冷奴のカロリー・糖質は高い?太る?ダイエット向きの食べ方やアレンジレシピも紹介!

【管理栄養士監修】冷奴のカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、冷奴のカロリー・糖質量を木綿豆腐や他の豆腐製品などと比較しながら紹介します。冷奴のダイエット向きの食べ方・トッピングやヘルシーなアレンジレシピも紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 柳田ゆい
Instagram FaceBook Ameba
管理栄養士調理師薬膳インストラクター薬膳食療法専門指導士 。 保育園や小学校の給食調理、献立作成、食育などに携わってきました。...
Instagram FaceBook Ameba
管理栄養士調理師薬膳インストラクター薬膳食療法専門指導士 。 保育園や小学校の給食調理、献立作成、食育などに携わってきました。 その中で食の大切さを再認識し、現在は、“食育薬膳""料理教室【結ぶキッチン】を主宰しています。 食や健康について、楽しく知っていただけるよう、お伝えしていけたらと思っています。

目次

  1. 冷奴のカロリー・糖質は高い?太る?
  2. 冷奴(1丁・100g)のカロリー・糖質量
  3. 冷奴のカロリー・糖質量を他の豆腐製品と比較
  4. 冷奴のカロリーを他の小鉢料理と比較
  5. 冷奴のダイエット向きの食べ方は?
  6. 栄養バランスを考えて食べる
  7. トッピングを工夫する
  8. よく噛んで食べる
  9. 冷奴のダイエット向きの食べ合わせ・トッピングは?
  10. ①塩こんぶ
  11. ②青ネギ
  12. ③生姜
  13. 冷奴の食べ過ぎには要注意?理由は?
  14. ①イソフラボンの過剰摂取
  15. ②水分の取りすぎ・体の冷えによる下痢
  16. ③カロリー不足で痩せにくい体になる
  17. 冷奴のダイエット向きアレンジレシピ
  18. ①トマトの冷奴(66kcal)
  19. ②夏野菜の冷奴(49kcal)
  20. ③高菜と鶏そぼろの冷奴(151kcal)
  21. 冷奴を活用してダイエット

夏に火照った体を冷ましてくれる冷奴ですが、体を冷やしすぎるとダイエット効果が薄くなってしまいます。糖質量が低いため、食事の始めに食べる方が多いと思いますが、そうすると臓器を冷やしてしまい血行が鈍り、消化機能の低下につながります。

朝食で食べる場合にはより注意が必要です。冷たい冷奴を朝いちばんに摂取してしまうと、一日中体が冷えた状態が続いてしまいます。冷たさを緩和させるために、冷蔵庫から出してすぐではなく、常温になるまでしばらく置いてから食べるようにしましょう。

柳田ゆい

管理栄養士

冷奴ではなく、湯豆腐にすると体も暖まり冷えを緩和することが出来ます。 冷奴と湯豆腐、上手く使い分けて摂取出来ると良いですね。

③カロリー不足で痩せにくい体になる

豆腐には栄養成分が豊富で、カロリー・糖質も少ないので、冷奴だけ食べていたら十分と思う方もいるでしょうが、それも良くありません。食べる量を減らすダイエットは、始めに大きく体重が落ちやすいです。しかし、それも最初だけで、ある程度のところで止まってしまいます。

体はカロリーが足りない分、体内の筋肉をエネルギーに変えていきます。脂肪燃焼をサポートする筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝量も落ち、逆に痩せにくい体になってしまいます。食事で極端なダイエットをするのではなく、バランス良く食べて適度な運動をするのが大切です。

柳田ゆい

管理栄養士

足りないカロリーや栄養士を補うためにも、トッピングや組み合わせる食材は大切です。 ビタミン、ミネラル豊富な野菜と組み合わせるのも良いですね。

(*冷奴(豆腐)の食べ過ぎによるデメリットについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

豆腐の食べ過ぎは危険?病気や生理不順になる?1日の摂取量目安など紹介!

冷奴のダイエット向きアレンジレシピ

ここからは、冷ややっこを色々な味わいで愉しめるヘルシーなアレンジレシピを紹介します。

①トマトの冷奴(66kcal)

いつもの薬味に少し飽きた時におすすめのレシピです。トマトと塩昆布で栄養もバランス良く摂れます。簡単に作れて、食卓が華やかになるのも魅力です。

あと一品に!3分で!トマトと塩昆布の冷奴 by mari*314 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが326万品

②夏野菜の冷奴(49kcal)

夏の暑さで食欲がない日は夏野菜と冷奴をさっぱりと一緒に食べましょう。生姜はチューブでもいいですが、生生姜をみじん切りにして混ぜると食感も変わり、より美味しくなります。

簡単!ヘルシーな、『夏野菜の冷やっこ』 by cook☘️frog 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが326万品

③高菜と鶏そぼろの冷奴(151kcal)

生姜入りの温かい鶏そぼろを乗せると、体を冷やさずに冷奴を食べることができます。タンパク質も多く摂れ、ごはんのおかずにも、お酒のおつまみにもなる一品です。

関連する記事

×