ブルーベリーを毎日食べ続けた結果|効能や効果的な食べ方を口コミとともに紹介!

ブルーベリーを食べ続けた結果はどうなるか知っていますか?今回は、<白髪・糖尿病の予防>などブルーベリーを毎日食べるメリットに加え、副作用など体に悪いデメリットも紹介します。<いつ食べるのか>などブルーベリーの効果を高める食べ方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ブルーベリーを食べ続けた結果は?どうなる?
  2. ブルーベリーを毎日食べ続けた人の口コミ
  3. ブルーベリーを毎日食べ続けた結果・メリットは?
  4. ①目が良くなる
  5. ②美肌・美容効果
  6. ③糖尿病のリスクを減らす
  7. ④ダイエット・痩せる効果がある
  8. ⑤免疫力を高める
  9. ただブルーベリーの食べ過ぎは体に悪い?副作用ある?
  10. ブルーベリーの効果を高める食べ方は?いつ食べる?
  11. ブルーベリーを食べ続ける時は食べ方に注意しよう!

(*ブルーベリーの栄養素や効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ブルーベリーの栄養素と効能は?冷凍で効果倍増?食べ方の注意点なども紹介!

ただブルーベリーの食べ過ぎは体に悪い?副作用ある?

ブルーベリーの食べ過ぎによって起こりうる悪影響は以下の通りです。

・消化不良
・便秘
・アレルギー


ブルーベリーには食物繊維が豊富に含まれているため、適量であれば腸内環境の向上に役立ちますが、食べすぎると消化不良につながる恐れがあります。消化不良になった場合、腸内の水分を十分に吸収しないまま排便されるため、下痢を引き起こす原因となります。

食物繊維は、便をかさ増しすることで腸内に刺激を与え便通を促します。しかし食物繊維を摂りすぎてしまうとかえって便が硬くなり便秘が悪化する場合があるため注意が必要です。また、ツツジにアレルギーを持つ人は、ブルーベリーをアレルゲンと誤って認識し、痒みや腹痛を引き起こす場合があるため注意しましょう。

ブルーベリーの1日の摂取量は40g前後とされており、この範囲内であれば十分な健康効果が得られます。ただし、体調や体質により適量には個人差があるため、この分量を目安として具合をみながら適量を摂取するよう心がけましょう。

(*ブルーベリーを食べ過ぎた場合について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ブルーベリーの食べ過ぎに注意?下痢・便秘や太る原因に?適量の目安など紹介!

ブルーベリーの効果を高める食べ方は?いつ食べる?

ブルーベリーの栄養効果をより高めるための食べ方は以下の通りです。

・複数に分ける
・冷凍する
・ヨーグルトと食べる
・他の野菜や果物と一緒に摂取する


ブルーベリーに含まれるアントシアニンやビタミンCの効果は、摂取後3〜4時間しか持続しません。栄養をより効果的に得るためには、摂取タイミングを複数回に分けるようにしましょう。また、これらの栄養素は冷凍することにより栄養が増すため、冷凍してから食べることもおすすめです。

ブルーベリーは栄養が豊富な野菜や果物、ヨーグルトなどと食べ合わせることで相乗効果が得られ、より効率的に抗酸化物質を摂取することができます。スムージーやサラダに入れたり、ヨーグルトに混ぜて食べたりして様々なアレンジを加えながら、健康な食事を楽しんでみてください。

(*冷凍ブルーベリーの栄養効果について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ブルーベリーの冷凍で栄養価が上がる?保存方法や賞味期限は?レシピのおすすめも紹介!

ブルーベリーを食べ続ける時は食べ方に注意しよう!

目に良いイメージがあるブルーベリーですが、実は抗酸化物質が豊富で美容や健康に嬉しい効果がたくさん詰まったフルーツです。1日の摂取量を守れば、毎日食べ続けることで病気の予防や美肌にも繋がります。今回の記事を参考にブルーベリーを積極的に取り入れ、美味しく健康な食生活を楽しんでみてください。

関連する記事