わさびの栄養や効能は?ダイエットにも?体に良い・悪い効果も解説!

わさびに含まれる栄養素を知っていますか?どんな効能・効果があるのでしょうか?今回は、わさびの栄養成分や体に良い効能に加え、チューブわさびの効果や、食べ過ぎによる体に悪い・害のあるデメリットについても紹介します。栄養を効率よく摂る食べ方・レシピも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

目次

  1. わさびはどんな食材?
  2. わさびの旬や選び方
  3. わさびの栄養にはどんなものがある?
  4. ①カリウム
  5. ②カルシウム
  6. ③ビタミンC
  7. ④ビタミンB1
  8. ⑤リン
  9. わさびの体に良い効果・効能とは?
  10. 体に良い効果①:ダイエット効果
  11. 体に良い効果②:美容効果
  12. 体に良い効果③:鼻炎を改善してくれる
  13. 体に良い効果④:抗ガン作用
  14. 体に良い効果⑤:殺菌してくれる
  15. 体に良い効果⑥:血流を改善する
  16. 体に良い効果⑦:肝臓の解毒作用を促進する
  17. わさびの食べ過ぎは体に悪い?デメリットも?
  18. ①下痢になる
  19. ②味覚に障害が出る
  20. ③吐き気・めまいを感じる
  21. わさびのチューブタイプでも効果ある?ない?
  22. チューブわさびには西洋わさびが使われているため効果が薄い
  23. 本わさびチューブなら効果が期待できる
  24. わさびの栄養成分を効率よく摂れる食べ方・使い方は?
  25. ①魚類やキノコと共に食べる
  26. ②おろしてすぐ使う
  27. ③加熱しないで使う
  28. わさびの栄養が摂れるレシピのおすすめ
  29. ①わさびパスタ
  30. ②アボカドとクリームチーズの塩麹わさび和え
  31. ③トンテキわさびバターソース
  32. わさびは栄養豊富な食材

わさびに含まれているイソチオシアネートは、血栓症を予防する働きがあり人間の血液に関わる健康を向上してくれます。たんぱく質は人間の生命維持に欠かせない栄養成分ですが、たんぱく質は血小板を固めるデメリットもあります。アリルイソチオシアネートを含むわさびを食べることで、たんぱく質の働きを抑制してくれるため、血流の改善が期待でき、おすすめです。

体に良い効果⑦:肝臓の解毒作用を促進する

美容効果があることで説明したスルフィニルですが、肝臓の解毒作用にも作用しています。野菜の中でも効果が一番高く、解毒作用の強い野菜である玉ねぎを大きくしのぎます。結果的に肌荒れなどの肌トラブルやがんの発生の抑制につながりますが、このスルフィニルは6-メチルチオヘキシルイソチオシアネートと同じく西洋わさびには含まれていません。

わさびの食べ過ぎは体に悪い?デメリットも?

わさびの旬は短く貴重であるため、生の状態のわさびを見かけたらついたくさん使いたくなりますが、わさびを食べすぎたときに体に及ぼす作用や悪影響はあるのでしょうか。ここではわさびの食べ過ぎによるデメリットを紹介します。

①下痢になる

わさびには整腸作用がありますが、食べ過ぎれば効果が高まり過ぎてしまい、下痢や腹痛を起こす可能性があります。いくらわさびが体に良いと言っても、刺激物であることには変わりありません。わさびの一日の適量は3g程度と言われているため、量を守って食べるようにしましょう。

②味覚に障害が出る

わさびの特徴の一つである鼻に抜けるような刺激はくせになる人もおり、一度にたくさん食べる人もいるようです。しかしわさびを食べ過ぎると、刺激が強すぎて味覚に障害が出る可能性もあるため、体に良いと思っていても本末転倒の結果になりかねないので、注意しましょう。

③吐き気・めまいを感じる

わさびを食べ過ぎると吐き気やめまい、そのほかの体調不良を引き起こす原因となります。体調不良を感じたらすぐに食べるのを中止し、症状が治まらないようなら医師に相談するようにしてください。

(*わさびを食べ過ぎた時にどうなるかについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

わさびを食べ過ぎるとどうなる?下痢や病気に?1日の適量や効能なども紹介!

わさびのチューブタイプでも効果ある?ない?

わさびを手軽に食べる方法としてチューブのわさびが挙げられますが、チューブタイプのわさびでも健康への効果や効能は得られるのでしょうか。生のわさびを購入するのが難しいなら、生のわさびとの違いも踏まえた上で取り入れてみましょう。

チューブわさびには西洋わさびが使われているため効果が薄い

チューブのわさびの主原料は西洋わさびと呼ばれるホースラディッシュと言う種類で、日本のわさびとは全くの別物です。西洋わさびは白っぽい色をしていますが、西洋わさびに緑色の着色料を添加して作っています。西洋わさびの栄養も日本のわさびとは違うため、日本の沢わさびと呼ばれる種類のわさびに含まれる抗菌作用や解毒作用は期待できません。

また、チューブのわさびには塩分が多く含まれているため、健康のために食べようとしても塩分過多の原因にもなり、沢わさびよりもカロリーは高めとなっています。

本わさびチューブなら効果が期待できる

関連する記事

×