舞茸を毎日食べ続けた結果・メリット|口コミや効果的な食べ方も紹介!

舞茸を毎日食べ続けた結果どうなるか知っていますか?今回は、舞茸を食べ続けた場合の効果や食べ過ぎのデメリットを口コミとともに紹介します。舞茸の一日に食べる量など効果的な食べ方・レシピも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 舞茸を毎日食べ続けた結果・効果は?どうなる?
  2. 舞茸を食べ続けた人の口コミを見てみると…
  3. 舞茸を毎日食べ続けた場合の結果・メリットは?
  4. ①むくみ解消
  5. ②ダイエット効果
  6. ③抗酸化作用
  7. ④骨・歯の生成を補助する
  8. ただし舞茸の食べ過ぎはNG?
  9. 舞茸の効果を高める食べ方は?
  10. ①食べる量は1日に30~40g程度
  11. ②油と一緒に加熱調理して食べる
  12. ③食べ合わせにも気を遣う
  13. 舞茸を美味しく食べ続けられるレシピを紹介!
  14. ①舞茸の炊き込みご飯
  15. ②ボリューム満点な舞茸スープ
  16. ③鮭と舞茸のバター焼き
  17. 舞茸を食べ続ける場合は食べ方に注意しよう

ビタミンDは、骨の材料となるカルシウムやリンの吸収を促進する働きがあり、骨・歯の生成を補助する骨の健康を守るうえで欠かせない栄養素です。また、高齢者の骨粗鬆症予防の効果にも期待できます。

(*舞茸の栄養素や効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

舞茸の栄養素と効能は?ダイエット・美容に効果あり?調理法・レシピのおすすめも紹介!

ただし舞茸の食べ過ぎはNG?

舞茸を過剰に食べ続けた結果は、以下の通りです。

・便秘になったり下痢になったりする
・腹痛を引き起こす
・吐き気を催す


食物繊維は適切な量の摂取であれば美容と健康への効果はありますが、過剰に食べ続けた結果は、腸に刺激を与えすぎて、下痢や腹痛を引き起こす原因になります。

きのこには微量ですが有毒成分・シアンが含まれており、舞茸を食べ過ぎたり生焼けだったりする場合に吐き気などの中毒症状を引き起こすことがあります。しかしシアンは加熱することで無害化するため、加熱調理して適切な量を食べるのであれば問題はありません。

(*舞茸の食べ過ぎについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

舞茸を食べ過ぎるとどうなる?腹痛・下痢の原因に?1日の摂取量の目安も紹介!

舞茸の効果を高める食べ方は?

舞茸をどのように食べたら、健康やダイエットのために効果的なのでしょうか。ここでは、舞茸の効果を高める食べ方と一日に食べる量の目安を紹介します。

①食べる量は1日に30~40g程度

舞茸の1日の適正摂取量は多くても1日に100g(1袋)くらいまでとされています。ただし、毎日取り入れる場合には、健康増進が期待できる1日に30~40g程度を目安にすると良いでしょう。食べすぎて食物繊維などの栄養バランスが悪くなるとダイエットには逆効果です。

②油と一緒に加熱調理して食べる

脂溶性に分類されるビタミンは、以下の通りです。

・ビタミンA
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンK


油脂に溶ける脂溶性ビタミンは、油と一緒に摂ることで吸収されやすくなる栄養素です。ビタミンDを多く含む舞茸は、油で炒めたり揚げ物にすることで効率よく摂取できます。

③食べ合わせにも気を遣う

舞茸と食べ合わせて効果が期待できる食材には、以下のようなものがあります。

・チーズや牛乳、ヨーグルトなどの乳製品(カルシウム)
・ミョウガ(ミョウガジアール)
・ネギ(アリシン)
・ごぼう(イヌリン)
・ワカメや昆布(水溶性食物繊維)
・イカやタコ(タウリン)
・キャベツやジャガイモ(ビタミンC)


ビタミンDは牛乳などの乳製品とカルシウムの吸収促進や骨や歯の成長促進を強化します。ネギは動脈効果予防、ミョウガは冷え性対策効果があり、ゴボウや大豆との食べ合わせは免疫力がより高まり生活習慣病の予防に効果的です。

野菜などのビタミンCを多く含む食材ときのこや舞茸を食べ合わせることで、美肌効果が期待できます。水溶性食物繊維の多いワカメ・昆布やカリウムの働きを助けるタウリンを含むイカやタコとの食べ合わせは、便通改善の効果が高められるのでおすすめです。

舞茸を美味しく食べ続けられるレシピを紹介!

旨味や風味、食感が楽しめる舞茸の美味しく食べ続けられる料理を味わってください。舞茸の豊富な栄養を損なわないレシピを紹介します。

①舞茸の炊き込みご飯

関連する記事

×