チャミスルが体に悪い理由は?飲み過ぎがやばい?健康的な飲み方も紹介!

チャミスルは体に悪いのでしょうか?酔いやすいというのは本当でしょうか?今回は、韓国の焼酎「チャミスル」の〈悪酔い・吐く・太る〉など体に悪いとされる理由や、飲み過ぎにならない方法・飲み方を紹介します。チャミスルの飲み過ぎにならない摂取量も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 韓国の焼酎「チャミスル」は体に悪いって本当?嘘?
  2. チャミスルが体に悪いとされている理由は?
  3. ①高いアルコール度数の割に飲みやすく悪酔いする・吐く
  4. ②天然甘味料「ステビア」による懸念点
  5. ③飲み過ぎで太る可能性
  6. チャミスルの飲み過ぎにならない摂取量の目安は?
  7. フレッシュ(20度)は125ml、フレーバー入り(13度)は200mlまで
  8. チャミスルの体に配慮した飲み方は?
  9. ①自分の限界を超えて飲まない
  10. ②空きっ腹で飲まない・食事と一緒に楽しむ
  11. ③チェイサーと一緒に飲む
  12. ④カクテルなどアルコールを薄めて飲む
  13. チャミスルの飲み過ぎは体に悪いので飲み方に注意しよう

韓国の焼酎「チャミスル」は体に悪いって本当?嘘?

出典:https://twitter.com/RickyBacch/status/1512974525709033472?s=20&t=4JM4MskQunctCaapWvquzA

チャミスルは韓国の焼酎で、最近は韓国ドラマの影響もあり、チャミスルの人気が広がっています。日本でも人気がある一方で、体に悪いという口コミも目にします。果たしてチャミスルは、本当に体に悪いのかどうか、これから見ていきましょう。

チャミスルが体に悪いとされている理由は?

出典:https://twitter.com/moon_moon__n/status/1514078000282628098?s=20&t=4JM4MskQunctCaapWvquzA

チャミスルは体に悪いという声も耳にすることがあり、本当に体に悪影響があるのかどうかが気になります。韓国焼酎をカジュアルな雰囲気で、美味しく飲めるチャミスルが、なぜ体に悪いお酒とされてしまうのかについて、ここでは具体的にその理由を説明します。

①高いアルコール度数の割に飲みやすく悪酔いする・吐く

チャミスルは、高いアルコール度数の割に飲みやすいようです。その飲みやすさから、悪酔いする程グラスが進むのでしょう。チャミスルが飲みやすいとされる理由は、次のとおりです。

・すっきりとしたクリアな味わい
・ほんのりと甘みを感じるまろやかな後味
・フレーバー入りがある

製造過程で希釈を行い、竹炭を使って4回ろ過します。この工程から生み出される、クリアな味わいと柔らかな甘さの後味が、飲みやすさの理由です。また、フレーバー入りもあり、ジュースのような飲み心地なので、他のお酒よりも飲み過ぎてしまうのでしょう。チャミスルの喉越しの良さが、逆に酔う理由にもなっています。

(*チャミスルで悪酔いや吐き気がする原因について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

チャミスルで悪酔い・吐き気してしまう原因は?対策・対処法も紹介!

②天然甘味料「ステビア」による懸念点

チャミスルが体に悪いとされる理由に、天然甘味料のステビアを含むことも挙げられます。ステビアは、発がん性や性ホルモン減少といった点で安全性が危険視されていたことがありました。いずれも研究の結果、問題が無いことが判明しているため過度な心配は必要ないでしょう。

しかし、ステビアはキク科の植物なので、アレルギーを持っている人は摂取を控えるか、医師に相談のうえ摂るようにしてください。

(*ステビアの危険性について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ステビア(甘味料)とは?安全性や危険性は?効能や使い方なども紹介!

③飲み過ぎで太る可能性

100mlあたり カロリー
チャミスル(マスカット) 140kcal
チャミスル(フレッシュ) 136kcal
ビール 39kcal
日本酒 103kcal
焼酎 203kcal
ワイン 75kcal
ウイスキー 234kcal

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。(※1)

チャミスルのカロリーは、お酒の中で中間に位置していることが分かります。そして、チャミスルの中では味付きの方がカロリーが高めです。味付きのチャミスルは糖質が含まれ、フレッシュよりもアルコール度数が低めなので飲みやすくなっています。

甘さとアルコール度数の低さにより、飲み過ぎてしまう恐れがあり、チャミスルは味付きの方が太る心配があるとも言えます。

チャミスルの飲み過ぎにならない摂取量の目安は?

出典:https://twitter.com/m04120613/status/1513878134101520389?s=20&t=4JM4MskQunctCaapWvquzA

口当たりや味わいの良さで飲みやすいチャミスルですが、飲み過ぎてしまうと、体に負担がかかり、そのために悪いイメージを持たれることもあります。飲み過ぎにならないチャミスルの摂取量は、一体どのくらいなのかを見ていきましょう。

フレッシュ(20度)は125ml、フレーバー入り(13度)は200mlまで

関連する記事

×