ノンアルコールビールで太る・痩せるは飲み方次第。理由や商品のおすすめを紹介!

ノンアルコールビールは太るのでしょうか?痩せるイメージですが、太ると言われる理由は何でしょうか?今回は、アサヒやトクホなどのノンアルコールビールは太るのかや、ノンアルコールビールは寝る前に飲んでも大丈夫なのかを紹介します。ノンアルコールビールのダイエットにおすすめなカロリーゼロ・糖質ゼロの商品の他、肝臓や健康への影響・デメリットなど太る以外の懸念点も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ノンアルコールビールは太るって本当?
  2. ノンアルコールビールは太る?痩せる?ダイエット中の注意点を紹介!
  3. ノンアルコールは普通のビールより太りにくい
  4. カロリー・糖質が高いものは太る可能性も
  5. 寝る前など飲むタイミングにも注意が必要
  6. ノンアルコールビールが太ると言われる理由は?
  7. ①飲み過ぎによるカロリー・糖質過多
  8. ②炭酸に食欲増進効果がある
  9. ③人工甘味料に糖分摂食行動を促進する効果がある
  10. ④そもそもおつまみを食べ過ぎている
  11. ノンアルコールビールは太る以外に懸念点はある?肝臓・健康へ悪影響やデメリットは?
  12. ノンアルコールであれば肝臓に悪影響はない
  13. 毎日飲む場合は添加物に注意
  14. ノンアルコールビールのダイエットにおすすめ8選!
  15. ①キリン カラダFREE(カラダフリー)(0kcal/1.7g)
  16. ②サントリー からだを想うALL-FREE (オールフリー) (0kcal/0g)
  17. ③ アサヒ ヘルシースタイル(0kcal/0g)
  18. ④アサヒ ドライゼロフリー(0kcal/0g)
  19. ⑤アサヒ ドライゼロ(0kcal/0g)
  20. ⑥ヴェリタスブロイ(40kcal/炭水化物8.3g)
  21. ⑦日本ビール 龍馬1865(12kcal/2.9g)
  22. ⑧キリン グリーンズフリー(32kcal/7.4g)
  23. ダイエット中はカロリーゼロ・糖質ゼロのノンアルコールビールを選ぼう!

ノンアルコールビールは太るって本当?

ノンアルコールビールはアルコールが苦手な人や、運転する時に便利です。なかには、アルコールや糖質が少ないので、ダイエット中にノンアルコールビールに変えたという人もいますが、ノンアルコールビールは太らないのでしょうか。ここでは、ノンアルコールビールが太るのかについて紹介します。

ノンアルコールビールは太る?痩せる?ダイエット中の注意点を紹介!

ノンアルコールビールは、一般的にアルコールを摂取したくない時に飲まれることが多いですが、ダイエット中に飲んでもよいのでしょうか。ここでは、ノンアルコールビールの太りやすさや、ダイエット中の取り入れ方について紹介します。

ノンアルコールは普通のビールより太りにくい

100gあたり カロリー 糖質
アサヒスーパードライ(アルコールあり) 42kcal 3.0g
アサヒドライゼロ(ノンアルコール) 0kcal 0g

ノンアルコールビールが普通のビールよりも太りにくい理由を、以下に紹介します。

・アルコールによる食欲増進効果がない
・カロリーや糖質が少ない

ノンアルコールビールは、アルコールだけでなく、カロリーや糖質も含まれていないものが多いです。人気のアサヒスーパードライと、同じアサヒのドライゼロを比較しても明らかで、ドライゼロの方はカロリーも糖質も含まれていません。そのため、普通のビールよりもノンアルコールビールのほうが太りにくいです。

また、お酒に含まれるアルコールには食欲増進効果がありますが、ノンアルコールビールは食欲を刺激しません。お酒を飲んでいると、気分がよくなり食べ過ぎてしまうことも多いですが、ノンアルコールビールの場合は自制心が働き、無駄な食べ過ぎも防げます。そのため、いつものビールをノンアルコールビールに変えれば、太りにくい飲み方ができます。

カロリー・糖質が高いものは太る可能性も

ノンアルコールビールは普通のビールよりも太りにくい飲み物ですが、中にはカロリーや糖質が多く含まれている製品もあるので注意が必要です。ダイエット中で、ビールよりもカロリーや糖質が少ないノンアルコールビールを楽しみたいなら、カロリーゼロのノンアルコールビールを探すことが大切です。

よりダイエット中に向いているノンアルコールビールを探したいときは、機能性表示食品や特定保健用食品(トクホ)が参考になります。機能性表示食品に指定されているオールフリーはカロリーや糖質が含まれていないだけでなく、内臓脂肪を減らす効果が期待されているティリロサイドという成分が含まれています。

また、アサヒのヘルシースタイルは血中中性脂肪の上昇をおだやかにする効果が期待されているトクホの製品です。特定保健用食品(トクホ)でも、一緒に食べるおつまみが高カロリーで脂肪が多くなると、あまり意味がありません。

寝る前など飲むタイミングにも注意が必要

ダイエット中にノンアルコールビールを飲む場合は、飲むタイミングに注意を払うことも大切です。人の体内にはBMAL-1と呼ばれるたんぱく質があり、BMAL-1が働くと余った脂肪がより体内に蓄えられます。BMAL-1が一番活発に働くのは22時~深夜2時なので、この時間帯にノンアルコールビールやおつまみを摂取すると太りやすいです。

寝る前のカロリーを摂取すると、エネルギーが消費されにくいという話もあるので、ノンアルコールビールを楽しむ時は寝る前を避けて早めの時間帯にするのがおすすめです。

ノンアルコールビールが太ると言われる理由は?

ノンアルコールビールの中にはカロリーや糖質が少ないものもあり、食欲も抑えられるので太りにくいはずです。しかし、実際にはノンアルコールビールが太ると言われることもあります。ここでは、ノンアルコールビールが太るといわれる理由について紹介します。

①飲み過ぎによるカロリー・糖質過多

市販のノンアルコールビールの種類は多く、カロリーや糖質が普通のビールよりも少ないとはいえ、飲み過ぎるとカロリーや糖質の取りすぎにつながります。アルコールが入っていれば、二日酔いなどを警戒して量を控えることもできますが、ノンアルコールビールは酔う心配がないので飲み過ぎる場合も多いです。

そのため普通のビールよりもたくさん飲んで、過剰なカロリーや糖質の摂取につながれば、太る結果になります。

②炭酸に食欲増進効果がある

ノンアルコールビールはアルコールによる食欲増進効果がありませんが、炭酸の食欲増進効果で食欲が刺激される場合があります。炭酸はたくさん飲むとお腹が膨れて満腹効果が得られますが、少し飲むだけであれば胃が刺激されて食欲も出ます。

気が付かないうちに食欲が刺激されて、おつまみや食事をたくさん取ってしまうと、結果的にカロリーや糖質の過剰摂取となり太る場合があるので注意してください。

③人工甘味料に糖分摂食行動を促進する効果がある

人工甘味料は急激な血糖値の上昇を抑えられるので、太りにくい調味料です。しかし、農畜産業振興機構の調査によると血糖値が上がらないことで、むしろ糖分摂食行動が促進されることがあるとされています。甘いものを食べても血糖値が上がらないので脳が反応し、よりたくさん食べ物を摂るように働きます。

また、人工甘味料に慣れるとより強い甘みを欲する場合もあるようです。ノンアルコールビールの中には、人工甘味料で甘みをつけているものもありますが、反対に食欲や甘いものを欲しがる気持ちを刺激する場合もあるので気を付けてください。

④そもそもおつまみを食べ過ぎている

カロリーや糖質が少ないノンアルコールビールを飲んでいても太る場合は、おつまみや食事を食べ過ぎているケースも少なくありません。お酒に合うおつまみは揚げ物や脂肪の多い肉類など、高カロリーな食品や糖質の多いものがたくさんあります。

ノンアルコールビールでカロリーや糖質を抑えても、一緒に食べるおつまみでカロリー過多になると、結果的に太ることになります。

ノンアルコールビールは太る以外に懸念点はある?肝臓・健康へ悪影響やデメリットは?

ノンアルコールビールは飲み過ぎやおつまみの食べ過ぎで太ることがありますが、ほかにも心配すべき点があります。ここでは、太る以外に考えられる、ノンアルコールビールのデメリットや健康に与える悪影響について紹介します。

ノンアルコールであれば肝臓に悪影響はない

アルコールを飲むと、体内でアルコールを分解するために肝臓が働き負担をかけますが、ノンアルコールビールはその心配はありません。肝臓は普段からアルコール以外のたんぱく質や糖質、脂肪などの分解や代謝に関わる臓器です。

ノンアルコールビールを飲むと、アルコールの分解をする必要がないので、その分肝臓は通常の代謝活動に力を発揮できます。そのため、肝臓の負担を減らしたいときはノンアルコールビールを飲むほうがおすすめです。

毎日飲む場合は添加物に注意

ノンアルコールビールを頻繁に飲む場合は、すでに触れた人工甘味料などの添加物に注意が必要です。ノンアルコールビールにはビールの味に近づけるため、人工甘味料のほか着色料や保存料、酸化防止剤などの添加物が多く含まれます。これらの添加物は取りすぎるとアレルギー反応を起こすなどの健康被害を起こす場合があるので、毎日飲む人は注意してください。

ノンアルコールビールのダイエットにおすすめ8選!

ノンアルコールビールは飲み方に注意すれば、カロリーや糖質を抑えられてダイエット中でも楽しめます。ここでは、よりダイエット中におすすめのノンアルコールビールを8種類紹介します。カロリーゼロの製品や、脂肪をためにくくする製品もあるので、参考にしてください。

①キリン カラダFREE(カラダフリー)(0kcal/1.7g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/soukaidrink/4901411110189/?iasid=07rpp_10095___ey-kvq6vqwt-3k-8204ceb6-6fba-4c8b-a291-f77ccbccce3d

キリンから発売されているからだFREEは、健康に配慮したノンアルコールビールで、お腹周りの脂肪を減らす効果が期待できます。カロリーゼロでダイエット中にも飲みやすく、独特の苦みがあります。

糖質はゼロではなく、やや含まれていますが普通のビールよりも少ないので飲み過ぎなければ問題はありません。味わいはさっぱりした酸味が強い印象で、キレのあるのど越しが楽しめます。

楽天市場│キリン カラダFREE(カラダフリー)

②サントリー からだを想うALL-FREE (オールフリー) (0kcal/0g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/f105210-itakura/58550143/

サントリーから発売されている、からだを想うオールフリーもダイエット中におすすめノンアルコールビールで、カロリーも糖質もゼロの製品です。糖質ダイエットをしている人でも安心して飲めるノンアルコールビールで、さらに内臓脂肪を減らす効果が期待できます。

製造過程で、内臓脂肪を減らす働きがあるローズヒップ由来ティリロサイドを添加しており、生活習慣病の予防などにもおすすめです。フルーティーな酸味が特徴で飲みやすく、後味に苦みを感じます。軽い口当たりのお酒が好きな人に人気があります。

楽天市場│サントリー からだを想う ALL-FREE オールフリー

③ アサヒ ヘルシースタイル(0kcal/0g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/drink-senmonten/21010465/

アサヒから発売されているノンアルコールビールの中でも、特に健康に配慮したい人におすすめのノンアルコールビールがヘルシースタイルです。トクホに指定されている製品で、食事中の血糖値の上昇を穏やかにする効果が期待できます。カロリーと糖質はともにゼロでダイエット中でも安心して楽しめるビールで、炭酸の心地よい刺激にすっきりしたキレがあります。

同じアサヒのドライゼロなどと比較すると、ややコクや旨味が少ない印象ですが、血糖値の上昇を抑えるなど、ダイエット効果を重視したい人におすすめです。

楽天市場│アサヒ ヘルシースタイル

④アサヒ ドライゼロフリー(0kcal/0g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/sanchoku-shop/1190/

アサヒのドライゼロフリーはアルコールだけでなく、カロリーや糖質もゼロなうえに人工甘味料やプリン体も含まれていないヘルシーなノンアルコールビールです。ビールはプリン体が多く、痛風も心配ですが、ドライゼロフリーは安心して飲むことができます。お酒が好きでも痛風が気になる人や、人工甘味料などの添加物が心配な人に向いています。

ただし、ドライゼロよりもビールテイストは控えめで、すっきりした味わいです。酸味が強く、後味に独特の苦みも特徴です。

楽天市場│アサヒ ドライゼロフリー

⑤アサヒ ドライゼロ(0kcal/0g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/nomnomenter/dryzero/?iasid=07rpp_10095___e3-kvq748yl-2gj-2858cc8a-3047-4867-bd4f-c8bf6fe6f72c

アサヒのドライゼロは、ビールに近い味わいを再現していると人気のノンアルコールビールです。アルコールは控えたくてもお酒の味わいを楽しみたいという人におすすめで、ビールらしいキレやコクがあります。カロリーや糖質はゼロなのでダイエット中でも安心で、缶のデザインもスーパードライによく似ているのでお酒を飲んでいる雰囲気もしっかり楽しめます。

ただし、人工甘味料などの添加物は含まれているので、気になる人はドライゼロフリーやほかの無添加ノンアルコールビールを探す方がおすすめです。

楽天市場│アサヒ ドライゼロ

⑥ヴェリタスブロイ(40kcal/炭水化物8.3g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/cbeer/20030102/#20030102

ヴェリタスブロイはビールの本場であるドイツで作られた本格的なノンアルコールビールです。カロリーはありますが、脂肪分がゼロなのでダイエット中にもおすすめです。魅力的なのはヴェリタスブロイの味わいで、人工甘味料などは使わずに作られているのに本格的なビールに近い味を再現しています。

お酒の味が好きな人からも人気で、飲み過ぎなければ脂肪分やカロリーも抑えられてダイエットにもよいノンアルコールビールです。

楽天市場│ヴェリタスブロイ

⑦日本ビール 龍馬1865(12kcal/2.9g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/kakuyasu-liquor/b264331/

坂本龍馬のデザインが印象的なノンアルコールビールで、カロリーや糖質は少し含まれています。しかし、プリン体や人工甘味料などの添加物を含まない無添加ノンアルコールビールとして人気も高いです。泡立ちは少ないもののコクのある甘みや香ばしさがあり、ビールテイストも申し分のない味わいです。

お酒の味が好きな人からも注目されているノンアルコールビールなので、アルコールを控えたいけれどお酒の味わいを楽しみたいときに試してみてください。

楽天市場│日本ビール 龍馬1865

⑧キリン グリーンズフリー(32kcal/7.4g)

出典:https://item.rakuten.co.jp/liquor-boss/23884c2/?iasid=07rpp_10095___e6-kvq7csu1-92-338f4953-483d-4f2d-8370-f66fdc87f8d6

キリンから発売されているグリーンズフリーは人工甘味料などの添加物を使わずに仕上げた無添加のノンアルコールビールです。カロリーや糖質はありますが、添加物に注意したい人におすすめです。焼酎に近い穀物の甘みがあり、お酒の味が好きな人からも人気があります。

さっぱりした味わいが多いノンアルコールビールの中で、ややしっかりした味わいに仕上げているところも特徴です。

楽天市場│キリン グリーンズフリー

ダイエット中はカロリーゼロ・糖質ゼロのノンアルコールビールを選ぼう!

ノンアルコールビールはお酒を控えたい時に飲まれますが、ダイエット中にもおすすめです。カロリーや糖質を抑えることができるほか、血糖値の上昇を抑えたり、脂肪の蓄積を抑えたりするなどのダイエットによい効果が得られるものもあります。ダイエット中でもお酒の味わいを楽しみたい時は、カロリーや糖質がゼロのノンアルコールビールを楽しんでみてください。

関連する記事