いちじくの栄養素と効能は?美容効果あり?食べ過ぎの注意点や食べ方のおすすめも紹介!

【管理栄養士監修】いちじくに含まれる栄養素を知っていますか?ドライフルーツのいちじくも女性に人気ですね。今回は、いちじくの栄養成分・効能に加え、栄養素を効率的に摂れる食べ方も紹介します。食べ過ぎの注意点やレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. いちじくはどんな食材?
  2. いちじくの旬
  3. いちじくのカロリー・糖質
  4. いちじくの栄養素と効果・効能【生・ドライで比較】
  5. ①食物繊維(ペクチン)
  6. ②カリウム
  7. ③葉酸
  8. ④ビタミンB6
  9. ⑤アントシアニン
  10. ⑥エストロゲン
  11. いちじくの栄養成分を効率よく摂れる食べ方は?
  12. ①新鮮ないちじくを選ぶ
  13. ②いちじくをドライフルーツにして食べる
  14. いちじくの食べ方の注意点は?
  15. 食べ過ぎない
  16. 1日の摂取量の目安
  17. いちじくの栄養がとれるレシピのおすすめ
  18. ①いちじくジャム
  19. ②いちじくのホットワイン
  20. ③いちじくソースのレバーソテー
  21. いちじくは栄養豊富な食材

いちじくはどんな食材?

いちじくは外国産のドライフルーツも良く見かけますが、生のいちじくも美味しいですね。生のいちじくの旬はいつでしょう。カロリーや糖質はどのくらいなのか調べました。

いちじくの旬

いちじくは大まかに3種類あり、夏に実を付けるもの、秋に付けるもの、夏と秋に実を付けるものとあります。ハウス栽培もされているので、出荷の期間は3月ごろから12月までと長いのですが、美味しいいちじくが出回る最盛期は8月から10月ごろのようです。

竹本友里恵

管理栄養士

いちじくはフルーツに分類されていますが、いちじくの"実"は果物ではなく”花”です。いちじくを漢字で書くと無花果と書き、私たちが口にする部分は実ではなく花で、中にあるつぶは一粒一粒が実にあたります。つまりいちじくを食べる事は、たくさんの果物を食べている事になるのです。

(*いちじくの旬について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

いちじくの旬の時期・季節はいつ?年2回?食べ頃の選び方や栄養価なども紹介!

いちじくのカロリー・糖質

いちじくの100gあたりのカロリーや糖質量を見てみましょう。

カロリー54kcal
糖質量12.4g

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています

生のいちじくのカロリーは54kcalでバナナの2/3くらいで、果物としては割と平均的な数字です。糖質量は12.4gで洋ナシと同じくらいになります。

いちじくの栄養素と効果・効能【生・ドライで比較】

カロリー 水分 タンパク質 糖質 食物繊維 脂質
生いちじく 54kcal 84.6g 0.6g 12.4g 1.9g 0.1g
ドライいちじく 291kcal 18g 3g 4.6g 10.7g 1.1g

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

いちじくはドライフルーツとしても人気がありますが、生のいちじくとドライのいちじくの栄養価の違いを比べてみましょう。

①食物繊維(ペクチン)

含有量(100g) 1日の必要な摂取量 1日の摂取量に占める割合
生いちじく 1.9g 20g 10%
ドライいちじく 10.7g 20g 54%

関連する記事

×