエット・美肌に効果あり?太る心配は?レシピのおすすめも紹介!

朝りんごを食べるメリットを知っていますか?定番の果物であるりんごですが、今回は、朝にりんごを食べて得られる効果や、摂取量の目安などの食べ方のコツも紹介します。朝りんごを食べる際の注意点や、レシピのおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 朝りんごを食べるメリットは?
  2. 朝りんごで得られる効果は?
  3. ①ダイエット効果
  4. ②美肌効果
  5. ③便秘解消
  6. ④虫歯・口臭を予防する
  7. 朝りんごの食べ方のコツは?摂取量の目安は?
  8. 朝りんごの摂取量の目安は半分
  9. りんごは皮ごと食べる
  10. 朝りんごの食べる際の注意点は?太る?
  11. りんごを食べ過ぎると胃痛や下痢になることがある
  12. りんごの食べ過ぎで太ることはない
  13. 朝りんごにおすすめのレシピ
  14. ①りんごヨーグルト
  15. ②手作りりんごジュース
  16. 朝りんごを食べてみよう

朝りんごには、多くの嬉しい効果があることが分かりました。ここからは朝のりんごをどのように食べれば良いのか、食べる量はどれくらいかなど、朝りんごの食べ方のコツについて説明します。

朝りんごの摂取量の目安は半分

厚生労働省と農林水産省が発表している食事バランスガイドでは、1日に摂取する果物の量は200gが推奨されており、これをりんごに当てはめた場合は約半分に相当します。ただし、りんごの大きさによって重さは異なるので、重さが分からない場合は秤で量るのもおすすめです。

りんごは皮ごと食べる

りんごを食べる際には皮を剥いて食べる方も多いですが、りんごポリフェノールをはじめとする栄養成分の多くは皮の付近にあります。そのため、皮ごと食べることでより多くの栄養を摂ることができるでしょう。皮に付着している農薬が気になる方は、重曹や野菜用洗剤を活用して洗うのもおすすめです。

(*りんごを皮ごと食べるメリットについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

りんごを皮ごと食べるメリットは?栄養豊富?農薬・ワックスなど懸念点についても解説!

朝りんごの食べる際の注意点は?太る?

朝りんごには多くのメリットがありますが、注意しなければいけないこともあります。ここでは注意点をいくつか説明するので、しっかり守って朝りんごを実践しましょう。

りんごを食べ過ぎると胃痛や下痢になることがある

りんごには胃酸の量をコントロールする効果があり、胃もたれに効くと言われています。しかし、りんごを食べ過ぎると胃酸が過剰に分泌されてしまい、結果的に胃痛を引き起こすことも考えられるので気をつけましょう。

またりんごに含まれる食物繊維により便秘の解消が期待できると説明しましたが、食物繊維を過剰に摂取してしまうと下痢を引き起こすこともあります。また、食物繊維の過剰摂取が逆に便秘を引き起こすこともあるので、適量を食べるように注意してください。

りんごの食べ過ぎで太ることはない

カロリー 糖質 1日の摂取カロリーの占める割合
りんご(一個:280g) 171kcal 40.1g 8%


※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)
※1日の摂取量は成人男性の目安です

りんごは水分を多く含んでいるため、大きさの割にカロリーは高くありません。りんごは歯ごたえもあるので満腹感も得やすく、ダイエット中の食事や間食におすすめの果物です。糖質が多いと感じる方もいるかもしれませんが、前述した通りりんごの糖質は果糖なので、太りにくいのが特徴です。

(*りんごの食べ過ぎで太るかについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

りんごを食べ過ぎると太る?腹痛・便秘の原因に?1日の適量も紹介!

朝りんごにおすすめのレシピ

朝りんごを実践する場合、アレンジしてりんごを食べるのもおすすめです。ここでは朝りんごにおすすめのレシピをいくつか紹介するので、参考にしてください。

①りんごヨーグルト

関連する記事

×