大根の葉の栄養と効能は?成分を逃さない食べ方・茹で方やレシピのおすすめも紹介!

【管理栄養士監修】大根の葉に含まれる栄養素を知っていますか?今回は、大根の葉の栄養成分・効能に加え、栄養成分を効率的に摂れる食べ方も紹介します。大根の葉の保存方法やレシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。大根の葉の栄養について詳しく理解し、存分に味わいましょう。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 林輝美
Instagram
Blog
管理栄養士/学校卒業後、保育園栄養士の経験を経て管理栄養士を取得。現在はフリーランスとして活動中。「人生を彩ある色にするために」を軸として、私が想う健康で食を通して...
Instagram
Blog
管理栄養士/学校卒業後、保育園栄養士の経験を経て管理栄養士を取得。現在はフリーランスとして活動中。「人生を彩ある色にするために」を軸として、私が想う健康で食を通して、心と体を結ぶ細胞美人になれるようにサポートをしています。DAISY-COMMUNEとしてファスティングサポート、遺伝子検査のカウンセリング、料理代行などを主宰しています。心と体にストレスをかけない食事法で、今よりももっとカラフルな色の人生に一緒に近づきましょう。

目次

  1. 大根の葉はどんな食材?
  2. 大根の葉のカロリー・糖質
  3. 大根の葉の栄養素と効果・効能は?
  4. ①ビタミンA(β-カロテン)
  5. ②ビタミンC
  6. ③葉酸
  7. ④食物繊維
  8. ⑤鉄分
  9. ⑥カルシウム
  10. ⑦カリウム
  11. 大根の葉の栄養成分が効率よく摂れる食べ方・茹で方は?
  12. ①植物油と一緒にとる
  13. ②短時間でサッと茹でる
  14. 大根の葉を食べる際の注意点は?
  15. ①妊婦の人はしっかり茹でてから食べる
  16. ②農薬がついている場合がある
  17. 大根の葉の保存方法は?
  18. 大根の葉は冷蔵庫や乾燥させて保存する
  19. 大根の葉の栄養がとれるレシピのおすすめ
  20. ①大根の葉っぱふりかけ
  21. ②大根の葉っぱ味噌汁
  22. ③大根の葉サラダ
  23. ④大根の葉おにぎり
  24. ⑤大根の葉と皮のきんぴら
  25. ⑥大根の葉の炊き込みご飯
  26. 大根の葉は捨てずに食べよう

大根の葉に含まれるビタミンCや葉酸、カリウムは水溶性の栄養素です。このため、長時間茹でる事で、ゆで汁中に栄養が流出してしまいます。大根の葉を茹でて使用する場合は、短時間でサッと茹でるか、汁物にして流出した栄養素を摂取することを意識しましょう。(※10)

大根の葉を食べる際の注意点は?

栄養が豊富で、いろいろな効果・効能があるため積極的に摂取したい大根の葉ですが、どのような点に注意して大根の葉を食べると良いのでしょう。下記を読み、害のない形で大根の葉の栄養を体内に取り入れましょう。

①妊婦の人はしっかり茹でてから食べる

妊娠中の人は尿管結石にかかる割合が通常の2倍程度多くなります。尿管結石はシュウ酸の体内濃度が高くなることが一因ですが、大根の葉にはシュウ酸が多く含まれています。シュウ酸は茹でる事で減らせるので、妊婦の方が大根の葉を食べる際には、しっかりと茹でると良いでしょう。

②農薬がついている場合がある

畑で大根を作る際は農薬を使う場合も多いですが、この農薬は、地上に出ている葉っぱに多くついていたり残っていたりします。大根の葉には農薬がついている場合が多いと言うことを頭に入れ、しっかりと洗ってから食べるように習慣づけましょう。

大根の葉の保存方法は?

大量に大根の葉があるときは、どのように保存したらよいのでしょうか。少しでも長持ちする保存方法を学び、長期間大根の葉をおいしく味わえるようにしましょう。

大根の葉は冷蔵庫や乾燥させて保存する

大根の葉は、買ってきたら根と分けて保存するのがおすすめです。切った後に冷蔵庫に入れたり、茹でてから冷蔵庫に入れるのも良いでしょう。乾燥させると冷蔵よりも長持ちするので、たくさんあってすぐには食べきれない場合には、乾燥させるのも一つの方法です。

(*大根の葉の保存方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

大根の葉の保存方法・期間は?冷凍や干すと日持ちする?塩漬けなどレシピのおすすめも紹介!

大根の葉の栄養がとれるレシピのおすすめ

大根の葉の栄養をしっかりと体内に取り入れるために効果的なレシピにはどのようなものがあるのでしょうか。様々なアレンジが可能なので、下記を参考にしながら自分の好みのレシピを探してみてください。

①大根の葉っぱふりかけ

出典:https://cookpad.com/recipe/6375755

大根の葉っぱをごま油などで炒めてふりかけにしたレシピです。まとめて作って、毎日のご飯のお供にするのもよいでしょう。手軽に作れるのもおすすめの理由の一つです。

関連する記事

×