16時間断食のデメリット10個!理由とその対策を体験談とともに紹介!

【栄養士監修】一日二食の16時間断食(8時間ダイエット)にはどんなデメリットがあるか知っていますか?今回は、16時間断食でよくあるデメリット10個を体験談と共に紹介します。デメリットの原因を対策とともに紹介するので参考にしてみてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 石川威弘
HP
Instagram
Youtube
パーソナル栄養士 いっしー 栄養士 / ファスティングマイスター
『一生リバウンドしない食生活』...
HP
Instagram
Youtube
パーソナル栄養士 いっしー 栄養士 / ファスティングマイスター
『一生リバウンドしない食生活』を念頭に食事指導とファスティングを活用することで3ヶ月で-7kg。冷え性や便秘などの不調も改善する健康的なダイエットサポートをメインに活動中。 東京農業大学栄養士課程を卒業後、タニタ食堂五反田店に勤務。 24歳の時に世界一周旅行へ出発し、帰国後にパーソナル栄養士として独立。 30~50代女性を中心にダイエット指導をメインに活動中。

目次

  1. 1日2食の16時間断食(8時間ダイエット)にどんなデメリットがあるの?
  2. そもそも16時間断食(8時間ダイエット)とは
  3. 16時間断食のデメリット①継続が辛い
  4. 継続が辛い理由
  5. 継続が辛い場合の対策
  6. 16時間断食のデメリット②リバウンドしやすい
  7. リバウンドしやすい理由
  8. リバウンドしないコツ・対策
  9. 16時間断食のデメリット③栄養バランスが崩れやすい
  10. 栄養バランスが崩れやすい理由
  11. 栄養バランスを整えるコツ・対策
  12. 16時間断食のデメリット④筋肉が落ちることがある
  13. 筋肉が落ちる場合の理由
  14. 筋肉が落ちるのを防ぐコツ・対策
  15. 16時間断食のデメリット⑤慣れるまで頭痛など体に不調がでることも
  16. 慣れるまで体に不調がでる理由
  17. 体に不調がでにくくするコツ・対策
  18. 16時間断食のデメリット⑥体質によって便秘になることもある
  19. 便秘になってしまう場合の原因
  20. 便秘を防ぐコツ・対策
  21. 16時間断食のデメリット⑦過食になりやすい
  22. 過食・食べ過ぎになりやすい理由
  23. 過食・食べ過ぎを防ぐコツ・対策
  24. 16時間断食のデメリット⑧妊娠中は胎児に影響がでる
  25. 妊娠中の人が16時間断食をすべきでない理由
  26. 16時間断食のデメリット⑨体調が悪い場合は危険
  27. 体調が悪い人は16時間断食をすべきでない理由
  28. 16時間断食のデメリット⑩年齢によっては今後に影響が残る
  29. 成長期の人は16時間断食をすべきでない理由
  30. 16時間断食のデメリットを把握しておこう

1日2食の16時間断食(8時間ダイエット)にどんなデメリットがあるの?

近年はファスティングが注目を集めており、間欠的ファスティングである16時間断食(8時間ダイエット)もその1つです。しかし、食事できる時間が8時間に限られる16時間断食には、デメリットもあるので注意が必要です。ここでは、16時間断食のデメリットについて詳述します。

そもそも16時間断食(8時間ダイエット)とは

そもそも16時間断食(8時間ダイエット)とは、1日のうちで食事をする時間帯を8時間と決め、それ以外の16時間はファスティングをするダイエット法です。16時間断食中は食事は厳禁ですが、水分補給は問題ありません。空腹状態のまま10時間を経過すると、体の脂肪の分解が始まって脂肪からエネルギーを産生するため、ダイエット効果があります。

16時間断食の進め方も様々で、一日三食を8時間以内に食べきる人も、一日二食に減らす人もいます。食事できる時間帯が短いことから、一日二食に間食を加えるケースも多いようです。16時間断食は基本的には食事制限や運動する必要もなく、手軽に始めやすいことも人気の理由と考えられます。

しかし16時間断食は痩せる効果を実感しやすい反面、様々なリスクやデメリットがあると指摘されています。次章以降で16時間断食のデメリットとその理由、対策について具体的に詳述します。

(*8時間ダイエット(16時間断食)のやり方や口コミ・ビフォーアフターについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

8時間ダイエット(16時間断食)の効果・やり方は?痩せない時の原因と対処法も解説!
8時間ダイエットの効果はいつから?1ヶ月・1週間?ビフォーアフターや10キロ痩せた体験談も紹介!

16時間断食のデメリット①継続が辛い

食事をする時間が8時間に限定される16時間断食のデメリットとして、継続するのが辛いことがあげられます。ここでは16時間断食を継続するのが辛い理由と、その対処法について説明します。

継続が辛い理由

saori-ch

不明

えっ…!!シンピー私これ少し前にやってたよ…!!会社の人に教えてもらって16時間断食やると痩せるらしいってことだったけど1ヶ月しないうちに挫折してしまった号泣朝食べないのが私にはツラかったけどまたやってみようかな…

痩せる効果が高いとわかっていても16時間断食の継続が難しいのは、空腹を我慢することがストレスになるからでしょう。8時間以内で食事を終わらせるために一日三食から一日二食にする人も多いのですが、胃に食べ物を入れない時間が長く、空腹に慣れるまでは2週間から1ヶ月かかるのが一般的です。

胃が空になることでお腹がなったり、空腹が原因でイライラしたりと、日常生活に影響が出るケースも珍しくありません。その結果、挫折する人が多いのは16時間断食のデメリットです。

石川威弘

栄養士

特に日頃から甘い物をよく食べる人は血糖値の乱高下が激しく、空腹時に血糖値が下がりやすいため、イライラやダルさやストレスを感じやすい傾向にあります。 8時間ダイエットを始める前の段階で準備をしっかりと行いましょう。

継続が辛い場合の対策

継続が辛い場合の対策としては、以下のようなダイエットの妨げにならない食べ物・飲み物を取り入れるのがおすすめです。

【食べ物】
・ナッツ類
・無糖のヨーグルト
・梅干し
・海藻類


【飲み物】
・水や白湯
・酵素ドリンク
・具なしの味噌汁
・たんぽぽコーヒー
・コーン茶
・甘酒
・スムージー


16時間断食は食事時間を8時間以内に限定する生活に慣れるまで、空腹を感じる時期を避けて通ることはできません。その対策として、一日三食から一日二食に減らして空腹を感じている場合は、食事してよい時間帯に少量の間食を組み込むのも方法の1つです。

カロリーが低く不足しがちな栄養分を補えるものを胃に入れるだけで、空腹が和らぎます。また水分は摂ってかまわないので、上記のようにファスティング中に適したものを取り入れましょう。なお、16時間断食中は空腹を抑える目的であっても、胃腸に負担をかけない飲み物を飲むよう心がけてください。

(*16時間断食中に効果的またはNGな飲み物について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。)

16時間断食中に効果的&NGな飲み物は?コーヒー・牛乳は飲んでいいの?

16時間断食のデメリット②リバウンドしやすい

関連する記事