オートミールに欠点・デメリットはある?体に悪い・良いは食べ方次第で変わる?

オートミールは健康に良いイメージがありますが、実は欠点・デメリットもあることを知っていますか?今回は、オートミールの欠点・デメリットや、体に悪い食べ方も紹介します。オートミールの健康的な食べ方・メリットも紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. オートミールとは?体に良い?悪い?
  2. オートミールの正体は脱穀した燕麦
  3. オートミールの欠点・デメリットは?
  4. ①調理に時間がかかる
  5. ②そのままだと味がまずい
  6. オートミールの体に悪い食べ方は?
  7. ①オートミールを食べ過ぎる、太る
  8. ②オートミールしか3食食べない
  9. ③甘味料をかけ過ぎる
  10. オートミールの健康的な食べ方
  11. オートミールの1日に適切な量
  12. オートミールを食べるタイミング
  13. オートミールの健康面のメリットは?
  14. ①食物繊維が豊富で整腸・ダイエットに効果あり
  15. ②食後の血糖値が上がりにくい
  16. ③カロリーが低くてヘルシー
  17. オートミールのおすすめ商品
  18. ①クエーカー オールドファッション オートミール(1,188円)
  19. ②日食オーツ オートミール(500円~700円くらい)
  20. ③日食 プレミアムピュアオートミール(800円くらい)
  21. オートミールを正しく食べよう

(シリアルのダイエット向きの食べ方について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

シリアルのダイエット向きの食べ方は?コーンフレークは太る?商品のおすすめも紹介!

オートミールの健康面のメリットは?

オートミールのデメリットや食べ過ぎへの注意について説明しましたが、健康面のメリットはどのくらいあるのでしょうか?実は、オートミールには体にとってプラスになる様々なメリットがあります。どのような効果があるのか、以下で詳しく見ていきます。

①食物繊維が豊富で整腸・ダイエットに効果あり

オートミールは栄養価が高く、特に食物繊維は白米の18.4倍、玄米の3倍も含まれています。食物繊維は消化・吸収されずに腸まで届き、便秘を防ぐ働きや血液中のコレステロールを低下させる働きがあり、整腸・ダイエット効果が期待できます。

②食後の血糖値が上がりにくい

オートミールは、食後の血糖値が上がりにくい低GI値の食品の一つです。GI値の低い食品は、脂肪を合成するインシュリンの分泌量を抑制するため、食べても太りにくくダイエットに最適です。また、低GI値の食品を積極的に摂取することで脳梗塞や心臓病のリスクを下げることができると言われており、低GI値のオートミールを食べることで健康維持につながります。

③カロリーが低くてヘルシー

オートミールは、1食でどれだけ食べるかにもよりますが50g食べても200kcal以下、牛乳をかけても250kcalほどとそれ程カロリーは高くありません。ただし、糖質量はオートミール50gあたりおおよそ30gと少し多めなので、糖質制限中の方はトッピング等に気をつかったり量を調整したりして工夫して食べましょう。

(*オートミールのカロリーについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

オートミールのカロリー・糖質は高い?栄養価・ダイエット効果や食べ方のおすすめも紹介!

オートミールのおすすめ商品

健康面において様々なメリットのあるオートミールを無理なく継続して食べられる、おすすめの商品を3つ紹介します。値段や調理の手軽さ、保存のしやすさの観点で比較しているので、参考にしてみてくださいね。

①クエーカー オールドファッション オートミール(1,188円)

出典:https://item.rakuten.co.jp/landofharvest/11001332/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_109_1_10000237

にっこり笑った男性の顔でおなじみの、クエーカーオーツカンパニーの商品です。粒が大きくて食べ応えがあり食べやすいため、オートミール初心者の方向けです。

値段は他の商品と比べ少し高いですが、お湯でふやかせばすぐできるため手軽なだけでなく、蓋付きでそのまま保存することができます。画像は1.2㎏のものですが、これより多い・少ない商品も販売されているので自分に合った量のものを選びましょう。

【楽天】クエーカー オールドファッション オートミール 1.2㎏

関連する記事