ベーコンのカロリー・糖質は?脂質に要注意?カロリーオフな食べ方など紹介!

【管理栄養士監修】ベーコンのカロリー・糖質や脂質量を知っていますか?今回は、ベーコン(1枚・100g)のカロリー・糖質や栄養価を他の肉製品と比較しながら紹介します。ベーコンのカロリーを消費するのに必要な運動量や、ダイエット向きのカロリーオフできる食べ方にくわえ、〈塩分・脂質〉など注意点も紹介するので、参考にしてくださいね。

専門家監修 |管理栄養士・栄養士 永倉沙織
Instagram Ameba
管理栄養士としてサプリメント会社に年勤務。その後、サプリメント アドバイザーを取得してフリーランスとして活動を開始。美容・健康メディアの掲載記事・...
Instagram Ameba
管理栄養士としてサプリメント会社に3年勤務。その後、サプリメント アドバイザーを取得してフリーランスとして活動を開始。美容・健康メディアの掲載記事・食事アドバイス&サプリメントプログラム監修など行なっています。 現在は無理な食事制限や偏った食生活に警鐘を鳴らし、食べることでカラダの調子を整え美しく健康的なカラダ作りの方法を伝えています。膨大な美容・健康情報から正しい選択と自分に合った方法を見つけていただきたいです。

目次

  1. ベーコンのカロリー・糖質量は?
  2. ベーコン(1枚・100g)のカロリー・糖質を【部位別】に比較
  3. ベーコンのカロリー・糖質量を他の肉製品と比較
  4. ベーコン(100g)のカロリー消費に必要な運動量
  5. ベーコンの栄養価と効能は?
  6. ①タンパク質
  7. ②ビタミンB1
  8. ③ビタミンC
  9. ベーコンはダイエット向き?不向き?
  10. 糖質量・GI値は低い
  11. 脂質が多く飽和脂肪酸が含まれる
  12. ベーコンのカロリーオフできる食べ方は?
  13. ①脂質の少ない部位を選ぶ
  14. ②弱火でじっくり焼くか茹でる
  15. ③オーブンでカリカリに焼き上げる
  16. ④キッチンペーパー等で油を拭き取る
  17. ベーコンを食べる際の注意点
  18. ①塩分の過剰摂取
  19. ②添加物
  20. ベーコンのヘルシーなアレンジレシピ
  21. ①カリカリベーコン(203kcal)
  22. ②春菊のベーコンオイルがけ(127kcal)
  23. ③ごぼう×ベーコンかき揚げ(169kcal)
  24. ベーコンをカロリーオフして食べよう

ベーコンのカロリー・糖質量は?

ほどよい塩味が美味しいベーコンは好きな人も多くいますが、カロリーや糖質量はどうなのでしょうか。一見、カロリーが高そうですが、実際のところどうなのか、見ていきましょう。

※1日の摂取量は成人男性の目安です
※含有量は日本食品標準成分表を参照しています(※1)

ベーコン(1枚・100g)のカロリー・糖質を【部位別】に比較

カロリー 糖質 脂質 タンパク質
ベーコン(1枚:18g) 72.9kcal 0.1g 7g 2.3g
ベーコン(厚切り1枚:25g) 101.3kcal 0.1g 9.8g 3.2g
ベーコン(100g) 405kcal 0.3g 39.1g 12.9g
ショルダーベーコン(100g) 186kcal 2.5g 11.9g 17.2g

実際100gもベーコンを食べることは少ないので、1枚あたりに直すと、カロリーは72.9kcalでしたが、薄いベーコン1枚でも十分高いカロリーです。脂質も多いので、ダイエットをしている人は控えたほうがいいでしょう。

一般的なベーコンはバラ肉で出来ており、他の部位でみると、ショルダーベーコンは100gあたり186kcalと低カロリーです。ロースベーコンでも211kcalと通常のベーコンに比べると半分ぐらいのカロリーの量で、脂質も普通のベーコンよりも少なくなっています。

ベーコンのカロリー・糖質量を他の肉製品と比較

カロリー 糖質 脂質
ベーコン 405kcal 2.0g 14.5g
ソーセージ 331kcal 2.3g 30.6g
生ハム 247kcal 0.5g 16.6g
ハム 212kcal 0.5g 16.6g

ベーコンはほかの食肉加工品と比べても高カロリーです。脂質については、他の食肉加工品より少ないですが、カロリーについては100gあたりに直すと、ベーコンはハムの約2倍、ソーセージの約1.2倍のカロリーがあります。糖質もハムに比べると高いですが、100gあたり2.0gと少なく、1枚あたりだとほぼありません。

ベーコンは食肉加工品の中でも高カロリーかつ低糖質な食品といえます。

ベーコン(100g)のカロリー消費に必要な運動量

運動方法 時間
ウォーキング 152分
ジョギング 91分
自転車 57分
ストレッチ 182分
階段上り 51分
掃除機かけ 130分

※ベーコン100g(405kcal)で計算

高カロリーなベーコン(100g)のカロリーを消費するためには、ウォーキングではおおよそ2時間半、ジョギングでも1時間半程度の運動が必要です。実際ベーコンのみを100g食べることは少ないかもしれませんが、運動が日課になっていない人にとってはかなりの運動をしないといけないでしょう。

ダイエットやトレーニングを毎日している人にとってみれば、上記表のウォーキングやジョギング、自転車は難なくこなせる運動量です。

ベーコンの栄養価と効能は?

ベーコンは豚肉を塩漬けし燻製にしたものであり、タンパク質を始め、ビタミンなどの栄養をバランス良く含んでいます。その栄養価や効能について詳しくみていきましょう。

①タンパク質

豚肉から作られるベーコンにはタンパク質が多く含まれています。タンパク質は炭水化物・脂質とあわせて三大栄養素と呼ばれるほど重要な栄養素です。人間の筋肉や臓器、ホルモンの材料となり「からだを作っている栄養素」といっても過言ではありません。不足すると体力や免疫力の低下が起こります。(※2)

②ビタミンB1

ベーコンはビタミンB1もたくさん含まれています。ビタミンB1は糖質を分解しエネルギーに変えるために欠かせないビタミンです。脳神経などの維持にも影響する重要な栄養素でもあります。不足すると口角炎や皮膚のかさかさなど引き起こしますが、ビタミンB1は水溶性ビタミンなので水に溶けやすく多く摂っても尿ですぐ体外に出されてしまう、不足しがちな栄養素です。(※3)

③ビタミンC

関連する記事

×