ホヤの栄養素と効能は?美容・健康効果あり?食べ方・レシピのおすすめなど紹介!

【管理栄養士監修】ホヤに含まれる栄養素を知っていますか?今回は、ホヤの栄養成分・効能に加え、栄養が取れるレシピのおすすめも紹介します。ホヤは東北地方で食べられている海産物になります。ホヤの味・食感や旬も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 柳田ゆい
Instagram FaceBook Ameba
管理栄養士調理師薬膳インストラクター薬膳食療法専門指導士 。 保育園や小学校の給食調理、献立作成、食育などに携わってきました。...
Instagram FaceBook Ameba
管理栄養士調理師薬膳インストラクター薬膳食療法専門指導士 。 保育園や小学校の給食調理、献立作成、食育などに携わってきました。 その中で食の大切さを再認識し、現在は、“食育薬膳""料理教室【結ぶキッチン】を主宰しています。 食や健康について、楽しく知っていただけるよう、お伝えしていけたらと思っています。

目次

  1. ホヤはどんな食材?
  2. ホヤの味・食感や旬
  3. ホヤのカロリー・糖質
  4. ホヤの栄養素と効果・効能
  5. ①カリウム
  6. ②ミネラル
  7. ③ビタミンE
  8. ④ビタミンB12
  9. ⑤DHA・EPA
  10. ⑥タウリン
  11. ホヤの栄養がとれるレシピのおすすめ
  12. ①ホヤの酢の物
  13. ②ホヤの天ぷら
  14. ③ホヤの炊き込みご飯
  15. ホヤは栄養豊富な食材

ホヤはどんな食材?

ホヤがどんな食べ物か知っていますか?形も独特でどんな味なのか気になります。具体的に味や食感、旬などを交えて紹介します。

ホヤの味・食感や旬

ホヤは脊索動物に分類され、海の動物になります。ホヤは貝のように見えますが、貝ではありません。ホヤの味は酸味・塩味・苦味・甘味が入り混じっていて、食感は弾力がありプリッとしています。食用には2種類ありマボヤとアカボヤで東北地方で流通し、天然と養殖がります。特に美味しいのは気温が暖かくなる5~8月頃で、旨味が増し身が厚くなります。

柳田ゆい

管理栄養士

ホヤにあまり馴染みがないかもしれませんが、最近ではスーパーやデパートの鮮魚コーナーでも購入することができます。 通販でも購入出来るので、気になる方は調べてみてくださいね。

(*ホヤの味や旬の時期について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ホヤの味はまずい?例えて表現すると?美味しい食べ方や栄養価・旬なども紹介!
ホヤの旬の時期・季節はいつ?種類は?選び方・栄養価や食べ方のおすすめも紹介!

ホヤのカロリー・糖質

100gあたりのホヤのカロリー、糖質など成分を具体的に紹介します。

カロリー30kcal
糖質0.8g

ホヤのカロリーは30kcalと低カロリーです。糖質量も少なく健康な体作りにもおすすめです。

ホヤの栄養素と効果・効能

カロリー30kcal
水分88.8g
タンパク質5.0g
糖質0.8g
食物繊維0g
脂質0.8g

ホヤ(生)100gあたりの栄養素は上記のようになります。具体的に含有するビタミン、ミネラルなども紹介します。参考にしてください。

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

①カリウム

含有量(100g) 1日の摂取量の目安 1日の摂取量に占める割合
570mg 2500mg 23%

ホヤにはカリウムが570mg含まれています。カリウムは細胞の浸透圧を維持する働きがあり、さまざまな食品に含まれています。カリウムには腸内筋肉の蠕動運動を促し、便秘を予防する効果が期待できます。また、腎臓での老廃物の排泄を補助する効果もあります。(※2)

関連する記事

×