夜食に納豆は太る?実はダイエット効果あり?食べ方やヘルシーレシピのおすすめを紹介!

夜食に納豆を食べると太るのでしょうか?食べても問題ないのでしょうか?実は正しく食べればダイエット効果があります。今回は、夜食に食べる納豆の効果・効能やダイエット中に食べる注意点に加え、ダイエット向きのヘルシーレシピを紹介します。<豆腐・卵・キムチ>などアレンジ食材も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 夜食に納豆を食べると太る?
  2. 夜食の納豆は正しく食べればダイエット効果がある!
  3. 夜食に食べる納豆のダイエット効果・効能は?
  4. ①脂肪の吸収を抑える
  5. ②総コレステロールが下がる
  6. ③血流が良くなる
  7. 夜食に納豆を食べるダイエット中の注意点は?
  8. ①タレはかけない
  9. ②ご飯は食べない
  10. ③加熱しない
  11. ④ゆっくりよく噛んで食べる
  12. ⑤1パックまでにしておく
  13. ⑥酢を入れる
  14. 夜食で納豆に合わせてアレンジできる食材は?
  15. ①豆腐
  16. ②卵
  17. ③キムチ
  18. 夜食に納豆を食べるダイエット向きヘルシーレシピを紹介!
  19. ①カレー納豆豆腐
  20. ②卵納豆
  21. ③納豆キムチアボカド
  22. 夜食の納豆はダイエット向き食材だった

夜食に納豆を食べると太る?

夜遅い時間に食事をすると太る原因になると言われていますが、夜食に納豆を食べると太ってしまうのでしょうか。ここでは、納豆のダイエット効果について紹介します。

夜食の納豆は正しく食べればダイエット効果がある!

納豆には、ナットウキナーゼや食物繊維といったダイエットに効果的な栄養がたくさん入っています。元々ダイエット効果のある納豆は、夜食でも正しく食べればダイエット効果を感じることができます。食べ方などに工夫すれば納豆を食べても太らないので、夜食としておすすめの食材です。

夜食に食べる納豆のダイエット効果・効能は?

夜食に食べる納豆には、どのようなダイエット効果や効能があるのでしょうか。ここでは、納豆のダイエット効果や効能について詳しく紹介していきます。

①脂肪の吸収を抑える

納豆には、脂肪の吸収を抑える効果を持つ食物繊維やサポニンが含まれています。特にサポニンは強い抗酸化作用をもち、代謝を促進させて中性脂肪の吸収を抑える働きがあります。納豆を食べることはダイエット効果だけでなく、生活習慣病の予防にも効果的です。

②総コレステロールが下がる

納豆に含まれるタンパク質や食物繊維には、血中のコレステロールを減らす働きがあります。コレステロール値が上がると、動脈硬化などの健康被害が起き、脳卒中などの命にかかわる病気に繋がる危険性が高まります。総コレステロール値が高めな場合は、夜食に納豆を食べるなど食事に納豆を取り入れて、コレステロール値をコントロールしましょう。

③血流が良くなる

納豆に含まれているナットウキナーゼは、血栓を溶かし血流をよくする働きのある酵素です。血栓によって起こる病気には、脳梗塞や心筋梗塞など命に関わるものがあります。血栓は朝方にできやすいとされているため、夜に納豆を食べるとナットウキナーゼが働き血栓による病気を予防することができます。

さらにナットウキナーゼの働きで血流が良くなると代謝が上がるため、痩せやすくなる効果も期待できるでしょう。

(*納豆のダイエット効果について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

納豆ダイエットは効果ある?正しいやり方は?痩せた口コミやレシピ・食べ合わせのおすすめも紹介!

夜食に納豆を食べるダイエット中の注意点は?

夜食に食べる納豆にはダイエット効果があることがわかりましたが、いくつか注意点もあります。ここでは、夜食に納豆を食べるダイエットの注意点を紹介するので参考にしてみてください。

①タレはかけない

納豆のタレにもカロリーが含まれているので、夜食として食べる際はタレをかけずに食べるのがおすすめです。タレを入れずに混ぜた納豆は、アミノ酸によって旨味がアップします。味がなくて食べられない場合は、タレを少しずつ入れて食べられる程度まで味を調節すると良いでしょう。

②ご飯は食べない

ご飯に納豆をかけた納豆ご飯は美味しいですが、夜食で食べる場合はご飯は食べないようにするのがポイントです。ご飯には糖質が多く含まれ、夜に食べてしまうと血糖値が上がり、余分な糖質が脂肪に変わってしまうので注意してください。

③加熱しない

夜食に納豆を食べる際は、加熱をしないことも大切なポイントです。納豆に含まれているナットウキナーゼは、熱に弱い性質であるため加熱すると成分が壊れてしまいます。ナットウキナーゼは血液をサラサラして血流を促進し、代謝を向上させるダイエットに大切な成分なので、加熱調理は避けてそのまま食べましょう。

④ゆっくりよく噛んで食べる

早食いは、食欲を増進させて太る原因になります。ゆっくりよく噛んで食べることで、満腹中枢を刺激し食べ過ぎを防ぐことができます。夜食では食べすぎないことがポイントなので、咀嚼回数を増やし満腹感を得られるようにしましょう。

⑤1パックまでにしておく

夜食で食べる納豆は1パックまでにしましょう。ダイエット効果もあり健康に良いイメージの納豆ですが、食べすぎるとプリン体やセレンの摂りすぎになり痛風や下痢などの症状を引き起こす可能性があるので注意が必要です。また、納豆のカロリーは標準的なサイズの1パックあたりで100kcal程度あるので、食べすぎるとカロリーオーバーに繋がります。

⑥酢を入れる

納豆に酢を入れることで、鉄分の吸収率をあげることができます。酢は血糖値の上昇を穏やかにしたり高血圧を予防したりする効果もあるので、ダイエット効果をより高めることも出来ます。酢を入れて混ぜた納豆は泡立ちがよくなり、ふわふわとした食感になるので試してみてください。

夜食で納豆に合わせてアレンジできる食材は?

納豆は他の食材と合わせて食べることで、アレンジすることができます。夜食で納豆を食べる場合はどんな食材と合わせるのがおすすめなのかをみていきましょう。

①豆腐

豆腐は納豆と同じ大豆食品で、納豆との相性も抜群です。豆腐は高タンパク低カロリーな食材なので、ダイエット中の食事にも向いている食材です。納豆と豆腐を一緒に食べることで満腹感が高まり、食べ過ぎ防止に繋がるので、納豆だけでは物足りない場合などに活用してみましょう。

②卵

卵も納豆と合わせると良い食材の一つで、卵によって栄養価が高くなる上にまろやかさが加わり、より美味しくなるでしょう。ただし、卵の卵白に含まれているアビジンは、納豆に含まれるビオチンと結合してその吸収を妨げてしまうことで知られています。

しかし、ビオチンは納豆以外の食材にも含まれているので摂取量が不足することは少なく、過度に気にする必要はありません。ただし髪の毛や肌などの健康を保つことに役立つビタミンなので、美容効果を気にするのであれば卵白なしで卵黄のみを混ぜるなどの工夫をすると良いでしょう。

(*納豆と生卵の食べ合わせについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

納豆と生卵の食べ合わせは悪い理由とは?栄養が相殺されるって本当?

③キムチ

キムチには乳酸菌が含まれており、納豆と一緒に食べることで納豆菌が乳酸菌を増やしてくれるので、相乗効果によって腸内環境の改善が期待できます。腸内環境が悪化すると太りやすくなるので、便秘がちな人にはおすすめの食べ合わせです。また、キムチにはカプサイシンといわれる辛味成分も含まれているので、脂肪燃焼効果も期待できます。

(*納豆とキムチの食べ合わせについて詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

キムチ納豆の効果とは?健康・美容に効く?食べ合わせがおすすめな理由も解説!

夜食に納豆を食べるダイエット向きヘルシーレシピを紹介!

ここからは、夜食に納豆を食べる際のおすすめのダイエット向きレシピを紹介します。ヘルシーレシピを参考に、夜食に納豆を食べてダイエットに役立ててみてください。

①カレー納豆豆腐

出典:https://cookpad.com/recipe/1193205

カレー粉を入れることで、いつもとは一味違った納豆豆腐を食べることができます。作り方はとても簡単なので、誰でも挑戦しやすいレシピになっています。

ダイエットに♡カレー納豆冷奴or湯豆腐 by 姉ぶた 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

②卵納豆

出典:https://cookpad.com/recipe/5025452

こちらは、卵の黄身を納豆に混ぜて作る卵納豆のレシピで、白身を電子レンジで加熱して細かく混ぜることでご飯の代わりにしています。この食べ方であれば納豆に含まれるビオチンの吸収も妨げられません。

夜食に!ご飯がなくても卵納豆! by 二ココ☆彡 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

③納豆キムチアボカド

出典:https://cookpad.com/recipe/5102779

納豆・キムチ・アボカドを混ぜるだけで簡単に作ることができる納豆キムチアボカドのレシピで、3つの食材の違った食感を楽しむことができます。乳酸菌や納豆菌、食物繊維の効果で腸内環境の改善にも役立つでしょう。

腸活*痩せ菌を増やす納豆キムチアボガド by *anglique* 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが349万品

夜食の納豆はダイエット向き食材だった

納豆は食物繊維やナットウキナーゼなど健康に良い効果をもたらす成分を多く含んでいる、ダイエットにも効果的な食材です。夜食として食べる場合にもダイエット効果を期待することができるので、注意点を守って取り入れてみると良いでしょう。

関連する記事