栄養のない野菜ワーストランキングTOP7|世界で一番栄養価の低いのは?

栄養のない野菜のワーストランキングを知っていますか?世界で一番栄養のない野菜は何なのでしょうか?今回は、<きゅうり・もやし>などの栄養のない野菜のワーストランキングを7選で紹介します。栄養が少ない野菜の成分を効率的に摂取する方法や、逆に栄養価の高い野菜についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 栄養のない野菜のワーストランキングって?
  2. 6大栄養素の少ない野菜を「栄養がない野菜」と定義する
  3. 栄養のない野菜のワーストランキングTOP7
  4. 7位:大根
  5. 6位:三つ葉
  6. 5位:セロリ
  7. 4位:生姜
  8. 3位:レタス
  9. 2位:もやし
  10. 1位:きゅうり
  11. 栄養が少ない野菜の成分を効率的に摂取するには?
  12. ①茹でる際はお湯ではなくレンジで
  13. ②βカロテンを含む場合は油と一緒に調理する
  14. ③カリウムを含む場合は水と一緒に摂取する
  15. 逆に栄養価の高い野菜は何があるの?
  16. 水分量の多い野菜は栄養価が低い傾向にある

栄養のない野菜のワーストランキングって?

野菜にはさまざまな種類があり、どれも栄養豊富に感じるかもしれませんが、中には栄養素が低いと言われる野菜もあるようです。食べ物であるだけに、全く栄養素がないわけではないですが、栄養がない野菜とはどのような基準で決められているのでしょうか。

6大栄養素の少ない野菜を「栄養がない野菜」と定義する

栄養がない野菜の定義は、6大栄養素の含有量が少ない野菜のことを指し、以下が6大栄養素と呼ばれる成分です。

・糖質
・脂質
・たんぱく質
・ビタミン
・ミネラル
・食物繊維


6大栄養素は、体を作るうえで欠かせない成分であり、バランスよく摂っていくことが重要です。しかし、これらの栄養が含まれていない野菜があり、一番栄養のない野菜と呼ばれています。

栄養のない野菜のワーストランキングTOP7

栄養のない野菜の、ワーストランキングを見てみましょう。野菜にはさまざまなものがあり、栄養豊富と言われていますが、そうではない野菜もあるようです。しかし、6大栄養素が含まれていなくても体に良いことは変わらないため、積極的に摂っていきましょう。

7位:大根

含有量
カロリー 18kcal
食物繊維 1.3g
ビタミンC 11mg
ビタミンE 0mg
水分 94%

根菜類である大根はほとんどが水分で構成されており、100gあたりのカロリーが18kcalと、かなり低いことがわかります。ビタミンCは豊富ではあるものの、抗酸化作用効果のあるビタミンEは入っていないため、大根を食べるときは他の食品で補う必要があります。

(*大根の栄養について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

大根のカロリー・糖質量は?栄養価・ダイエット効果やヘルシーレシピも紹介!

6位:三つ葉

含有量
カロリー 18kcal
食物繊維 2.5g
ビタミンC 8mg
ビタミンE 0.7mg
水分 93%

三つ葉はビタミンCは豊富ではあるものの、100gあたり18kcalと低カロリーで食物繊維も2.5gしか含まれていません。サラダなどメインで活用することもあるかもしれませんが、基本的には汁物や丼物の添え物になることが多く、三つ葉を食べても野菜不足解消とするのは難しいといえます。

(*三つ葉の栄養について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

三つ葉の栄養素と効能は?加熱NG?栄養成分を逃さない食べ方も紹介!

5位:セロリ

関連する記事

×