缶コーヒーは体に悪い?毎日飲むとどうなる?理由や1日何本までか解説!

缶コーヒーは体・健康に悪いと言われていますが理由を知っていますか?有害なイメージはありませんが、毎日飲むとどうなるのでしょうか?今回は、缶コーヒーが体に悪いと言われる理由を〈無糖・微糖〉の缶コーヒーを含め、糖尿病など副作用や正しく飲めば期待できる効果とともに紹介します。缶コーヒーは一日何本までかや、体に悪くない無糖の缶コーヒーのおすすめ商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 缶コーヒーが体に悪いって本当なの?
  2. 缶コーヒーが体・健康に悪いと言われる理由は?毎日飲むとどうなる?
  3. ①大量の砂糖により血糖値が急激に上昇する
  4. ②カフェインの過剰摂取の危険性
  5. 缶コーヒーは無糖や微糖であっても体に悪いの?害はある?
  6. 無糖・微糖の缶コーヒーでも人工甘味料が含まれている
  7. 缶コーヒーは体に悪くないのは一日何本まで?正しい飲み方は?
  8. 缶コーヒーは一日3本以内にしよう
  9. 可能な限り無糖で添加物が含まれていない缶コーヒーを飲もう
  10. 缶コーヒーは体に悪いだけではない?期待できる効果・効能は?
  11. コーヒーの体に悪くないおすすめ商品は?【無糖&添加物なし】
  12. ①UCC ブラック無糖 缶
  13. ②サントリー ボス 無糖ブラック
  14. ③ダイドーブレンド デミタスブラック
  15. 缶コーヒーは飲み過ぎなければ体に悪いわけではない

缶コーヒーが体に悪いって本当なの?

出典:https://news.livedoor.com/article/detail/12247368/

無糖や微糖などの様々な味わいを気軽に楽しめる缶コーヒーですが、砂糖や添加物が入っていて体に悪いとも言われています。ここからは、缶コーヒーが体に悪い理由や毎日飲むことによる危険性と、正しく飲むと得られる効果について紹介します。

缶コーヒーが体・健康に悪いと言われる理由は?毎日飲むとどうなる?

出典:https://kakakumag.com/food/?id=14289

コンビニや自動販売機などで気軽に購入できる所がメリットの缶コーヒーですが、危険性について知っている人は多くいません。ここでは缶コーヒーが体に悪い理由と、毎日飲んだ際の危険性について紹介します。

①大量の砂糖により血糖値が急激に上昇する

100mlあたり 角砂糖の数 糖質
ワンダ(缶コーヒー) 3個 6.8g
ボス(缶コーヒー) 3個 6.9g
ジョージア(缶コーヒー) 3個 6.9g
コーラ 4個 11.3g
ジンジャーエール 3個 8.3g
三ツ矢サイダー 4個 11g

上記は微糖の缶コーヒーや砂糖入りの飲料を、糖質と角砂糖の数で表にしたものです。缶コーヒーに含まれる糖質量は平均7gほどに対し、コーラや三ツ矢サイダーは約11gも入っていて、100mlだけでも3〜4個の角砂糖を摂ることと変わりません。

なお、缶コーヒーを一本飲む場合は2倍ほどの糖質を摂ることになります。一日の糖質摂取目安量である25gの約半分以上を摂取してしまうので、甘い缶コーヒーを飲む際は注意しましょう。また、大量の砂糖を摂ることで血糖値が急上昇し、以下のような症状が出る恐れがあるので注意が必要です。

・眠気
・頭痛や吐き気
・気絶

血糖値が急激に高くなると、眠気やだるさ等の症状が現れるようになります。次に、血糖値を下げる働きをするインスリンが膵臓から過剰に分泌され、血糖値が大きく下がります。低血糖の状態になると、頭痛や吐き気などの他に、気を失う恐れがあるので注意しましょう。

また、血糖値が安定しない生活を長期的に続けると、肥満の原因になる上に、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病にかかる恐れがあります。

(*缶コーヒーの糖質量について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

缶コーヒーのカロリー・糖質を種類別で比較!ダイエット効果や飲み方のコツも紹介!

②カフェインの過剰摂取の危険性

缶コーヒーに含まれるカフェインを過剰に摂取した場合、以下のような症状が出る恐れがあることを厚生労働省のホームページで呼びかけています。

・心拍数の増加、一時的な興奮作用
・めまい、震え
・不安感や吐き気
・不眠症
・下痢


これらの症状は一度に大量のカフェインを摂ることで起こり、重度になると意識障害や心停止に至る恐れがあります。重篤以外の場合は安静にして、カフェインが体内で代謝されるのを待つしかありません。また、缶コーヒー以外にコーラやお茶、医薬品にもカフェインが含んでいる場合があるので、成分表示を確認することが重要です。

カフェインを過剰に摂取した場合には、中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気等の健康被害をもたらすことがあります。

(*缶コーヒーのカフェイン含有量について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

缶コーヒーのカフェイン含有量ランキングTOP11!多い・少ない商品を一覧で紹介!

缶コーヒーは無糖や微糖であっても体に悪いの?害はある?

出典:https://biz-journal.jp/2016/02/post_13956.html

健康志向の高まりにより、無糖の缶コーヒーを毎日飲む人が増えていますが、体に害があるか知っている人は少数です。また、微糖の缶コーヒーは砂糖の他に体に悪い添加物が入っているのでしょうか。ここでは、無糖や微糖の缶コーヒーが体に悪いのかについて紹介します。

無糖・微糖の缶コーヒーでも人工甘味料が含まれている

関連する記事

×