ブルーベリーの食べ過ぎに注意?下痢・便秘や太る原因に?適量の目安など紹介!

【管理栄養士監修】ブルーベリーを食べ過ぎるとどうなるか知っていますか?今回は、ブルーベリーの食べ過ぎによる〈下痢・便秘・太る〉 など悪影響の例を原因とともに紹介します。ブルーベリーの食べ過ぎになる量の目安や、効果的な食べ方に加え、適量食べた場合の効果・効能も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 熊橋麻実
Instagram Ameba Nadia
管理栄養士。保育園での管理栄養士経験8年、その他、社員食堂・タワーマンション内カフェ・料理教室などにも従事。現在、レシピ提供や講師・...
Instagram Ameba Nadia
管理栄養士。保育園での管理栄養士経験8年、その他、社員食堂・タワーマンション内カフェ・料理教室などにも従事。現在、レシピ提供や講師・記事執筆などの活動をしながら、現役で園児の給食管理を行っています。これまでの経験を活かし、栄養学の知識をわかりやすくお伝えできればと思います。

目次

  1. ブルーベリーの食べ過ぎに注意?
  2. ブルーベリーを食べ過ぎるとどうなる?副作用あり?
  3. ①消化不良による下痢・便秘
  4. ②太るリスクはほぼない
  5. ③アレルギーになる可能性もある
  6. ブルーベリーの食べ過ぎにならない量は?1日何粒?
  7. 1日につき約50粒程度だが幼児は控えめに
  8. ブルーベリーの効果的な食べ方は?
  9. ①複数回に分けて食べる
  10. ②冷凍して食べる
  11. ③ラズベリーと一緒に食べる
  12. ブルーベリーを適量食べた場合の効果・効能は?
  13. ①目に良いとされている
  14. ②内臓脂肪の蓄積を抑える
  15. ③整腸作用がある
  16. ④美容効果
  17. ブルーベリーは適度な量を食べよう

ブルーベリーは、1日あたり40g程度が適量とされています。ブルーベリーの1粒は0.8g〜1.2gほどなので、1日につき約50粒程度を目安に食べると良いでしょう。ただ、食べ過ぎによる消化不良や便秘の悪化、アレルギーなどの症状が現れることもあります。個人差もあるので、体調をみながら量を調節して食べるようにしてください。

また、幼児については生後7~8ヶ月頃から与えても良いとされていますが、与える量は数粒からはじめ、体調と照らし合わせつつ個数を調整するといいでしょう。

ブルーベリーの効果的な食べ方は?

普段の食生活の中で、ブルーベリーをどのように食べるのが良いのでしょうか?ブルーベリーの効果的な食べ方を説明します。

①複数回に分けて食べる

ブルーベリーは1日あたりの適量を食事や食間に、2~3回に分けて食べると良いでしょう。1回の量は十数粒程がおすすめです。ブルーベリーに含まれているアントシアニンやビタミンCは水溶性のため、即効性がある反面、効果の持続時間はが3~4時間程度です。一度に食べてしまうよりも、複数回に分けて食べた方が効果的でしょう。

②冷凍して食べる

ブルーベリーに含まれているビタミンCやアントシアニンは冷凍しても成分が壊れないので、栄養価を落とさず摂取することができます。冷凍したブルーベリーは、そのまま食べてシャーベットのような食感や、少し溶けてから食べると冷たい果物の食感を楽しめます。牛乳と一緒にミキサーにかけてスムージーにするのもおすすめです。

(*ブルーベリーの冷凍や食べ方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ブルーベリーの冷凍で栄養価が上がる?保存方法や賞味期限は?レシピのおすすめも紹介!
ブルーベリーの食べ方は?種・皮ごと生でそのままOK?美味しいレシピも紹介!

③ラズベリーと一緒に食べる

ラズベリーはブルーベリーと同じベリーの種類ですが、ブルーベリーよりもカロリーや糖質の低い果物です。ラズベリーにはラズベリーケトンという香り成分が含まれ、脂肪を燃焼させる働きがあるため、2つを一緒に食べることで健康とダイエットの両方の効果を見込めます。

ブルーベリーを適量食べた場合の効果・効能は?

ここからは、ブルーベリーを適量食べたときに期待できる健康効果やダイエット効果について紹介します。

①目に良いとされている

ブルーベリーに含まれているアントシアニンは目に良いとされています。アントシアニンには凝り固まった眼球の筋肉をほぐす効果があるため、眼精疲労や疲れ目の改善につながります。即効性があり、4時間ほどで効果が出ますが、目は毎日使うものなので、継続して摂取することが大切です。

(*ブルーベリーの栄養価について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ブルーベリーの栄養素と効能は?冷凍で効果倍増?食べ過ぎの注意点なども紹介!

関連する記事

×