太る・太らない飲み物ランキング10選!ダイエット中の飲み物も紹介!

太る飲み物・太らない飲み物を知っていますか?今回は、太る飲み物&ジュースや太らない・太りにくい飲み物について、ランキング形式でTOP5ずつ紹介します。ダイエット中の飲み物の太りにくい飲み方も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 太る・太らない飲み物って?ジュースはやばい?
  2. 太る飲み物の特徴
  3. 太らない・太りにくい飲み物&ジュースの特徴
  4. 太る飲み物&ジュースランキングTOP5
  5. 5位:スポーツドリンク
  6. 4位:缶コーヒー(糖分入り)
  7. 3位:炭酸ジュース
  8. 2位:シェイク
  9. 1位:お酒
  10. 太らない・太りにくい飲み物ランキングTOP5
  11. 5位:蒸留酒
  12. 4位:青汁、グリーンスムージー
  13. 3位:ブラックコーヒー
  14. 2位:お茶
  15. 1位:白湯・常温の水・炭酸水
  16. ダイエット中の飲み物の太りにくい飲み方は?
  17. ①飲み過ぎない
  18. ②夜遅くに飲まない 
  19. ③空きっ腹にガブ飲みしない
  20. 太る・太らない飲み物を知っておこう

太る・太らない飲み物って?ジュースはやばい?

飲み物には太るものと太りにくいものがありますが、その違いをどのように判別すればよいのでしょうか。まずは一般的な太る飲み物の特徴・太りにくい飲み物の特徴について整理してみましょう。

太る飲み物の特徴

太る・太りやすい飲み物の特徴は、以下の通りです。

・高カロリー
・高GI
・高脂肪


飲み物に含まれる総エネルギー量を示すカロリー値と、糖質の吸収されやすさを示すGI値が、太る飲み物か否か判別する上で重要な指標となります。GI(Glycemic Index)とは、食後の血糖値上昇度合いを示し、これが高いものは血糖値を上げやすい飲み物です。血糖値が上がるとインスリンというホルモンが分泌され、身体中の細胞に糖質を溜め込みます。

また、脂質は三大栄養素のなかで1gあたりに含まれるカロリー量が最も高いので注意が必要です。果物ジュース・野菜ジュースなどは、高カロリー且つ高糖質のものが多く、太る飲み物といえるでしょう。

太らない・太りにくい飲み物&ジュースの特徴

太らない・太りにくい飲み物の特徴は、以下の通りです。

・低カロリー、低GI、低脂肪
・食物繊維含有飲料


エネルギー含有量が低くその吸収効率がよくないものが、太りにくい飲み物です。すなわち低カロリー・低脂肪かつ低GIの飲み物を選ぶと良いでしょう。食物繊維を含む飲み物は腹持ちがよく高い満足感が得られるので、総摂取量や食事量を抑えることができます。また、食物繊維が良い腸内細菌の栄養となり腸内環境を良くし、脂質や糖質の吸収を抑えてくれます。

(*ダイエット中の飲み物について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ダイエット中におすすめ&NGな飲み物は?痩せる飲み方やコンビニ商品のおすすめも紹介!

太る飲み物&ジュースランキングTOP5

さて、太る飲み物の基本的な特徴を理解したところで、具体的にはどのような飲みものが太るのでしょうか。ランキング形式で紹介しますが、太る飲み物には必ず共通の理由があるので、しっかり理解し太る飲み物を選ばないようにしましょう。

5位:スポーツドリンク

出典:https://pocarisweat.jp/products/pocarisweat/

飲み物名(500ml) カロリー 糖分量
大塚製薬 ポカリスウェット 125kcal 31g
コカ・コーラ アクエリアス 95kcal 23.5g
サントリー GREEN DA・KA・RA 90kcal 22g

スポーツドリンクはあまり太るイメージがないかもしれませんが、運動時にエネルギーを供給するのに適しており、含まれるカロリーは高い傾向があります。運動時や汗をかいた後に飲むのは良いですが、水感覚で普段から飲むと過剰にカロリーを摂取してしまい太ることになるので注意しましょう。

4位:缶コーヒー(糖分入り)

出典:https://products.suntory.co.jp/d/4901777231672/

飲み物名(500ml) カロリー 糖分量
ボス とろけるカフェオレ 240kcal 44g
ジョージア マックスコーヒー 240kcal 49g
ダイドーブレンド ブレンドコーヒー 190kcal 41g

太る飲み物4位はコーヒー飲料なのですが、じつはコーヒー自体はほとんどカロリーを含んでいません。しかし缶コーヒーやコーヒー飲料には砂糖とミルクが含まれており、これらが高カロリーなので太る飲み物になります。飲みやすいと感じる一般的なコーヒー飲料には、かなりの量の砂糖とミルクが入っているので気をつけましょう。

関連する記事

×