ほうれん草が体に悪いと言われる理由は?アク・食べ合わせなど注意点を紹介!

ほうれん草が体に悪いと聞いたことがありますか?どうしてでしょうか?今回は、<アク・シュウ酸・食べ合わせ>などほうれん草が体に悪いと言われる理由やシュウ酸の除去方法を紹介します。アクやシュウ酸が少ないほうれん草も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. ほうれん草は体に悪いって本当?
  2. ほうれん草が体に悪いと言われる理由は?
  3. ①アクの成分「シュウ酸」が尿路結石の原因になる
  4. ②ベーコンとの食べ合わせでがんの原因になる
  5. ほうれん草のシュウ酸の抜き方・除去する方法は?
  6. ①茹でた後水にさらしてアク抜きをする
  7. ②油で炒める
  8. ③カルシウムでシュウ酸の吸収量を減らす
  9. ほうれん草のシュウ酸が少ない種類はある?
  10. ①東洋種のほうれん草
  11. ②冬にとれるほうれん草
  12. ③サラダ用ほうれん草
  13. ほうれん草は体にいい栄養成分も含んでいる?
  14. ほうれん草はシュウ酸に気をつけよう

ほうれん草は体に悪いって本当?

鉄分をはじめとした栄養素が豊富で、健康に良いイメージのほうれん草ですが、食べ方や食べ合わせによっては体に悪いという側面もあるようです。今回は栄養豊富なほうれん草がなぜ体に悪いといわれるのかを紹介します。

ほうれん草が体に悪いと言われる理由は?

緑黄色野菜の代表のような存在のほうれん草ですが、実は人体に悪い影響を与える栄養素も含まれていることは、健康のためにも知っておきたいところです。ここではほうれん草が体に悪いといわれる理由を2つ紹介します。

①アクの成分「シュウ酸」が尿路結石の原因になる

ほうれん草は基本的にサラダなどの生食では食べません。多くの方が茹でたり炒めたりといった加熱調理をしていますが、加熱調理が必要なのはアクの成分である自然毒の「シュウ酸」を取り除くためです。アクが強い方がおいしいという方もいますが、このアクのもとであるシュウ酸は毒の一種して扱われているように、とりすぎると尿路結石の原因になります。

ほうれん草に含まれるシュウ酸は口の中や腸内に存在するカルシウムと結びつき、シュウ酸カルシウムという物質に変化します。腸内でシュウ酸カルシウムになった場合はそのまま便と一緒に排出されますが、尿の中で結びついた場合は結石になり、最悪の場合は尿管に詰まって尿路結石になるのです。

(*ほうれん草の食べ過ぎについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ほうれん草の食べ過ぎは体に悪い?1日の摂取量は?シュウ酸の摂取を抑える方法を紹介!

②ベーコンとの食べ合わせでがんの原因になる

お弁当のおかずや朝食の一品として食べる機会の多いほうれん草とベーコンの組み合わせですが、実はベーコンとの食べ合わせでがんの原因になるという報告もあります。ベーコンには見た目を良くするために亜硝酸ナトリウムを含んだ発色剤が使われていることがあります。

このベーコンに含まれる亜硝酸ナトリウムと、ほうれん草に含まれる硝酸が結びつくと、亜硝酸に変化し発がん性物質であるニトロソアミンを生み出すといわれているのです。定番の組み合わせですが、食べ合わせには注意が必要です。

ほうれん草のシュウ酸の抜き方・除去する方法は?

シュウ酸が体に悪いといっても、他の栄養素のことを考えればほうれん草はなるべく食べたい野菜です。ここではほうれん草に含まれるシュウ酸の抜き方・除去方法を紹介します。

①茹でた後水にさらしてアク抜きをする

ほうれん草のアク抜きの方法は、以下の通りです。

【アク抜きの手順】
1.鍋にほうれん草が漬かる程度のお湯を沸かす
2.沸騰したお湯にほうれん草を入れて30秒~1分ほど茹でる
3.お湯を捨て冷水にほうれん草を浸す
4.水気をよく絞る


アク抜きのポイントは、茹でた後に必ず水にさらすことです。茹でただけではシュウ酸が茹で汁に溶けだしているので、洗い流すことでシュウ酸を取り除けます。ただし、ほうれん草は茹でることでアク抜きができますが、同時に栄養素の一部も流れていってしまいます。気になる方は生食用のシュウ酸が少ないほうれん草を購入しましょう。

(*ほうれん草のアク抜きについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ほうれん草のアク抜きはなぜ必要?栄養が残る&色止めできる茹で方のコツを解説!

②油で炒める

ほうれん草のシュウ酸と体内のカルシウムが結びつき、尿路結石の原因になると紹介しましたが、その結びつきを防ぐのがほうれん草を油で炒めるという方法です。ほうれん草を油で炒めると、葉が油でコーティングされてシュウ酸とカルシウムの結びつきを阻害します。

ただし、前述した通りベーコンと一緒に炒めると他の害の心配があるので、なるべく他の食材を選びましょう。

③カルシウムでシュウ酸の吸収量を減らす

ほうれん草とカルシウムの含まれる食材を合わせることでも、体内でシュウ酸カルシウムに変化するのを防ぎ、シュウ酸の吸収量を減らすことができます。ほうれん草をスキムミルクなどで和えることで、生食でもシュウ酸の吸収量を抑えることが可能です。

またお浸しによくかかっている鰹節もカルシウムが豊富で、シュウ酸の吸収率を下げるのに一役買っています。ほうれん草のお浸しに鰹節という組み合わせは、理にかなったものなのです。さらにオリーブオイルなどの油も加えると、油のコーティング効果でカルシウムとシュウ酸の結合を防ぐことができ、シュウ酸の吸収を抑えられます。

ほうれん草のシュウ酸が少ない種類はある?

1日にたくさんほうれん草を食べる方は、シュウ酸の摂取量が気になるところです。ここでは毎日食べても安心なシュウ酸の含有量が少ないほうれん草の種類を紹介します。

①東洋種のほうれん草

出典:http://zenyuren.shop14.makeshop.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000001333&search=%A4%DB%A4%A6%A4%EC%A4%F3%C1%F0&sort=

ほうれん草は大きく分けて「東洋種」と「西洋種」がありますが、東洋種は西洋種に比べ、シュウ酸の含有量が低いのが特徴です。簡単な見分け方として、葉が丸いのが西洋種、葉がギザギザに切り込みを入れたようになっているのが東洋種で、2つを掛け合わせた交配種も存在します。

【12月上旬・今季終了】山形赤根ほうれんそう(露地)

②冬にとれるほうれん草

出典:https://item.rakuten.co.jp/sakuraiya/0026/

ほうれん草は夏にとれるものよりも、冬にとれるものの方が栄養価が高く、シュウ酸の含有量も少なくなっています。冬にとれるほうれん草は赤い根がしっかりしており、スーパーでの値段も安価です。冬しか出回らない品種もあり、シュウ酸の少ないほうれん草をたくさん食べたい方におすすめです。

冬季限定【本場京野菜】京都府産 ほうれん草 1束あたり約250g

③サラダ用ほうれん草

出典:https://tshop.r10s.jp/gold/sankin-asaichi/images/ila00215.jpg?downsize=240:*

通常のほうれん草は加熱調理が基本ではあるものの水に溶ける栄養素も多いため、特に茹でた場合には栄養が流れていってしまいます。栄養をとるためにもできれば生食したいものですが、シュウ酸が多く生食には向きません。そこで登場したのが生食を前提としたシュウ酸の含有量が少ないサラダ用のほうれん草です。

サラダ用のほうれん草は通常のほうれん草に比べてシュウ酸の含有量が少なく、生食をしてもエグみを感じません。また茹でずに食べることができるため、ほうれん草に含まれる栄養素を十分にとることができます。

サラダ ほうれん草1袋

ほうれん草は体にいい栄養成分も含んでいる?

ここまでほうれん草の体に悪い成分を中心に紹介しましたが、もちろん体にいい栄養素も多く含まれています。ほうれん草に含まれる栄養素は、以下の通りです。

・βカロテン
・ビタミンC
・鉄分
・葉酸


ほうれん草に多く含まれるβカロテンは免疫力の向上に役立ち、風邪やインフルエンザ予防に効果的です。ビタミンCも風邪予防に効果があるほか、美白効果もあります。鉄分や葉酸は貧血予防には欠かせない栄養素で、鉄分はビタミンCと一緒にとることで吸収率が上がります。特に葉酸は細胞の成長にも関わってくるため、妊娠初期にとりたい栄養素です。

(*ほうれん草の栄養素について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

ほうれん草の栄養素・効能は?栄養を逃さない茹で方や効率的な食べ方も紹介!

ほうれん草はシュウ酸に気をつけよう

今回はほうれん草が体に悪いといわれる原因ともなっているシュウ酸の危険性や除去方法について紹介しました。栄養価の高いほうれん草ですが、シュウ酸の取りすぎには気を付けましょう。

関連する記事