毎日サバ缶を食べ続けた結果|痩せた人も?メリット・デメリットを体験談を元に紹介!

毎日サバ缶を食べ続けた結果はどうなるか知っていますか?体にいいでしょうか?今回は、サバ缶を毎日食べるメリットに加え、<痛風・プリン体>など体に悪いデメリットも紹介します。サバ缶の汁を飲むと良い理由や、レシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 毎日サバ缶を食べ続けた結果は?どうなる?
  2. 毎日サバ缶を食べ続けた人の口コミ
  3. サバ缶を毎日食べ続けるメリットとは?
  4. ①悪玉コレステロール値が下がる
  5. ②ダイエット効果が見込める・痩せる
  6. ③がん予防になる
  7. ④骨折予防になる
  8. サバ缶は体に悪い場合も?毎日食べるデメリットは?
  9. ①塩分を過剰摂取する可能性がある
  10. ②プリン体が多く痛風になる可能性がある
  11. ③過剰な食べ過ぎで水銀を多く摂取する可能性がある
  12. サバ缶の栄養価がより摂れる食べ方は?
  13. サバ缶の煮汁も飲む・料理に活用する
  14. サバ缶の栄養を効率よく取るレシピを紹介!
  15. ①サバ納豆丼
  16. ②モッツァレラとサバ缶のトマトパスタ
  17. ③サバ缶サラダ
  18. 毎日鯖缶を食べるには注意が必要

毎日サバ缶を食べ続けた結果は?どうなる?

栄養価が高くて価格が安いサバ缶は、料理のアレンジの幅が広く家庭でもストックしておくのに便利な食材です。健康にも効果があるという評判からサバ缶を食べることを日課にしている人もいますが、実際に毎日食べ続けるとどのような効果があるのでしょうか。

毎日サバ缶を食べ続けた人の口コミ

毎日サバ缶を食べ続けた場合の健康への有効性は、テレビで取り上げられて話題になったこともあり、Twitterや個人ブログなどでも多数報告があります。実際に体重の減少や中性脂肪の減少などの効果が出たといった口コミもみられています。毎日サバ缶を食べ続けることは大変な面もありますが、健康によい効果につながると言えそうです。

たぬちき

サバ缶効果半端ねぇ。
約60日毎日食べ続けたら中性脂肪が激減。

クロサマ

私は健康の為にしているだけですが2年前に大腸の手術をしてから毎日サバ缶を食べ続けていたら健康診断の結果も全て良くなり体重も5キロ減ったままですが元々太りにくい体質もありますが、幾ら食べても必ずサバ缶は食べてます。

サバ缶を毎日食べ続けるメリットとは?

サバ缶を毎日食べ続けると健康によい効果がありますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、鯖に含まれる栄養素とその効果を紹介しながら、サバ缶を毎日食べることのメリットについて説明します。

①悪玉コレステロール値が下がる

鯖には不飽和脂肪酸であるEPAやDHAが豊富に含まれています。特にEPAは善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らす働きがあり、血液をサラサラにして動脈硬化や心筋梗塞の予防に役立ちます。一般的なサイズのサバ缶1缶の中には、1日に必要とされる量以上のEPAが入っているため、積極的に摂取したい食品と言えるでしょう。

②ダイエット効果が見込める・痩せる

鯖に含まれるDHAやEPAは、ダイエットにも役立つ栄養素です。DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を摂取すると中性脂肪の値が減ったり、血行が良くなって新陳代謝が活発になったりすることでダイエット効果を発揮します。

それだけでなく、EPAがGLP-1というホルモンの分泌を促すのも特徴です。GLP-1は痩せホルモンと呼ばれ、血糖値の急激な上昇を防いで糖尿病を予防したり、満腹感を高めて食べ過ぎを抑えたりする働きがあります。サバ缶はDHAやEPAを摂取することによるこれらの相乗効果によって、ダイエットに効果を発揮すると言えるでしょう。

(*サバ缶のダイエット効果について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

サバ缶の栄養価と効能は?ダイエット効果あり?成分を逃さない食べ方・レシピなど紹介!

③がん予防になる

魚に含まれる不飽和脂肪酸のうち、DHAは発がん性物質の発生を抑制する効果があり、DHAを豊富に含む鯖を積極的に摂取することはがん予防につながります。日本人でがんを発症する人の割合が増加しているのは昔と比べて魚の摂取量が減っていることと関係があると考えられており、日々の食生活に魚を取り入れることはとても大切です。

④骨折予防になる

関連する記事