ダイエット中でも太らない夜食とは?満腹感ある食べ物と太らない食べ方のコツを紹介!

ダイエット中に食べても太らない夜食はあるのでしょうか?今回は、夜食が太りやすい原因に加えて、夜食におすすめの食べ物や、太りにくい食べ方・注意点を紹介します。ダイエット中の夜食におすすめのレシピ・コンビニ商品も紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ダイエット中でも夜中にお腹が空いたら食べてもいい?
  2. ダイエット中に夜食が食べたいけど厳禁?太る理由は?
  3. ①代謝が低下してカロリーが消費されにくくなる
  4. ②エネルギーが脂肪になりやすくなる
  5. ダイエット中の夜食の太りにくい食べ方は?
  6. ①よく噛んで食べる
  7. ②カロリーを200kcal以下に抑える
  8. ③寝る3時間前は食べない
  9. ④温かい食べ物を食べる
  10. ⑤ながら食べをやめる
  11. ⑥高たんぱくな食べ物を選ぶ
  12. ⑦消化吸収しやすいものを食べる
  13. ダイエット中でも太らない夜食のおすすめは?
  14. ①豆腐
  15. ②バナナ
  16. ③サラダチキン
  17. ④コンニャク
  18. ⑤ヨーグルト
  19. ⑥ブロッコリー
  20. ⑦キウイ
  21. ダイエット中の夜食におすすめのレシピ
  22. ①豚しゃぶもやし
  23. ②鶏もも肉のブレゼ
  24. ③豆腐に青じそとプチトマトのせ
  25. ④オイルオフのダイエット麻婆豆腐
  26. ⑤糸こんで醤油焼きそば風
  27. ⑥豆腐と鶏肉ハンバーグ
  28. ⑦簡単サラダチキン
  29. ダイエット中の夜食におすすめのコンビニ商品は?
  30. ①マンナンライフ蒟蒻畑
  31. ②セブンプレミアム 野菜と大豆ミートのタコスミート
  32. ③10種具材のミックスサラダ 10種具材のミックスサラダ
  33. ④サラダチキン ハーブ
  34. ⑤濃い味の豆腐 150g×2
  35. ダイエット中の夜食には要注意

温かい食べ物を食べることで満腹感を感じやすくなりリラックス効果も期待できます。温かいものは体温を高めることで基礎代謝を向上させて、代謝を促す効果もあります。夜は代謝が落ちている場合が多いため、温かいもので少しでも基礎代謝を上げることを意識しましょう。

⑤ながら食べをやめる

ながら食べとは、テレビやスマホを操作したりと他の事をしながら食事をすることです。ながら食べをすると食事に集中できないため、満腹感を感じることができず食べ過ぎにつながりやすくなります。マナー的にもあまりお勧めできないのでながら食べはしないようにしましょう。

⑥高たんぱくな食べ物を選ぶ

高たんぱくなものを食べることで食後の代謝を高めることができます。食事すると摂取した栄養素の一部が体熱として消費されますが、高たんぱくな食事をすることでエネルギー消費を高め、食後のしばらくの間は代謝量を増やす効果を期待できるでしょう。

⑦消化吸収しやすいものを食べる

夜食を食べても太りにくくするためには消化吸収しやすい食べ物を選んでください。夜は昼に比べて消化活動が低下しているため、うまく消化できなかった糖質などが脂肪になりやすくなります。また、胃に食べのもがある状態で寝ると質のいい睡眠がとれずストレスや体調不良につながることもあるでしょう。

ダイエット中でも太らない夜食のおすすめは?

ダイエット中でもお腹は減りますし絶えず我慢することは難しいですが、食べ物を選択することで太りにくくすることは可能です。今回は、夜食に食べても太りにくいダイエット効果のある食べ物を紹介するので参考にしてみてください。

※含有量は日本食品標準成分表を参照しています。

①豆腐

100gあたり カロリー 糖質
豆腐 56kcal 1.7g

豆腐は、低カロリーで高タンパクなため夜食ににおすすめの食品です。豆腐の種類にもよりますが100g当たりのカロリーが100kacl以下のため、低カロリーで空腹を満たすことができます。また高タンパクで低糖質な食材には、満腹感を持続させる効果もあるためダイエットには最適です。

簡単に薬味や味付けを変えることができるため、飽きずに続けることもできるでしょう。ただし、味付けに高カロリーなものを使用すると摂取カロリーが増えてしまうため注意してください。

(*豆腐のダイエット効果について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください。)

豆腐にダイエット効果ある?正しいやり方は?痩せた体験談や注意点も紹介!

②バナナ

100gあたり カロリー 糖質
バナナ 86kcal 21.4g


バナナは、1本あたりのカロリーが約90kaclのため夜食で食べても問題ない範囲内のカロリーです。バナナにはビタミンB群やカリウムが豊富に含まれていて、これらの栄養素には代謝を促したりむくみを改善する働きも期待できます。(※5、6)

ダイエット向きの食品には、甘味を抑えたものが多いですが、バナナは甘味が強い果実のためダイエット中の気分転換にもなるでしょう。ただし、夜に果物の糖質を摂取すると中性脂肪に代わりやすい性質があるため、食べすぎには注意してください。

③サラダチキン

100gあたり カロリー 糖質
サラダチキン 113kcal 2.1g

関連する記事

×