オートミールを主食に置き換えるメリット・デメリット|絶品レシピも紹介!

オートミールを主食にするメリットを知っていますか?今回は、オートミールを主食にするメリット・デメリットを比較して紹介します。あわせて、オートミールが主食の美味しいレシピやおすすめ商品も紹介するので参考にしてみてくださいね。

目次

  1. オートミールを主食にするのはあり?なし?
  2. オートミールを主食にするメリット
  3. ①痩せる・ダイエットになる
  4. ②手軽に調理でき片付けも楽
  5. ③栄養豊富でバランスも抜群
  6. ④節約にもなる
  7. オートミールを主食にするデメリット
  8. ①味が質素・まずい
  9. ②消化不良になることも
  10. オートミールが主食の美味しいレシピ
  11. ①オートミールのお茶漬け
  12. ②オートミールお好み焼き
  13. ③オートミール入りアサイーボウル
  14. ④たまごオートミール粥
  15. ⑤オートミール巻き寿司
  16. オートミールのおすすめ商品
  17. ①日食プレミアム ピュアオートミール 300g(368円)
  18. ②QUAKER レギュラー(オリジナル) オートミール 500g(648円)
  19. オートミールを主食に置き換えてみよう

オートミールを主食にするのはあり?なし?

オートミールはオーツ麦を脱穀し加工したもので、グラノーラの主原料です。グラノーラを朝食に食べる人は多いですが、果たしてオートミールはどうでしょうか。今回はオートミールを主食にした食生活は健康に良いのか説明するので、参考にしてみてください。

オートミールを主食にするメリット

最近若い女性を中心に糖質制限ダイエットの一環として人気が高く、痩せる効果があるとSNSでも注目されているのが、オートミールダイエットです。ここではオートミールにはどのような栄養素や効果があるのか、そして主食に置き換えるメリットを4点紹介していきます。

①痩せる・ダイエットになる

1食あたり カロリー 糖質
オートミール(30g) 114kcal 17.9g
白米(160g) 268kcal 60.96g

・カロリーが低い
・GI値が低いため、血糖値が安定する
・食物繊維が豊富で、便秘改善効果が期待できる

GI値とは食後の血糖値の上がりやすさのことで、糖質量の多い白米やパンなどのGI値が高い食品は太りやすいとされています。GI値の低いオートミールは血糖値を安定させる効果があり、食べると食欲を落ち着かせる効果のある糖質の一つです。

(*オートミールの糖質量やダイエット効果について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

オートミールの糖質は高い?GI値はどれくらい?他の炭水化物類と比較して紹介!
オートミールダイエットの正しいやり方は?痩せた口コミを元に食べ方・レシピのおすすめを紹介!

②手軽に調理でき片付けも楽

オートミールの中でもインスタントオートミールは、電子レンジで簡単に調理して食べることができます。皿に1食分を取り出し、水を適量加えて電子レンジに数分かけるだけなので、白米を炊くよりも簡単で便利です。調理から食事まで一つの皿で完結するので洗い物も少なく、片付けの手間も省けるのでおすすめです。

③栄養豊富でバランスも抜群

・食物繊維
・カルシウム
・鉄分
・ビタミン
・植物性たんぱく質

栄養成分の中でも痩せるためには欠かせない食物繊維が白米の約20倍、玄米の約3.5倍含まれており、血糖値が安定しやすい特徴があります。コレステロール排出に効果的な水溶性と、整腸作用のある不溶性の両方の食物繊維をバランスよく摂取できるオートミールは、主食として良質な糖質です。

(*オートミールの栄養について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。)

オートミールとは?栄養豊富?種類や食べ方・アレンジレシピのおすすめも紹介!

④節約にもなる

健康や痩せることを意識した食生活は栄養価が高く、身体に良いものを摂取しなければならないため、お金がかかってしまいます。しかしオートミールは白米と同等、あるいはそれ以下の値段で買えるので経済的です。最近では、Amazonなどの通販やドラックストアでも販売されており、手軽に入手することができます。

オートミールを主食にするデメリット

関連する記事