朝食に食べるといいもの15選!ダイエット・健康向きなのは?栄養価・効果なども紹介!

朝食に食べるといいものには何があるか知っていますか?今回は、朝食に食べるといいもの15選を<健康・ダイエット>への効果・効能などおすすめな理由とともに紹介します。食べない方がいいものも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 朝食に食べるといいものには何がある?
  2. 朝食に食べるといいものの特徴・選び方
  3. 朝食に食べるといいもの15選!
  4. ①卵
  5. ②ナッツ類
  6. ③オートミール
  7. ④全粒粉パン
  8. ⑤ヨーグルト
  9. ⑥サーモン
  10. ⑦ほうれん草
  11. ⑧豆腐
  12. ⑨納豆
  13. ⑩鶏むね肉
  14. ⑪アボカド
  15. ⑫バナナ
  16. ⑬ベリー類
  17. ⑭グレープフルーツ
  18. ⑮キウイフルーツ
  19. 朝食べない方がいいものはある?
  20. 朝食に食べるといいものを生活に取り入れよう!

以下のようなものは、朝食に食べることをおすすめしません。

・菓子パン
・シリアルバー
・油を多く使った炒めもの


これらに共通するのは、脂肪分や糖分が多量に含まれているということです。朝食で脂肪分や糖分を摂りすぎてしまうと、消化が悪くなり体のだるさを引き起こす原因になってしまいます。朝食には脂肪分や糖分が少なく、タンパク質や食物繊維が豊富な食材を選ぶようにしましょう。

朝食に食べるといいものを生活に取り入れよう!

今回は健康・ダイエットへの効果の高い食材を中心に朝食に食べるといいもの15選を紹介しました。朝食に栄養豊富で健康によいものを選ぶことで、集中力も高まり体が活性化されて心身の健康づくりに役立つでしょう。今回紹介した15個の食品をぜひ朝食に取り入れてみてください。

関連する記事

×