納豆を毎日食べ続けた結果|危険性ある?美肌・美容効果など口コミとともに紹介!

納豆を食べ続けた結果どうなるか知っていますか?今回は、納豆を食べ続けた結果の<美肌>などメリットや<太る>などデメリット・危険性を口コミと共に紹介します。今回は、納豆を食べ続けた結果の<美肌>などメリットや<太る>などデメリット・危険性を口コミと共に紹介します。

目次

  1. 納豆を毎日食べ続けた結果は?どうなる?
  2. 毎日納豆を食べ続けた人の口コミ
  3. 納豆を毎日食べ続けた時の結果・メリットは?
  4. ①肌・髪の毛が健康になる
  5. ②血行が良くなる
  6. ③便秘が改善される
  7. ④免疫力が上がる
  8. ⑤痩せた・体重が減る
  9. 納豆を毎日食べ続けるデメリットは?危険性ある?
  10. ①プリン体が多いため痛風になる可能性がある
  11. ②食べ過ぎると太る原因になる
  12. ③セレンを過剰に摂取する可能性がある
  13. ④血行が良くなりすぎる可能性がある
  14. 納豆の栄養を効果的に摂れる食べ方は?
  15. ①薬味を加える
  16. ②1食につき1パックまでにする
  17. ③加熱せずに常温で食べる
  18. ④賞味期限が直近の納豆を食べる
  19. 納豆を毎日食べるのにおすすめの商品を紹介!
  20. ①おかめ納豆(77円)
  21. ②金のつぶ パキッ! とたれにおわなっとう3P(203円)
  22. ③つくば納豆製造本舗 つくば納豆 天日干し(399円)
  23. 納豆を食べ続ける時は「食べ方」に注意

納豆にはナットウキナーゼと呼ばれる酵素が含まれているので、毎日納豆を食べ続けた結果、免疫力も上がります。ナットウキナーゼは抗酸化力が高く、血栓を溶かす働きもある酵素です。そのため、血管が詰まるのを防ぎ、血行促進を促します。さらに、納豆菌による腸内環境の改善も、免疫力アップに効果的です。

腸内で善玉菌が増え、有害な病原菌を排除するのをサポートするので、納豆を食べ続けることで体全体の免疫が強化されます。また、納豆に含まれるセレンにも抗酸化力があり、免疫力のアップやがん予防、血栓症の予防につながります。

毎日納豆を食べ続けた結果、花粉症が改善したり、風邪をひきにくくなったりするなどの口コミも見られるので免疫力をつけたい人は納豆を取り入れるのがおすすめです。

⑤痩せた・体重が減る

納豆を毎日食べ続けた結果、体重が減り、ダイエットに成功した人も少なくありません。納豆は食物繊維が豊富で、便秘の改善に役立つので、体内の老廃物排出が促されます。さらに、糖質のエネルギー代謝にかかわるビタミンB1も豊富に含まれています。ビタミンB1は体内の糖質をため込まず、エネルギーにして燃焼しやすくする栄養素です。

ほかにも、納豆には大豆イソフラボンのほかにアディポネクチンも含まれていますが、これらは脂肪燃焼効果があるので「痩せホルモン」とも呼ばれています。納豆はたんぱく質も豊富で、筋肉を増やすので、毎日食べ続けることで相乗効果が得られます。食べ続けるだけで痩せやすい体が作れるので、健康的なダイエットがしたい人におすすめです。

(*納豆の栄養成分と健康効果について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

納豆の栄養成分と健康効果は?加熱OK?効果的な食べ方・食べ合わせなど解説!
納豆ダイエットは効果ある?正しいやり方は?痩せた口コミやレシピ・食べ合わせのおすすめも紹介!

納豆を毎日食べ続けるデメリットは?危険性ある?

納豆は健康や美容によい食品で、毎日食べ続けた結果、美肌やダイエットにもよいことがわかりましたが、デメリットはないのでしょうか。ここでは納豆を毎日食べ続けた結果、考えられるデメリットを口コミや体験談とともに紹介します。

①プリン体が多いため痛風になる可能性がある

納豆1パックには約57mgのプリン体が含まれているので、毎日食べ続けた結果、痛風になるリスクがあるところがデメリットです。プリン体は、そもそも細胞の核を構成する核酸の一部となる成分なので、必要不可欠な栄養素です。しかし、過剰に摂取すると痛風の原因になるため、知らないうちに納豆を食べすぎて痛風になってしまう人も少なくありません。

プリン体の1日の摂取量は400mgまでと言われているので、それを超えない程度の量の納豆を食べるようにすれば、痛風になるリスクも抑えられます。

②食べ過ぎると太る原因になる

納豆は健康によく、ダイエット中に食べる人も多い食品です。納豆には美容によい栄養素も豊富に含まれていて、ダイエットにも向いていますが、意外にカロリーが高いことは知られていません。納豆1パックのカロリーは約100kcalあるので、たくさん食べるとカロリーの過剰摂取で太ってしまいます。

無理な食事制限で、納豆を大量に食べると、かえって体重が増えてしまう場合もあるので、毎日適量をうまく取り入れる必要があります。

③セレンを過剰に摂取する可能性がある

納豆を毎日食べ続けた結果、心配なのがセレンの過剰摂取です。セレンは過剰に摂取すると髪が抜けたり、脱力感や下痢などを引き起こす成分です。1日の摂取量は成人男性で30μgまでですが、納豆には1パックあたり8μgのセレンが含まれているので、4パック以上食べると過剰摂取になってしまいます。

納豆を食べすぎて気分が悪くなった人は、もう一度食べる量を見直してセレン中毒にならないように心がけましょう。

関連する記事