おからパウダーダイエットの効果・やり方は?デメリットはある?痩せた口コミやレシピのおすすめも紹介!

【管理栄養士監修】おからパウダーダイエットを知っていますか?本当に効果はあるのでしょうか?今回は、おからパウダーにあるダイエットへの効果・効能や、食べる〈タイミング・量〉などやり方を〈痩せた・失敗した〉口コミとともに紹介します。おからパウダーダイエット向きの市販商品のおすすめも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 竹本友里恵
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。...
Twitter
管理栄養士の国家資格を取得後、病院に勤務し献立作成や調理に携わる。現在はエンジニアとして働きながら、栄養サポートや栄養系メディアの記事監修など行っています。最近はスポーツ栄養にも興味あり。趣味はフラワーゼリーなどのお菓子作りや写真です。幼少期から高校まで過度な野菜嫌いと偏食だった経験があり、食事によって身体の調子が良くなる事を体感したことから管理栄養士を目指す。正しい知識を学び、楽しい人生を送りましょう!よろしくお願いします。

目次

  1. おからパウダーダイエットとは?痩せる?
  2. おからパウダーのカロリー・糖質から見てみよう
  3. おからパウダーのダイエット効果・効能は?
  4. ①食物繊維が多く血糖値の上昇を抑える
  5. ②満腹感がある
  6. ③便秘を改善する
  7. ④植物性タンパク質が摂取できる
  8. ⑤糖質の摂取量を減らせる
  9. ⑥体脂肪を減少させる
  10. おからパウダーダイエットのやり方は?
  11. 食前におからパウダーを大さじ1杯~2杯食べる
  12. 料理・飲み物にかけるだけでもOK
  13. おからパウダーの種類の選び方
  14. おからパウダーダイエットをやる際の注意点・デメリットは?
  15. ①食べ過ぎると下痢・便秘になることがある
  16. ②大豆アレルギーの人は食べるのを避ける
  17. ③油・塩分を多く吸ってしまうことがある
  18. おからパウダーダイエットの効果はいつからある?ない?【口コミ】
  19. おからパウダーダイエットで痩せた人の口コミ
  20. おからパウダーダイエットで痩せない・失敗した人の口コミ
  21. おからパウダーのダイエット向きレシピ
  22. ①おからパウダーコーヒー
  23. ②おからヨーグルト
  24. ③きなこおから蒸しパン
  25. ④卯の花
  26. ⑤おからパウダー入りホットケーキ
  27. ⑥おからのポテトサラダ風
  28. ⑦おからパウダーのスノーボール
  29. おからパウダーダイエットで痩せよう

おからパウダーは、同じ粉状の形態をした小麦粉や片栗粉などに比べると非常に低糖質です。過剰な糖質は太る原因になるため、糖質量の低いおからパウダーに置き換えることで糖質の摂取量を効率的に減らすことができます。おからパウダーは普段の食事に混ぜて使うこともできるので、上手に活用するとスムーズに痩せられるでしょう。

⑥体脂肪を減少させる

おからパウダーには血流を促進する大豆ペプチドと呼ばれる栄養成分が含まれており、血流がよくなることで体が温まって基礎代謝が向上し、体脂肪の燃焼が促進されます。ただし、この効果は継続的な摂取によって得ることができるので、おからパウダーダイエットは長期的に継続することを心がけましょう。

(*おからの栄養素や効能について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

おからの栄養価は?美容・健康に効果あり?豆腐との比較やレシピのおすすめも紹介!

おからパウダーダイエットのやり方は?

おからパウダーダイエットで効果を上げたいなら、正しい方法で実践する必要があります。ここでは、おからパウダーダイエットのやり方を紹介します。

食前におからパウダーを大さじ1杯~2杯食べる

おからパウダーダイエットの効果を早く実感したいなら、毎食の食前におからパウダーを食べる習慣をつけましょう。おからパウダーダイエットにおける1回の摂取量は、大さじ1~2杯分が目安です。食前におからパウダーを食べておくと胃の中で量が増えるので、食事を食べ過ぎる心配がなくなります。

また、一緒に水分を摂取すると、より胃の中でおからパウダーが膨らみやすくなります。

料理・飲み物にかけるだけでもOK

おからパウダーダイエットは、普段摂っている食べ物や飲み物におからパウダーをかけるだけでもダイエット効果が期待できます。おからパウダーはそれほど味に癖が無く、料理や飲み物にかけてもそれほど風味を邪魔しません。ただし多すぎると味が変わってしまうこともあるので、最初は少量から試し、味を確認しながら量を調整しましょう。

おからパウダーの種類の選び方

おからパウダーは以下の2種類に大別され、種類によって向いている使い方が変わります。

・粗め:料理のかさ増しに使う
・微粉:コーヒーやみそ汁などに溶かして使う


上記のようにおからパウダーは形状によって用途が変わり、粗めのものは高タンパク質かつ低糖質な料理作りに役立ちます。外食が多い人は、微粉のおからパウダーを持参して、出先で飲み物に混ぜるなどの活用をするとよいでしょう。

※おからパウダーダイエットはあくまで、おからパウダーを活用して痩せやすくするダイエット方法であり、おからパウダーダイエットだけをすれば痩せるわけではありません。規則正しい食生活や運動習慣とともに行うようにしましょう。(※6)

おからパウダーダイエットをやる際の注意点・デメリットは?

おからパウダーダイエットは手軽に始められますが、方法を間違えると体調を崩す原因になりかねません。ここでは、おからパウダーダイエットをやる際の注意点とデメリットについて説明します。

①食べ過ぎると下痢・便秘になることがある

おからパウダーには豊富な不溶性食物繊維が含まれているのがメリットの一つですが、不溶性食物繊維は食べ過ぎると下痢や便秘を引き起こすことがあるので注意が必要です。これを避けるためにも、おからパウダーを摂取する際には量に注意し、水分も多めに摂るよう徹底することが大切です。

関連する記事

×