コンビニ弁当は危険って本当?嘘?添加物の安全性や健康への影響なども解説!

コンビニ弁当は危険と言われることがありますが本当・嘘どっちでしょうか?今回は、コンビニ弁当が危険と言われる理由の食品添加物について種類別の危険性を紹介します。コンビニの添加物が多い・少ないランキングも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. コンビニ弁当は危険って嘘?本当?
  2. コンビニ弁当が危険と言われる理由は?
  3. コンビニ弁当に食品添加物が多く含まれている
  4. コンビニ弁当に食品添加物を入れる理由・目的とは?
  5. ①食材を安全に保つ
  6. ②美味しい見た目にする
  7. ③風味をよくする
  8. ④食品の製造・加工に必要なもの
  9. ④栄養価を高める
  10. コンビニ弁当に含まれる添加物の種類と危険性
  11. ①漂白剤
  12. ②pH調整剤
  13. ③リン酸塩
  14. ④タール系色素
  15. ⑤保存料
  16. ⑥ナイシン
  17. ⑦人工甘味料
  18. コンビニ弁当を食べても問題ない理由は?
  19. 使用していい添加物の種類・量が国で決まっている
  20. ただしコンビニ弁当の選び方・食べ方には注意
  21. コンビニの添加物が多い食品ランキングTOP5
  22. 5位:手巻おにぎり 熟成辛子明太子(ローソン)
  23. 4位:窯出しプリンのパフェ(ファミリーマート)
  24. 3位:ミックスサンド(セブンイレブン)
  25. 2位:幕の内弁当(ファミリーマート)
  26. 1位:にぎり寿司盛り合わせ10貫(ファミリーマート)
  27. コンビニの添加物が少ない食品ランキングTOP5
  28. 5位:ねぎ塩豚カルビ弁当(セブンイレブン)
  29. 4位:金の揚げおかき 塩・醤油(セブンイレブン)
  30. 3位:食感良く炒めたきんぴらごぼう(セブンイレブン)
  31. 2位:金の食パン(セブンイレブン)
  32. 1位:カフェラテ(セブンイレブン)
  33. コンビニ弁当の添加物に危険はないが食べ方に注意

コンビニ弁当は危険って嘘?本当?

手軽で便利なコンビニ弁当は添加物がたくさん使われていて健康に悪い、危険だと言われています。ここでは、コンビニ弁当等の加工食品に添加物が使用される理由や、食品添加物が健康上危険と言われるのは嘘なのかについて解説します。また、セブンイレブンなど大手コンビニの取り組みについても紹介しますので、チェックしてみてください。

(*体に悪い食べ物について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

体に悪い食べ物ランキングTOP10|おいしいけど避けるべき食品とは…?

コンビニ弁当が危険と言われる理由は?

コンビニの弁当はどうして危険と言われるのでしょうか。実際にコンビニ弁当の製造に関わったことのある人はコンビニ弁当を食べないという話を聞きますが、本当に危険なのでしょうか。コンビニ弁当の危険と言われる理由についてみてみましょう。

コンビニ弁当に食品添加物が多く含まれている

コンビニ弁当の原材料を見ると、保存料や着色料をはじめ様々な食品添加物の名前がずらりと表記されています。コンビニ弁当を作る工場では、生野菜は次亜塩素酸ナトリウム水溶液やph調整剤、酸化防止剤、保存料などの水溶液に浸すそうです。その後、塩素臭をわからなくする処理を施してから使うため、真夏に常温で2日間放置しても腐らないと言われます。

これは嘘ではなく本当のことで、それほどたくさんの食品添加物が使われているコンビニ弁当を食べていると体が悪くなってしまうと考えても不思議ではありません。ではなぜそんなにたくさんの添加物を使うのか、次にその理由を説明します。

コンビニ弁当に食品添加物を入れる理由・目的とは?

コンビニ弁当が危険と言われる理由は多くの食品添加物が使用されていることが原因で、これらが健康を害すると思われていることにあるようです。ではどうして加工食品に食品添加物を使うのか、ここではその訳と目的を説明します。

①食材を安全に保つ

コンビニ弁当に食品添加物を使う最も重要な目的は微生物の増殖による食材の腐敗や変質を防ぐことにあり、食中毒や感染症のリスクを低減するために使われています。食材を安全に保つために使われる食品添加物には保存料や殺菌料、pH調整剤、防カビ剤、日持ち向上剤、酸化防止剤などです。

殺菌料や保存料は微生物の増殖を抑え、日持ち向上剤は惣菜など保存期間の短い食材の保存期間を伸ばすために使います。酸化防止剤は食材の酸化を抑えることで有害物質の生成や変色などを防ぎ、つまり、添加物は食材の安全を守るために使われています。食品添加物は危険で無添加は安全というのは嘘で、無添加には食中毒の危険があることも忘れてはいけません。

②美味しい見た目にする

食品は外観を美味しそうにすることで、価値が高まりコンビニ弁当も同じです。美味しい見た目にするための食品添加物には、色をつけて食欲を刺激する着色料や発色剤、好ましくない色素成分や着色物質を無色にしたり色を白くするのに使う漂白剤、表面にツヤを与える光沢剤などがあります。

③風味をよくする

食欲を増進させるために使われるものには、甘味料や香料、香辛料抽出物、酸味料、苦味料などがあります。甘味料は加えることで保存性が高まるためコンビニ弁当を含め多くの食品に使われています。

④食品の製造・加工に必要なもの

関連する記事

×