体に悪い飲み物ランキング15選!ジュースや炭酸が危険な理由とともに紹介!

体に悪い飲み物にはどのようなものがあるのでしょうか?ジュースや炭酸飲料は特に体に悪いイメージがありますよね。今回は、体に悪い飲み物ランキング15選を、理由を紹介します。体に悪い飲み物の<添加物・糖分・カフェイン>が多いなどの特徴についても紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 体に悪い飲み物には何がある?特徴は?
  2. ①添加物が多い
  3. ②糖分が多い
  4. ③カフェインが多い
  5. 体に悪い飲み物ランキング15選!
  6. 15位:水
  7. 14位:牛乳
  8. 13位:ペットボトルのお茶
  9. 12位:紅茶
  10. 11位:特保飲料
  11. 10位:フルーツスムージー
  12. 9位:カロリー・糖質0の飲み物
  13. 8位:コーヒー
  14. 7位:低果汁飲料
  15. 6位:ノンアルコール飲料
  16. 5位:炭酸飲料
  17. 4位:スポーツドリンク
  18. 3位:お酒
  19. 2位:エナジードリンク
  20. 1位:栄養ドリンク
  21. 体に悪い飲み物の飲み過ぎに注意しよう

アルコール依存症とは、アルコールを繰り返し多量に摂取した結果、アルコールに対し依存を形成し、生体の精神的および身体的機能が持続的あるいは慢性的に障害されている状態をいいます。
老若男女を問わず、長期間多量に飲酒をすれば誰でもアルコール依存症になる可能性があります。

厚生労働省の健康情報サイトでも上記のように述べられており、長期間にわたるお酒の飲み過ぎはアルコール依存症の原因となるため危険だと言えます。

2位:エナジードリンク

出典:https://i.pinimg.com/736x/82/77/2c/82772cde38f13ad4544eb9e85ce41e54.jpg

エナジードリンクとはカフェインやアミノ酸、ビタミンなどを添加した飲料のことであり、眠気覚ましやリフレッシュのために飲む人が多くいます。エナジードリンクの危険性は、カフェインの量にあります。

市販されているエナジードリンクや眠気覚まし用の清涼飲料水の成分表示の多くは、100 mL当たりの濃度で書かれています。缶や瓶1本当たりにすると、コーヒー約2杯分に相当するカフェインを含むものもありますので、1日に何本も飲まないように注意しましょう。

農林水産省のサイトで上記のような注意喚起がされるほどに、エナジードリンクの過剰摂取はハイリスクです。カフェインを過剰摂取すると中枢神経系が刺激され、めまい・心拍数の増加・不安・震え・不眠・下痢・嘔吐が起こります。特に妊婦がカフェインを大量に摂取すると、低体重児が生まれるリスクが増加するので、エナジードリンクの飲用は避けましょう。

(*エナジードリンクが体に悪いかどうかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

デカビタは体に悪い?チャージは砂糖の量が多く飲み過ぎに注意?
レッドブルの飲み過ぎは体に悪い?毎日は危険?1日何本かや飲み方のコツも紹介!

1位:栄養ドリンク

出典:https://i.pinimg.com/564x/90/4a/3e/904a3ec6a1fde09947e14de7d08ed842.jpg

栄養ドリンクは医薬品や医薬部外品に分類され、疲労回復や健康維持を目的に飲用します。ほとんどの栄養ドリンクに1日1本までと記載があるように、飲み過ぎは健康を害する危険があります。

栄養ドリンクの注意すべき点の一つが、多量のカフェインです。カフェインには覚醒作用があるので、栄養ドリンクを飲み過ぎると中枢神経系が過剰に刺激され、健康に様々な悪影響をもたらす危険性が高まります。

栄養ドリンクに多く含まれている糖分や、ビタミンなどの栄養素にも注意が必要です。これらの栄養素は疲労を回復させて、体のエネルギーとするために添加されていますが、栄養ドリンクを飲み過ぎると過剰症を引き起こす可能性があります。特に水に溶けない脂溶性ビタミンは体に蓄積され、頭痛・吐き気・胃腸障害・骨粗しょう症などのリスクが高まります。

体に悪い飲み物の飲み過ぎに注意しよう

この記事では体に悪い飲み物ランキングという形式で、飲み過ぎると健康を害する恐れがある飲み物を15種類紹介しました。この体に悪い飲み物ランキングを参考にして、飲み物は適量の摂取を心がけるようにしましょう。

関連する記事

×