りんごのカロリー・糖質は高い?太る?ダイエット効果や食べ方のおすすめを紹介!

【管理栄養士監修】りんごのカロリー・糖質量を知っていますか?今回は、りんご(1個)のカロリー・糖質量を他の果物と比較しながら紹介します。りんごのダイエット効果や、効果的な食べ方に加えて、毎日食べたら太るのかについても紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. りんごのカロリー・糖質量は高い?【写真】
  2. りんご(1個)のカロリー・糖質【写真】
  3. りんご(100g)のカロリー・糖質量を果物類と比較
  4. りんごの栄養価と効能は?ダイエットに効果ある?
  5. ①食物繊維|整腸効果・便秘解消
  6. ②カリウム|むくみ解消
  7. ③ポリフェノール|脂肪の燃焼
  8. ④フルクトース(糖質)|血糖値が上がりにくい
  9. りんごのダイエットに効果的な食べ方は?
  10. ①皮付きで食べる
  11. ➁定期的に食べる
  12. ③加熱して食べる
  13. りんごを毎日食べたら太る?
  14. 太ることはないが食べ過ぎはNG
  15. 1日の摂取量の目安
  16. りんごをダイエットに活用しよう

りんごを毎日食べたら太る?

身体に嬉しい効果が多くある事は分かりましたが、果糖のように取り過ぎれば逆効果を生む栄養素もあり、どれくらいを目安にすればいいかを紹介します。

太ることはないが食べ過ぎはNG

最初の表での比較しましたが、りんごやバナナなどの果物は、低カロリーで糖質も果糖なので太りにくく、食物繊維やポリフェノールなど体に嬉しい効果を持つ栄養素が含まれているので、毎日継続して適量を食べる方が良いでしょう。

ただ、果糖には、血糖値が上がりにくいといった効能はあるものの、中性脂肪になりやすいといったデメリットもあるので、食べ過ぎは禁物です。

(*りんごの食べ過ぎについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

りんごを食べ過ぎると太る?腹痛・便秘の原因に?1日の適量も紹介!
果物は太る?食べ過ぎはNG?ダイエット向きの食べ方や痩せる果物を紹介!

1日の摂取量の目安

果物の1日の摂取目安量は、合計で200gが目安とされており、りんごに当てはめると1個分の量になります。また低カロリーで栄養価の高いりんごですが、りんごばかり食べると栄養バランスが偏ってしまうので、毎日同じものばかり食べないようにしましょう。

りんごをダイエットに活用しよう

昔から親しまれているりんごですが、栄養価も高く低カロリーで太りにくい果物です。食生活に上手に取り入れながら、楽しく健康的にダイエットしましょう。

関連する記事

×